住宅資金か教育資金か? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅資金か教育資金か?

マネー 家計・ライフプラン 2011/05/28 10:23

夫38歳 私37歳
長男 高校2年生
長女 中学2年生
貯金 800万程度
年間貯金額 120万程度

現在は家賃の要らないところに住んでいますが、ところどころ必要最低限修復しながら、あと5年程度住めるかな?と言う感じです。

長男は大学進学は考えていないようで、高卒で公務員を受験する予定です。
もしもダメな場合は専門学校に1年行ってその後また受験するつもりのようです。

長女は公立高校へ進学予定でその後のことはまだ決めていません。

現在の住居にずっと住み続ける訳にはいかず、いつかは購入しないといけません。
購入の場合は土地からの購入で3000万程度必要になると思います。

いつかは購入するのであれば、金利の安い今がチャンスなのか?また差し迫った教育資金を置いとくべきか悩んでいます。

どうぞよいアドバイスをお願いします。

補足

2011/05/28 10:23

夫 年収650万
妻 年収230万

早くに結婚して、あまり貯蓄意識もなく今まで過ごしてきてしまいました。
年間の貯蓄額ももっと増やせるのかもしれませんが、それも含めての診断よろしくお願いします。

sakurasaku1196さん ( 兵庫県 / 女性 / 37歳 )

回答:2件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入と教育資金について

2011/05/28 10:53 詳細リンク
(3.0)

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

優先順位は教育資金です。住宅は必ず購入しなくてはならないものではありません。
ずっと賃貸でもいいのです。お金面から考えると賃貸と持ち家どちらが良いかというと経済情勢により変わってきますので「わからない」が答えです。

もし、住宅を購入されるのであれば直近で予想される教育資金という大きなお金は残しておくべきでしょう。また、購入した後の家計の状況をよく検討しましょう。
現状家賃が0円で預貯金が年間120万円ということですが、住宅を購入した場合住宅ローンの支払いと固定資産税がかかってきます。また、戸建の場合にはご自身で修繕費の積み立てもしないとなりません。(目安としては10年後に100万円から200万円かかると考えておきましょう。建物はこまめにメンテナンスをしていかないと長く持ちません。)そんな状況になった場合にどのくらい毎年お金をためられるのかもよく検討してください。

また、住宅ローン選びも重要になってきます。完済目標により変動金利、短期の固定金利、長期の固定金利どれにするかが変わってきます。


株式会社FPソリューション:http://www.fp-s.jp/
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

教育資金
住宅購入
ローン選び
貯金
家計

評価・お礼

sakurasaku1196さん

2011/05/31 00:47

ありがとうござます。参考にします。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅購入か教育資金かについて

2011/05/30 10:07 詳細リンク
(5.0)

sakurasaku1196さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『いつかは購入するのであれば、金利の安い今がチャンスなのか?
また、差し迫った教育資金をおいとくべきか悩んでいます。』
につきまして、

目先のライフイベント資金の優先順位としては、
お子さま方の教育資金を優先させることになります。

教育資金として、
幾らくらい確保しておくのかにつきましては、
お子さまと将来の進路について、
十分に話し合うことで、
大凡の教育資金は把握することができると考えます。

尚、sakurasaku1196さんの場合、
ご夫婦とも年齢的にも、
また、共働きということもあり、収入のうえからも、
教育資金を除いた預貯金にプラスして、
今から住宅購入のための頭金を貯めていっても、
十分に間に合いますので、特に心配する必要はありません。

また、毎月の貯蓄目標金額として、
sakurasaku1196さんの場合は共働きとなりますので、
ふたり合わせた手取り月収金額の20%相当額は、
毎月確実に貯蓄していくようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

購入
個別
相談
プランナー
イベント

評価・お礼

sakurasaku1196さん

2011/05/31 00:53

ありがとうござます。2011年は家の買い時というような記事を読んでは焦る気持ちになって、どうせ住むなら子供が一緒にいるうちに・・・という気持ちにもなっていましたが、学費が足りなくなっては元も子もないですもんね。今まで甘かった家計管理も引き締めて貯金できるようにしたいと思います。

渡辺 行雄

2011/05/31 09:30

sakurasaku1196さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
教育費を勘案した場合の可能な住居購入額は? R32さん  2008-04-19 12:49 回答2件
今後の住宅・教育資金についてご助言ください 白くまさん  2007-08-07 18:58 回答4件
転勤族の自宅購入について lake13さん  2012-02-23 16:22 回答2件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)