退職後のトラブル回避 - 法律手続き・書類作成 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

退職後のトラブル回避

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2011/07/11 10:48

ある事業を3人でそれぞれ出資金200万、150万、300万と出し3人で同等に経営、運営する約束ではじめましたが、私的に利益を流用しているふしあり、経理等見せる事を拒否され「俺の言う事を黙って聞け」といわれ退職することに至りました。出資金の返却と今後この会社における責任の回避についてどの様な事をすればようでしょう。書類の書き方、様式を教えてください。

kinngyoさん ( 岐阜県 / 男性 / 60歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

まずは定款や個別契約等の内容を確認しましょう

2011/07/21 13:57 詳細リンク

共同事業者の経営上の不正疑惑とその後の不当な対応により、共同事業者間の当初の信頼関係は喪失し、kinngyoさん自身が同社から退社したうえ出資金の回収を図りたいというお話です。

おそらく、このあたりについては既にご検討のうえ、今回のご質問をいただいたものと思われますが、まずは、念のためkinngyoさんの退社を前提とせず、現状、Kinngyoさんが会社に残り事業を継続しうる可能性について、会社法上の株主 (取締役) の権利関係等につき予備的にお話をした後、ご質問の本旨に沿った回答をさせていただきたいと思います。

なお、事業の運営形態は 「株式会社」 を前提とさせていただきます。

■ 帳簿を見る権利 (会社法433条)

ご存知のとおり、本来、一定の数以上の株を持つ株主には会社の会計帳簿を見る権利があります。
仮に、出資額=持株数とすると、Kinngyoさんがどの出資額であろうと、上の権利を得るための 「3%」 の株を持たれていることに変わりはなく、 (一定の場合を除き) この請求が拒否される理由はありません。

もっとも、取締役として業務執行しているのであれば、そもそもこうした株主権を取り出すまでもありませんが…

■ 取締役の解任 (会社法341条)

もし3人すべてが株主かつ取締役ということであり、不正の疑いのある取締役 (仮にA氏)以外のもう一人(仮にB氏)がkinngyoさんと友好的な関係にあり、理解・協力を得られる状況にあるのであれば、お二人の保有株式を合わせると議決権の 「過半数」 を有することから、理論的には (定款に別段の規定等がなければ) B氏と結託して取締役たるA氏を解任することも理論上可能です。
もっとも、A氏の株主としての地位は残り、間接的ながら経営への関与の余地は残りますが、KinngyoさんとB氏の関係が良好であり、お二人で2/3超の議決権を有するのであれば、お二人の経営上の意思決定に実質的な影響は出ません。

しかし、状況からして、以降のトラブル防止と事業の円滑な運営の観点からも、解任と同時に、以降A氏が諸々の株主権の行使ができないよう適正な価額での買取手当が必要でしょう。

(最悪 「強制取得」 という手もなくはありませんが…)

一方、A・B両氏ともに不正の疑惑あり、あるいは、B氏との信頼関係も喪失している、またはB氏からの理解・協力も得られない事情等があれば、上記の論は成り立たないことになります。

補足

■ 出資金の返還

株式会社に対する出資金の回収方法としては主に

(1) 他の2人の出資者に買い取ってもらう
(2) 会社に買い取ってもらう
(3) 第三者に譲渡する

の3つが考えられます。

(1) は彼らの合意がなければ実現せず、(2) については会社法上の諸々の規制によりかなり高いハードルが設定されています。 このあたりにつきましては、下記Q&Aを参照ください。

【Q&A】 自社株について
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-114781/

あと (3) についても、現実に買取りに応じてくれる人がいなければやはり資金は回収できません。

以上、いずれにしても、Kinngyoさん単独の意思だけでは資金回収は実現せず、いずれも相手次第 (合意) ということになります。

このように、出資金の回収が必ずしも容易でない点を考慮すると、可能性があるのであれば、上のようにkinngyoさんご自身で事業を継続することで投下資金の回収を図っていく選択肢の検討余地もあるのではないかと思われます。

■ 取締役の辞任と取締役としての権利と義務 (会社法346条・351条)

ご自身自ら退社するということであれば、取締役の辞任手続きをふみます。そしてその意思表示を (書面で) 行い、会社側にkinngyoさんの役員登記の抹消を要請し、実際に役員変更登記をすませ、取締役の地位から脱し、以降の取締役としての責任を回避します。

ここで注意が必要なのは、会社が 「取締役設置会社」 の場合、最低3名の取締役が必要となるため、Kinngyoさんが辞任したとしても、同時にその代わりとなる取締役の選任・就任がなければ、上記の役員登記の抹消ができない (登記が受理されない) ことになっている点です。

そうなると、いくらKinngyoさんに辞任の意思があり、会社がそれを認めた (Kinngyoさんと会社との間での合意は成立している) としても、外形上は依然として取締役としての権利・義務が残る、すなわち辞任後も取締役としての責任を負い続けることになるのです。

また、「取締役設置会社」 でない (「取締役会非設置会社」) 場合であっても、定款の定めによっては同じような事態となることも考えられます。

このような場合、取締役会設置会社から取締役会非設置会社への定款変更などによりこうした弊害を回避する手当が併せて必要となってきます。

以上より、まずは、会社の機関構成 (取締役設置会社か否か)、定款等 (株主間契約) において上記のような取締役の辞任 (選任・解任) に関する制約などがないかの確認作業が必要と思われます。

■ 書類の書き方 等
まずは上記各確認事項のご確認後にあらためてお問い合わせください。

会社法
定款
株式会社
共同事業
株式

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
若山 和由

若山 和由
行政書士

- good

退職後のトラブル

2011/07/13 03:47 詳細リンク

行政書士の若山和由です。どうぞよろしくお願いします。
出資金トラブルは、よく起業等で起こり得るものです。うまく事業が展開しているときは問題ないのですが、必ず難局に遭遇すると、こういうところで、出資者同士の思惑が出やすいものです。
まずは専門家に相談して、きちんと出資金については内容証明で、返還を要求しましょう。それで、もし会社登記している場合には、随時役員欄を確認し、外れていない場合には、必ず欄から外す様(いわゆる「辞任」扱いに…)。出資者が役員に就任している場合がよくありがちなケースだからです。
書き・様式については決まったものはありません。また出資金を返還してもらったら、今後事業運営に口を挟まない代わりに、今後出資金を求めない旨、誓約書を書いてもらいましょう。

相談
問題
事業
会社
役員

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

私的メールのブログへの無断転用 kkdkkdさん  2010-11-15 15:39 回答2件
公正証書の作成 マレーナさん  2008-08-11 11:53 回答1件
土地の名義について 茶太郎くんさん  2015-09-09 19:06 回答2件
修正申告と社会保険料(健康保険料)について けりさん  2014-02-21 00:24 回答1件
離婚による名義変更(土地と家が別の名義) あやぷさん  2013-07-17 09:20 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)