教育費と老後資金の不安 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

教育費と老後資金の不安

マネー 家計・ライフプラン 2011/06/09 05:56

夫34歳 会社員
妻28歳 専業主婦
子ども なし(将来1人希望)

収入
夫 会社員・月給手取り30万・ボーナス年間100万

家計について(月額)
・家賃(賃貸) 8万
・食費 5万
・雑費 2万
・光熱費等 2万
・通信費(携帯・ネット) 1.5万
・保険 1.5万
・夫こづかい 3万
・娯楽費 2万
支出計 25万

貯蓄 2000万(現在年間120万のペースで貯蓄中)


●車なし(子どもが産まれたら購入予定)
●夫60歳まで会社員→その後は無職の可能性あり
●夫定年後、2LDKマンション購入予定
●子ども(幼稚園、高校、大学は私学)


将来、消費税のアップ、年金支給額の引き下げ・年金支給開始年齢の引き上げ インフレ、手取り減少など不安要素がたくさんあります。収入アップは期待できません。

現在の家計のままで教育費と老後資金を捻出することは可能でしょうか?

補足

2011/06/09 05:56

妻は子育てが落ち着けばパートに出ることも可能ですが、夫が反対しています。なので、現在の収入のままでライフプランを考えています。

ころろさん ( 北海道 / 女性 / 29歳 )

回答:3件

教育費と老後資金の不安につきまして。

2011/06/09 07:40 詳細リンク
(4.0)

はじめまして。

ファイナンシャル・プランナー、
CFP(R)認定者の松本です。

気づいた点につきまして、
書かせていただきたいと思います。

可処分所得のなかで、支出状況を拝見しますと、
外食費を除いた食費であるならば、
あと少し、節約できるように思えましたが、
うまくやりくりされているとの印象を受けました。

可処分所得に占める貯蓄額も25%を超えており、
着実に、堅実に、貯蓄されていると思います。

確かに、今後の経済情勢や政策によって、
不安要素がより大きくなることがありますが、
このままのペースで生活されていてもいい。
そのように考えています。

夫が妻のパート労働について、
反対されているようですが、
どうしても、不安要素が払拭できないとお考えならば、
世帯収入を増加させる一つの手段として、
ご夫婦で話し合われてみてもいいように思えます。

子育てに時間を費やすことになる前に、
パートに出られることも選択肢の中に入れておかれてもいい。
そのように考えております。

教育費や老後の資金を考える際には、
すでにあなたが書かれている通り、
経済情勢や政策に大きく影響されることがあります。

結論としましては、
貯蓄性向が0.25を超えている現状で、
着実に貯蓄を増やされていますので、
家計の中で行える備えは、きっちりしておられる。
そのように考えております。


取り急ぎ、回答させていただきました。


少しでもお役に立てていれば、幸いです。



「家計の見直し相談室」
http://www.kakeisoudan.net/

老後
備え
教育費
生活
家計

評価・お礼

ころろさん

2011/06/09 23:19

この先給料アップは期待できず、税金だけ上がる状況に不安を感じていましたが、前向きに考えて見ます。
早い回答ありがとうございました。

松本 仁孝

2011/06/10 06:29

評価くださいまして、ありがとうございます。

前向きになっていただけて、
うれしく思っています。

ありがとうございます。

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

教育費と老後資金の不安について

2011/06/09 10:04 詳細リンク
(4.0)

ころろさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『現在の家計のままで教育費と老後資金を捻出することは可能でしょうか?』
につきまして、

ご主人様の手取り月収金額30万円に占める支払い家賃の割合は、
26.6%ほどになりますので、
支払い家賃が家計を圧迫するようなことはないと思われます。

また、他の家計支出項目につきましても、
拝見いたしましたが、
特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、
家計はしっかりと管理されています。

