家計の安定化を目指してます。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計の安定化を目指してます。

マネー 家計・ライフプラン 2011/08/03 12:34

初めまして、mikenekomarchと申します。
主人41歳、私38歳の晩婚で、最近やっと生活が落ち着いて来たところです。
家の購入、子供(不妊治療)、老後への備えなど、漠然としていてどのように貯蓄を考えたら良いのか分かりません。是非アドバイスをお願い致します。
=======
月の収入
夫 約30万円
妻 約15万円(8月から勤務予定)

ボーナス
夫 80万
=======
現在までの貯蓄
定期預金 1300万
養老保険 800万
=======
毎月かかるお金
社宅家賃45000
駐車場 8000
ガス 3000
水道 4000
電気 6000
電話 4000
ネット 4000
ケーブルTV4000
携帯 16000
夫婦保険26000
夫小遣い30000
妻小遣い20000
食費 40000
雑費 20000
預金 78000
=======

いままでは、これにプラスして生活立ち上げ用品の支払いがあったため、貯金を切り崩す感じで来ていました。
8月からは私も働きます。

家の貯蓄、老後への備え、子供を持つことが少し難しそうなので治療費の捻出などを考えなくてはいけませんが、どのようなバランスが良いのかが全く見当もつきません。どうか助言をお願い致します。

mikenekomarchさん ( 静岡県 / 女性 / 38歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

7 good

家計の安定化について

2011/08/03 16:56 詳細リンク
(5.0)

mikenekomarchさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『家の貯蓄、老後の備え、子どもを持つことが少し難しそうなので、
治療費の捻出などを考えなくてはいけませんが、
どのようなバランスが良いのか全く検討もつきません。』
につきまして、

まず、家計収支につきまして、
ふたり合わせた手取り月収金額45万円に占める駐車場代も含めた住居費用の負担割合は、
11.7%となりますので、

住居費用の負担で、
家計が圧迫されているようなことはありませんので、
比較的貯蓄もし易いと考えます。

尚、ふたり合わせた手取り月収金額45万円に占める貯蓄の割合は、
17.3%ほどとなります。

貯蓄水準としては決して低い水準というわけではありませんが、
もう少し頑張って20.0%を目標にしていただくとよろしいと考えます。

よって、mikenekomarchさんの場合、
月額9万円を目標してみてください。

また、他の家計支出項目を拝見いたしましたが、
特に過剰と思われる家計支出項目は見あたりませんので、
家計はしっかりと管理されています。

尚、ご夫婦で加入している生命保険の保険料につきまして、
ご夫婦で共働きということを考慮した場合、
見直しの余地があるかも知れません。

mikenekomarchさんも悩まれている、
住宅購入や老後の資金対策、お子さまが生まれた後からの教育資金対策につきましては、
3大ライフイベントと言われていて、

ライフイベント費用も相当にかかるため、
特に資金面につきましては、
今のうちから計画的な準備しておくことが必要となります。

準備にあたっては、
ライフイベント表を作成して、
例えば、住宅購入ということでしたら、
1.購入する時期
2.購入費用
などにつきまして、
書き出していくことで、
整理することができます。

補足

老後資金やお子さま教育資金につきましても、
同様に書き出していくことをお勧めします。

そうしていただければ、
現在、保有している預貯金などにつきましても、
1.運用できる期間
2.運用金額
などにつきましても決定することができますし、
運用する金融商品も自ずと、決まってくるものです。

尚、多少費用がかかってしまいますが、
ご希望いただければライフプラン設計として、
お手伝いいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別
相談
対策
管理
費用

評価・お礼

mikenekomarchさん

2011/08/03 22:10

渡辺先生、早速のご回答ありがとうございます。貯蓄など割合を示してご説明頂いたことで、それに近づく努力をしていこうと感じました。
また、共働きを考慮した保険の見直しをしたら、とのアドバイスですが、具体的にはどのようなことを見直したら良いのでしょうか?死亡保証に重点をおかず医療保障を手厚く、というような感じでしょうか?こちらも、何か指標となるような数字がありましたら、ご参考までに教えて頂けたら幸いです。

渡辺 行雄

2011/08/04 10:07

mikenekomarchさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

尚、生命保険につきましても、
多少費用がかかってしまいますが、
加入保険の証書を確認させていただければ、
具体的なアドバイスができます。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、
ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

