養老保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

養老保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2011/11/03 20:27

かんぽの30年満期の養老保険にはいって10年になります(現在42歳です)。保険料は年間242320円で保険金額は800万円です。死亡時と満期時に800万円受け取る内容で貯蓄の一環として加入しておりましたが、10年たって見直したほうがいいのかどうか検討したいと考えたもののなにをどこから見直したらいいのか、その必要がないのかも含めてアドバイスをお願いします。また、現行の保険では満期時に800万円受け取れますがその際は所得税の対象になると聞きました。所得税はいくら課税されるのでしょうか?

mumumahhaさん ( 北海道 / 男性 / 42歳 )

回答:3件

清水 光彦 専門家

清水 光彦
ファイナンシャルプランナー

- good

養老保険はそのまま継続をお勧めします

2011/11/03 21:18 詳細リンク
(5.0)

養老保険は貯蓄に近い保険です。
解約すると損になることが多いので、基本的には満期まで継続されることをお勧めします。

一方、必要な保障額は800万円で充分でしょうか?
ご家族の状況などから、「どの程度の保障が必要なのか」をお近くのFPにご相談されるとよいでしょう。
もし、保障額が不足しているようでしたら、不足分は掛け捨てタイプの保険をお勧めします。

なお、満期の際の所得税ですが、年間保険料242,320円×30年=7,269,600円を支払い、8,000,000円受け取る契約ですので、差額の730,400円が利益となりますが、控除額が50万円あり、さらに残りの金額の1/2が所得として課税対象となりますので、所得税の金額としては心配するほどの金額にはならないでしょう。

清水保険資産設計 http://www.sifp.ecnet.jp

相談
養老保険
保険
保障
所得税

評価・お礼

mumumahhaさん

2011/11/03 23:19

わかりやすい回答ありがとうございました。他には保険に加入していないので追加する形で検討いたします。

回答専門家

清水 光彦
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

清水 光彦が提供する商品・サービス

対面相談

専門家FPの保険コンサルティング

保険の内容や保険料のギモンを専門家FPがスッキリさせます!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

加入した時の目的を思い浮かべましょう

2011/11/03 21:21 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、mumumahhaさん。
マネースミスの吉野です。



まず所得税の事についてお伝えします。
所得税は受取総額から保険料総額を引いた額が、一時所得の金額として所得税の対象となります。

一時所得は所得した金額から控除額の50万円を引いた額の2分の1を他の所得と合算して所得税の計算がされます。

ですので他の所得などによって違ってきます。


それを踏まえたうえで、一度どれくらいの額が所得税と合算されるか計算されるとよいでしょうね。

FPとしては、個別の税務に関する回答が制限されており、仕組みについてのみの説明とさせていただきます。


また養老保険は以前は利回りの良い貯蓄性として多くの加入がありました。


しかし、mumumahhaさんが現在加入されている養老保険は、年間242,320円で30年間の支払ですので総額が7,274,400円で配当金がなければ725,600円の利益があることになります。


これは税金などを考慮しなければ10%弱となり、30年間で10%も増えていない事になりますね。

しかし、現在では超低金利時代が長く続いており、普通預金に預けているよりは良いかもわかりませんが、他の運用方法で良いものがあるかもわかりませんね。


またmumumahhaさんのご家族の状況や他の保険の加入状況などによってもいろんな選択があるとおもいます。


他に保険に加入されておられるのであれば、他の保険も含めた見直しをされるのも良いでしょうね。


FP事務所 MoneySmith
吉野 裕一
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/

補足

保険料総額と利益について、計算間違いがありました。申し訳ありません。

保険料総額7,269,600円
利益 730,400円

となり、約10%となります。

養老保険
保険
控除
見直し
マネー

評価・お礼

mumumahhaさん

2011/11/03 23:21

他には保険に加入していないので追加する方向でで検討いたします。回答ありがとうございました。

吉野 裕一

吉野 裕一

2011/11/04 13:53

高評価頂き、ありがとうございます。

他に保険に加入されていないのであれば、現在の保険を基本に他の保険も検討されると良いでしょうね。

奥さまやお子様がおられると、mumumahhaさんが万が一亡くなられた時の保障やご自身のけがや病気の保障も大切です

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

養老保険の見直し

2011/11/03 21:29 詳細リンク
(5.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

保険料が年間242,320円とすると、30年では7,269,600円です。
満期で800万円が受取りなら、家計の問題がなければ継続して問題無いように思います。

何をどこから手をつけて良いか・・・
というのは、それほど現状に不満が無い証しでもあります。
不満の例としては、
保険は養老保険のみで、20年後に保障が切れるので何とかならないか?
とか
家計を圧迫しているが、良い方法はないか?
とか
保険以外の運用を考えているが、切り替えた方が良いか?
とか。・・・でしょうか。
こうした具体的な課題が出てきたら見直し時と考えて良いと思います。
その辺を振り返って頂ければ答えはすぐに見つかると思います。

ところで、所得税のお話しですが、現在の制度では、
保険料支払い総額と満期金の差額が所得となります。
今回の事例では、約70万円が差額ということになりますが、
基礎控除50万円を引いた、約20万円の半分つまりおよそ10万円が課税対象として
その年の所得に合算されます。


以上簡単で恐縮ですが
参考になれば幸いです。

無料の保険相談もお受けしています。

http://www.work-sol.com ←こちらに一本化されます。
http://www.ehoken-web.com ←こちらは統合後廃止の予定です。
*全面リニューアルしたWEBサイト統合版を製作中!完成間近!

保険アドバイザー
養老保険
所得税
家計

評価・お礼

mumumahhaさん

2011/11/03 23:25

大きな不満も課題もないことがよく認識できました。強いて言えば家族のために保障額を増やす必要があると思いますので保険の追加検討を考えます。大変わかりやすい回答ありがとうございました。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険内容と支払額について こあおさん  2010-11-15 10:14 回答4件
保険の見直しについて sandalwoodさん  2008-11-12 09:50 回答5件
DINKsの保険について さくら0000さん  2016-08-24 16:27 回答1件
保険の見直しについて mappy2guppyさん  2014-03-22 00:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)