個人向け国債はどのタイプを購入したらいいでしょうか? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人向け国債はどのタイプを購入したらいいでしょうか?

マネー 投資相談 2011/08/03 22:02

現在定期預金で寝かせてある預金を元手に、個人向け国債購入を考えています。
当面使用予定のない資金と考えているので、中途解約は予定していません。

購入にあたって変動10年にするか、固定5年にするかで迷っています。
低金利時代の現在、今後金利は上昇していくと考えて変動10年がお得と考えていいのでしょうか。
最低金利0.05%が保障されるということですが、その数字は定期預金と同じくらいの金利なので、金利上昇を見越して変動10年で得られる利益は最低でも定期預金と同じくらいと考えています。

そのほかデメリットありましたら教えてください。

dogdogtammyさん ( 岡山県 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

杉浦 詔子 専門家

杉浦 詔子
ファイナンシャルプランナー、カウンセラー

44 good

迷うなら分割する

2011/08/03 23:50 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。ファイナンシャルプランナーの杉浦と申します。

国債は現在「変動金利型10年満期(マウンテン)」「固定金利型5年満期(ゴーイング)」に加え、「固定金利型3年満期(マンスリー)」の三種類が発行されています。
dogdogtammy様は変動10年と固定5年で迷われているとのことでよろしいでしょうか?

この2つで迷われるなら、購入予定金額を分割して、両方購入してみるのはいかがでしょうか?
例えば80万円購入予定なら、(1)40万円ずつ,(2)30万円と50万円,(3)20万円と60万円等。
実際の分割割合の決定は、dogdogtammy様が、今後金利が上昇していくとお考えであれば、変動10年を多めにされるとよろしいと思います。


また、デメリットの一つに金利が大きく変動した時のリスクがあります。
このリスクを抑えるために、発行月の違うものを分散して購入することもひとつの方法です。

定期預金も国債もそれぞれに良さがあります。利払いの楽しみもあります。
国債のメリットとデメリットをご納得された上でご購入されてください。

購入
ファイナンシャルプランナー
金額
預金
国債

評価・お礼

dogdogtammyさん

2011/08/04 10:02

回答ありがとうございます。
分散して購入するというのもひとつの方法なのですね。
勉強になりました。
発行月の違うものを購入するというのも検討してみたいと思います。
大変勉強になりました。
ありがとうございます。

回答専門家

杉浦 詔子
杉浦 詔子
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー、カウンセラー)
みはまライフプランニング ファイナンシャルプランナー、カウンセラー

働く人たちの夢をかたちにするファイナンシャルカウンセラー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

選択にあたっての考え方です

2011/08/06 20:58 詳細リンク
(5.0)

dogdogtammy様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。

個人向け国債(変動10年)は、従来の適用利率「基準金利-0.80%」の計算式が、平成23年6月から「基準金利×0.66(但し、下限は0.05%)」に変更されました。

低金利時に適用利率が低くなり過ぎないようにする措置とのことです。

この変更で、若干の魅力が出てきましたね。

ただし、裏を返すと、金利が大きく上昇した時は、不利になる計算式です。
(深読みすると、財務省は、金利上昇のリスクに備えている?)

その他、デメリットは、変動10年なら1年、固定5年なら2年の中途換金できない期間があることです。

あとは、「円建て元本保証=安全」の固定観念にとらわれないことも必要かと思いますよ。

将来必要となるお金(年金など)が不足するリスク、インフレリスク、円安リスクは考慮されていますか?

円建てにこだわる場合も、個人向け社債や、保険商品、仕組み預金などで、若干の金利の上乗せが期待できるケースもあります。

あくまで全体計画の中で考えていった方がよいかもしれませんね。

なお、ライフプランをベースにした全体計画をお手伝いするのが、FPの仕事になります。

以上、ご参考になれば幸いです。

財務省
六月
国債
選択
ライフプラン

評価・お礼

dogdogtammyさん

2011/08/10 14:51

回答ありがとうございます。
定期預金で置いておくのはもったいないですよ、と銀行の方にたびたび言われています。
国債が利率がいいのでお勧めですといわれて考えているのですが、
この数日の世界経済の動向をみると、ますます素人が金融商品に手を出しにくい時期のように感じています。
国債なら安全、といいますが必ずしもそうとは言い切れないのですね。
このままいくと定期預金で寝かせっぱなしになりそうですが、もう少し色々検討してみたいと思います。
もう少し外資についても勉強してみたいと思います。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
大変参考になりました。ありがとうございます。

森本 直人

2011/08/10 15:43

dogdogtammy様、コメント拝見しました。
定期預金で置いておくのはもったいない...ですね。
ただ、素人なりに金融商品に手を出して、大やけどを負うケースがあるのも事実です。
ちなみに、FPが提案する資産運用は、上にも書きましたが、あくまでライフプランをベースにその方の将来の夢・目標を達せられる資金を確保するという観点を大切にします。
もちろん、定期預金も一定金額、確保しておくことは、重要です。
リスクとリターンの関係を考慮しながら、何にいくらという部分を設計していくのがよいのではないでしょうか。
ご参考です。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
今保有の投資信託をどうすればいい? genki-mamaさん  2011-10-05 17:22 回答5件
このまま投資信託の積立を続けていいのでしょうか? あき99さん  2008-10-28 16:09 回答4件
変額個人年金保険について つんつんちゃんさん  2010-07-05 16:25 回答4件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 投資信託「最適診断」
荒川 雄一
(投資アドバイザー)