業務委託契約解除するために、どうすればいいでしょうか? - 企業法務 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

業務委託契約解除するために、どうすればいいでしょうか?

法人・ビジネス 企業法務 2011/03/09 15:15

私(A)はフリー(個人事業主)として、仕事をしています。
仕事上の知人を通じて、社長Bさんを紹介していただき、
私のパートナーとともに、業務委託という形で、仕事をすることになりました。
(※業務委託契約書は交わしておりません)

業務委託契約(契約書は交わしていないが、支払いしてもらっている状態)で、請負元から「会社として損害を受けているから、契約を解除することができない」といわれて非常に困っています。

「契約書を交わしていない…」と言っても、
「君は勉強不足だね。請求書、支払い履歴があるから、契約したということだよね。そういうことなら訴えるよ。」ということになり、話になりません。

補足

2011/03/09 15:15

知人の紹介ということもあり、口約束での業務内容や賃金支払いの決め事をしました。
ざっくりと以下の内容です。

1. 権限委譲をして、Zという会社のある部署を運営をしてほしい(社長Bさんの意向)
2. 週4日(可能な場合は5日)の常駐勤務(Aの希望)
3. 月々、一定額の支払い

「1.」について、最初の頃は、業務内容がある程度、明確な部分もありました。
ということもあり、業務の幅を予想できましたので、請けることにしました。
日が経つにつれて、「うちの業務は多岐だから…」という理由で、
Zの会社ではなく、社長Bさんの経営する別のY会社で様々な雑務を指示されるようになり、しまいには、色々な責任をかぶせられるようになりました。

権限委譲という権限は、実際はないに等しく、社長Bさんの言うことが全て(いわゆるワンマン企業)です。
私たちは、社長Bさんの思いつきで行ったプロジェクト(反対意見は、通りません)の責任を問われるようになってきました。

前置きが長くなりましたが、
私(A)は、精神的につらくなり、私のパートナーのCさんを残すこと(私の作業を引継ぐ)で契約解除していただくことになりました。
女性であるCさんも精神的にも体力的(1日の業務は10時間〜14時間/週5日)にも不調を訴えるようになりました。

パートナーCさんは、社長Bさんに契約解除を求めました。
社長Bさん:「あなたたちに支払いをしているよね、その支払いに対する責任が果たされていない、つまり未完の状態である。うちの会社は、あなたたちが入ることにより、人員削減もおこなっているんだよ、解除をするということをいうこと自体、信じられない。解除をするというのであれば、会社としては損害を受けているわけだから、訴えるよ。」

ということでした。
未完の状態が何を指すのかが、契約書などで明確にされていないので、私たちとしては、責任を果たしていたと考えていても、社長Bさんとしては、そう考えてはくれません。
パートナーCさんの体調も心配です。

非常に困っています。本当に訴えることが可能なのか、そして、Cさんの契約解除をする方法などご存知でしたら、お知恵を貸してください。

limoncelloさん ( 北海道 / 男性 / 81歳 )

回答:2件

若山 和由

若山 和由
行政書士

4 good

業務委託契約の解除について

2011/03/09 16:17 詳細リンク
(4.0)

そうですね、口頭での約束となりますと、どうしてもその範囲が不明確になり、こういったトラブルがおきやすくなってしまいますね。ましてやワンマン経営者との取引となりますと、こういった傾向は益々強くなります。

おそらくご当人同士では、解決の難しいところに来ていますね(契約上では、原則どおりの対応で問題はないと思われますが、先方は納得がいかないでしょう。)。きちんと専門家に相談して、話し合いの上、改めて業務委託を交わすか、そうでなければ、解除をした上で損害の根拠について明確にしてもらったほうがいいでしょう。

契約
問題
経営
取引
解決

評価・お礼

limoncelloさん

2011/03/09 16:57

ありがとうございます。実はアドバイスに似た交渉はしております。

Cさん:「いったん契約解除し、業務内容を明確にした上でお互いの合意ができれば、新たに結びなおしたい。」と。

おそらく、B社長は、再契約では合意が得られるないだろう、と先読みをしているので、

B社長:「Aさんが辞める時点で業務は未完の状態、Cさんが責任を負うということで、OKしたんだよ。つまり、善意でやめさせてあげたのに、解除には応じられないね。そちらがそのように応じるなら、こちらは未完に関しての損害賠償を請求するよ。」

解除自体を要求するなら、もう訴えます、という感じなので、困っております。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
松野 絵里子

松野 絵里子
弁護士

2 good

業務委託なのかどうかもわからない契約ですね

2011/03/10 08:34 詳細リンク
(5.0)

契約は、合意で決まります。
契約書は必要ありません。

貴殿の社長との契約は、業務委託というより、雇用に近かったように思われます。
雇用であったかどうかは、こまごまとした仕事の仕方、指揮命令系統の事情を、お聞きしないとわかりませんが。

業務委託であったとして、契約の期間の定めがなかったようですね。
たとえば1年の契約でまだ半年なのに理由なく解除というのは、損害賠償ということはあるでしょうが、期間の定めはなかったのでしょう。

委任契約では、委任者と受任者は、高度な信頼関係の上に立つとされています。
何かをやってくれと頼むので信頼しないと出来ませんよね。

この信頼関係が損なわれる場合があるので、民法では各当事者はいつでも委任契約を解除することができることとしています(651条1項)。これは、任意解除権といい、通常の解除と異なり遡及効がない「告知」といわれるものです。

通常は契約で有償の定めをしたり解除のルールを作ったりしておきますが、今回はそれがないようなのでこの651条がそのまま適用になるでしょう。

ただいつでも解除されると相手は困るので、当事者の一方にとって不利な時期に委任契約を解除した場合で、そのことにやむを得ない事情があるわけではない場合には損害賠償義務が生じるとされています(651条2項)。

ですから、貴方の解除にきちんと理由があれば、解除してもよいし、損害賠償の責任も無いでしょう。
後継の人がいるのであれば、損害はないといえるかとおもいます。

補足

雇用であった場合には、職業選択の自由があるので、労働法規制・就労規則に従い、貴殿はやめる自由があります。

契約
契約書
損害賠償
期間
雇用

評価・お礼

limoncelloさん

2011/03/10 11:41

本当に色々とありがとうございます。
雇用かどうかの判断は、現時点では難しい、というわけですね。
判断基準などは、どのあたりになるのでしょうか?

任意解除権で解除をすることができる、ということですが、
■貴方の解除にきちんと理由があれば…損害賠償の責任も無い
・理由に体調不良などは含まれるのでしょうか?
・体調不良では「損害を受けたことに対して…」と言われたのですが、
こちらから解除して問題はないのでしょうか?

■後継の人がいるのであれば、損害はないといえるかと…
そのような社長ですので、人が入っても、すぐに逃げてしまいます。
後継の人がいつになるか、分からない可能性が高いです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

業務委託契約解除後の問題です。 kusukusuさん  2009-05-17 21:27 回答1件
業務委託契約の解除について 一般人さん  2010-10-27 15:37 回答1件
賃金をもらえない。 sumisonianさん  2009-10-17 17:20 回答4件
委託契約の解除をしてもらず、脅しを受けました 42たろうさん  2009-06-29 01:39 回答1件
株式会社の廃業について nocさん  2009-01-13 09:15 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談

元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、融資審査のポイントをお教えします!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)