尚、貯蓄額につきまして2,000万円も確保していますし、
年間貯蓄額につきましても120万円と、
相当に高いペースで貯蓄をしていまので、
これからも実行可能な範囲内で、
今の水準を維持していって頂ければ十分となります。

尚、ころろさんからご質問いただいております、
教育資金と老後資金につきまして、
予定で構いませんので、
各々の支出が始まる時期や費用が明確にする必要があります。

そのうえで、預貯金残高の増加の割合などを算出し、
過不足がないかどうかにつきまして、
判断することになります。

このようなシミュレーションを行うときに、
多くの場合、『キャッシュフロー表』を作成したうえで、
資金残高の推移を見ながら、
家計がなりたっていくかどうかを判断することになります。

この機会にころろさんご自身で、
キャッシュフロー表を作成していただくことをお勧めします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

質問
個別
相談
シミュレーション
管理

評価・お礼

ころろさん

2011/06/09 23:24

ありがとうございます。キャッシュフロー表を作成してみます。

渡辺 行雄

2011/06/10 09:53

ころろさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

1 good

教育費、老後資金、ライフプランにつきまして

2011/06/09 17:39 詳細リンク
(5.0)

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

まずは、世間一般と比較してみます。
総務省の「全国消費実態調査」で
・夫婦のみの世帯
・世帯主だけが働いている
・世帯主の年齢は30代
上記世帯の毎月の消費支出(住居代込み)は26.7万円ですから、
ご相談者の支出は平均以下になっています。

また、上記世帯の平均貯蓄残高は780万円ですが、
ご相談者は2000万円の貯蓄があることから、
持家でないことを考慮しても優秀といえるでしょう。

以上のことから、ご相談者は世間一般と比較して
問題点はありませんが、定年時や住宅購入後の貯蓄残高を
おおよそでも見積もっておかれてはいかがでしょうか。

方法は、
「今後の年平均貯蓄額(子供がいない状態で計算)× 定年までの年数 + 退職金 -子供一人にかかる費用(教育費込み)」
以上の結果が退職時の住宅購入前の概算貯蓄残高です。

子供が一人の場合にかかる費用は、
想定されているケース(幼稚園、高校、大学は私立)では
教育費約1200万円(文部科学省データより)
+基本的経費約722万円(内閣府データより)で
約2000万円弱が見込まれます。

そして、定年後に現金で住宅購入した場合、
上記計算額から住宅購入代金を差引くと老後用資金が残ります。

一般的に高齢夫婦の無職世帯では、
毎月の支出は約26万円(総務省データより)かかりますが、
この金額と、ご自身達の年金予想額や貯蓄残高とを比較することで、
老後の収支状況もだいたい予想できるでしょう。

ご相談者が心配されているように、
我々には様々なリスクが待ち構えています。
収支の改善方法は基本的に、
収入の増加、支出の削減、資産運用の効率化です。

将来のリスクに今から備えたいのであれば、
今後のキャッシュフローを見積もって現実を把握したうえで、
パートの是非や、資産運用の方法について
ご夫婦で相談されることをお勧めします。

以上、わずかでも参考となれば幸いです。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
老後
教育費
ライフプラン
住宅購入

評価・お礼

ころろさん

2011/06/09 23:44

具体的な数字ありがとうございます。教育費はやはりかかりますね。
老後の資金は退職金でと考えていましたが、401Kという制度に変更になり、会社からの年間拠出金×定年までの年数 では今の大卒退職金平均2000万?は夢の額に思えます。運用は難しくてわからないので、リスクの少ない商品を選んでます。
年金支給開始年齢の引き上げも考えられるので不安はありますが、今後のキャッシュフローを見積もってみます。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
家計診断お願い致します めーたろうさん  2013-07-21 08:21 回答1件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
将来のビジョンが見えず不安です。 ミニママさん  2011-06-19 07:14 回答3件
この家計で子ども3人は難しいでしょうか? にこたんさん  2010-01-25 22:12 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)