2 good

適切な家計バランスについて

2011/08/03 17:13 詳細リンク
(5.0)

mikenekomarch様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

家計データ、拝見しました。

比較的上手に貯蓄が出来ているようですね。

おそらく社宅住まいが功を奏しているのではないかと予想しております。

家の購入については、長期のローンを組む場合は、年齢的には、そろそろ考えた方がよい頃かもしれませんが、まだ家族構成が固まっていないので、動きにくいですね。

いろいろな方の家計を見ていますと、やはり住宅ローンで苦しくなってしまうケースが多いです。

土地・建物、そして、給料がどんどん値上がっていく時代ではないので、住宅ローンは、本当に慎重に考え、余裕のある組み方を心掛けた方がよいと思っています。

あとは、お考え次第では、余裕資金を少し外貨にも配分した方がよいかもしれませんね。
円資産だけだと、むしろ不安定かもしれません。

それに、今は、円はドルに対して、史上最高値付近にありますので、動かす時期としてもわるくはないと思います。

ただし、さらに円高が進行する可能性も否定できませんので、きちんとした全体計画の中で、お金の使い方、節約などと一緒に数字の部分を考えていかれるとよいと思います。

具体的には、エクセルなどでキャッシュフロー表(人生の資金繰り表)を作成してみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

資金繰り
計画
余裕資金
外貨
住宅ローン

評価・お礼

mikenekomarchさん

2011/08/03 22:15

森本先生、早速のご返答ありがとうございます。
住宅取得は、子供のことが一段落してからでも良いかと、あまり急いで考えてはおりませんが、遅くなればなるほど自己資金を用意しておかなくてはいけないということは漠然とながら考えているところでした。
外貨預金について検討してみるのに良い時期だということでしたので、少し勉強してみたいと思います。
キャッシュフロー表の作成、時間を作ってやってみたいと思います。

森本 直人

2011/08/05 16:14

mikenekomarch様、コメントありがとうございます。
住宅取得については、あまり急いで考えてはいないのですね。
それであれば、これを機会に、住宅取得に向けた積立プランを立てるとよいかもしれませんね。
外貨の件は、商品選択よりも、家計全体から見ての配分が重要なので、その点をよく考えてみてください。
キャッシュフロー表の作成から取り組まれるのがよいと思います。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

大坪 弘子

大坪 弘子
ファイナンシャルプランナー

5 good

現在の貯蓄を有効に。

2011/08/03 13:34 詳細リンク
(5.0)

mikenekomarchさん、始めまして。
ファイナンシャル・プランナーの大坪です。

毎月の出費を拝見しました。
特に無駄もなく、堅実と思います。

ただ、交際費、衣服費、ガソリン代、保険衛生費などにかかる費用が、
雑費の20,000円では、おさまらないと思いますので、
毎月の預金は、もう少し少なめに見積もっておいたほうが現実的でしょう。

次に貯蓄についてですが、現在の金融資産が2100万円というのは、素晴らしいと思います。
是非、有効活用してください。
具体的には、ご質問にあるように、住宅購入、お子さまにかかる費用、老後資金の心積もりが必要でしょう。

一案ではありますが、現在の貯蓄を、住宅購入と老後資金に確保しておかれ、
収入の中から治療費の捻出、と分けてお考えになってはいかがでしょう。
当面は、それで残った分を貯蓄に回す、ということでいいのではないかと思います。

住宅購入の頭金は一般に物件価格の3割と言われていますが、住宅購入時期によっては、
ローンの負担を抑えるために、もう少しあったほうがいいかもしれません。
ご希望の物件価格でネットなどで試算してみられるといいでしょう。

老後資金については一般に2人で3000万円が目安と言われていますが、
退職金が見込めるのであれば、その金額も含まれます。

資金繰りとしては、養老保険の満期時期によって、住宅資金に使うか、老後その他の
資金にキープしておくかの判断材料になると思います。

では、しっかりと新生活を築いていってください。

ファイナンシャル・プランナー
大坪 弘子

老後
住宅資金
生活

評価・お礼

mikenekomarchさん

2011/08/03 14:58

大坪先生、早速のご返答ありがとうございます。生活立ち上げ費としていろいろ出費がかさんでいたため、なかなか思うように貯蓄額も伸びずに少し不安に感じておりましたが、アドバイスを頂いて気持ちが楽になりました。家の取得と老後資金として、現在の貯蓄を焦らずに増やして行けるようにつとめたいと思います。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生活環境の変化で…家計診断お願い致します kokomeiさん  2014-03-05 20:59 回答3件
手遅れかも・・・ ゆっぴいさん  2008-03-13 19:08 回答6件
なにかできることはありますか? ☆ぴよぴよ☆さん  2008-02-19 16:51 回答4件
家計と貯蓄について さくら霞さん  2008-02-08 16:35 回答3件
貯金がない。 ゆう2007さん  2007-06-17 11:31 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)