プロの家庭教師と、学生の家庭教師、どこが違う? - 子供の教育・受験 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:子供の教育・受験

プロの家庭教師と、学生の家庭教師、どこが違う?

育児・教育 子供の教育・受験 2011/04/12 10:09

高校受験のため家庭教師を探しているのですが、プロの家庭教師と知り合いの学生家庭教師、どちらにお願いするか迷っています。知り合いの学生さんに教えて頂いた方が私も安心感があり、子供も質問や相談をしやすいのではないかと考えていたのですが、プロはどのような点が違うのでしょうか。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:2件

プロか学生かではなく、何を期待するかで。

2011/12/04 17:00 詳細リンク

プロの家庭教師と学生の家庭教師を比較する前に、プロの家庭教師とはどういう人を指すのかをはっきりさせましょう。
一般的な家庭教師センターでは、家庭教師の種類をプロと学生の二つのグループにに分けているようです。この分け方だと、プロには、学生以外、家庭教師のみで生計を立てている人も、会社員や主婦で夜間や週末に家庭教師をしている人も、定年退職した元教員で自分のキャリアを生かしたいという人も、さまざまな人がふくまれてしまいます。したがって、学生とプロとどう違うか、さらにどちらが良いかの比較は、単純にはできないということになります。

私自身がプロとして認めるのは、次の二つの点で「先が見える人」です。
まず、指導を依頼した教材(塾・予備校のテキストや問題集)の中から、志望校の入試に照らして、必要なものと不必要なものの選別ができるという、「入試本番」という「先」が見える人。
次に、今、指導している単元が、次にどのような学習内容に発展していくものなのか、あるいは、そこで完結するものなのかを見極められるという、お子さんが学習を進めていく「先」、つまり「その教科の体系」が見えている人。

この2点を挙げたのは、家庭教師を依頼される動機としては、苦手教科をなんとかしてほしいというというのが、一般的だと考えるからです。その場合は、内容を理解させることは当然のこととして、お子さんの負担を減らしてあげることで、これだけなら何とかなる、やってみようという意欲を持たせることが必要になります。もちろん、ただ負担を減らせばよいのではなく、「目標」や「その先」を見据えて、減らしてよいものと、たとえ苦手でもなんとか克服する(させる)必要のあるものとを判断しなくてはならないのは言うまでもありません。

そこで提案ですが、プロか学生かという相手の身分や立場で決めるのではなく、家庭教師に何を期待するのか(質問に答えるだけでよいのか、それとも上記のような指導を望むのかなど)を、まずご自身(とお子さん)ではっきり決め、その期待に応えてくれる(くれそうな)人に依頼してはどうでしょう(その結果が、たまたま学生であったり、いわゆるプロであったりということになります)。面倒に感じるかもしれませんが、選択に失敗したら、時間もお金もむだになってしまいますから。下の「補足」に確認の仕方の一例を挙げておきます。

補足

家庭教師の場合は、お子さんとの相性善し悪しが、集団指導の場合以上に、学習・指導効果を左右する大きなポイントになります。極端な例ですが、入試という「先」が見えず、「教科の体系」を把握しておらず、解説も拙い家庭教師だとしても、その指導を受けたお子さんが「この先生に褒められたい。認められたい」と思ってがんばり、成績が上がったのなら結果オーライということになります(もちろん、この向上は指導の賜ではなく、あくまでもお子さんの個人的な努力によるものなのですが)。

まずは、試してみてはいかがですか。知り合いの学生さんなら「続けるかどうかは様子を見てから決める」と先に言っておくのです。家庭教師センターなら、家庭教師の変更のシステムを事前に調べてから、連絡すればよいでしょう(営業からの電話攻勢があるかもしれませんが)。

そして、子どもさんが指導を受けている場に同席します(同席を断ってきたら、その時点でアウトです。その程度の注文が聞いてもらえないとなると、その後何も口出しできなくなりますから)。
「説明の善し悪し」や「質問に的確に答えられるかどうか」については横で聞いていればわかりますし(「解説や答えの正否」を保護者の方が判断する必要はありません。お子さんと同じ立場で聞き、もし理解できなければ子どもだって理解できないだろうと判定すればよいのです)、「相性の善し悪し」もお子さんの態度などから判断できると思います(もちろん、指導後にお子さんの意見も聞いて下さい)。
また、上の「本文」に挙げた私の定義したようなプロかどうかは、「この分野の問題は○○校ではよく出題されているのですか。どんな問い方で出題されるのですか」「これが解けるようになったら、次はどんな問題にチャレンジさせればいいのですか」などと聞いてみて判断すると良いでしょう。

うるさい保護者だなと思われても、かまうもんですか。こっちが料金を払って依頼するのですから。

予備校
入試
志望校
家庭教師

回答専門家

岡松 高史
岡松 高史
(愛知県 / 家庭教師)
岡松教育進学研究所 代表

「子どもを思う」保護者に寄り添い、期待に応えるプロでありたい

公立学校教諭、大手予備校講師として25年。問題作成・問題分析のプロとして入試問題、問題集などを執筆し、進学・学習講演活会の講師を務めています。これらに裏打ちされた、指導方法、指導内容、アドバイスの「引き出し」の数、量、質には自信があります。

岡松 高史が提供する商品・サービス

対面相談

中学受験が気になるママ友の「井戸端会議」に参加してアドバイス

個人で「相談」というと何となく敷居が高いとお考えの方。ママ友どうしでお集まりの機会にお伺い致します。

対面相談

中学受験を控えたお子様の国語の成績でお悩みの方にアドバイス

「国語の成績って、どうやったら上がるの?」「国語って、どう教えたらいいの?」にお答えします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 昇

山中 昇
英語講師

- good

どちらがいいとは言えないと思うのです

2011/04/21 05:40 詳細リンク

私はスカイプを使って北海道から九州までの英語学習者をサポートしています
中学2年生(1年の時英検1級合格しその後も研鑽継続中)、高校2年生、大学2年生も居るし、主婦、学校の先生、医者、サラリーマンも受講しておられます

ほとんどがマンツーマンの指導なので、いわば、オンラインの家庭教師です

でも、私はプロの家庭教師だと自分を認識しておりません

私自身が、2008年から英検1級を受け続け、合格し続けている受験生です

プロの先生でも教え方が悪かったり、人間対応力に欠ける人も居ます
学生でも同じことです いい悪いは個人の資質によると思うのです

要は、学力と人間力(相手は生身の人間)を兼ね備えた人材であることが大事なのであり、プロとかアマチュアは問題ではないと私は考えています

アマチュアの私ですが、受験生の一人として、受講生に負けないように一緒に勉強しています

補足

ディクテーションを使ったリスニングと、リーディング・リスニングの学習の相乗効果で飛躍的な英語力向上を図るレッスンに興味があれば下記のホームページを覗いてください
北海道から九州までたくさんの仲間が集まってしのぎを削っています
hf9n-ymnk@asahi-net.or.jp
http://www.eiken1kyu.com

個別
学力
家庭教師
人材
マンツーマン

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

塾と家庭教師どちらにするか 専門家プロファイルさん  2011-04-08 10:46 回答2件
子供の教育について 黄色いぞうさんさん  2012-01-18 21:30 回答1件
母子家庭の子育てについて 黄色いぞうさんさん  2012-06-02 07:54 回答1件
大手塾と個人塾、どちらがよい? 専門家プロファイルさん  2011-04-08 10:51 回答3件
小学校受験、志望校はいつ頃決める?準備はいつから? 専門家プロファイルさん  2011-04-06 09:56 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談

中学受験を控えたお子様の国語の成績でお悩みの方にアドバイス

「国語の成績って、どうやったら上がるの?」「国語って、どう教えたらいいの?」にお答えします。

岡松 高史

岡松教育進学研究所

岡松 高史

(家庭教師)