個人事業主同士が結婚した場合 - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

個人事業主同士が結婚した場合

法人・ビジネス 会計・経理 2011/01/12 13:33

現在、個人事業主で青色申告しています。

近々、結婚することになったのですが、
相手も、同業者で同じ個人事業主です。

その場合、結婚後も引き続き、夫婦それぞれが個人事業主として青色申告して問題ないのでしょうか?

それとも、どちらが一方に統一して青色申告することになるのでしょうか?

ご回答いただければと思います。

Kazahanaさん ( 北海道 / 女性 / 32歳 )

回答:1件

須栗 一浩

須栗 一浩
税理士

1 good

個人事業主同士が結婚した場合について

2011/01/12 13:49 詳細リンク
(5.0)

ご質問の件ですが、基本的にはこれまで通りにそれぞれ事業主として青色申告で申告をして構いません。

経費などについて共同で支払うものが出てくる場合で、正確に分けることができないような場合には、割合などのをあらかじめ決めておくといいでしょう。

もし、統一する場合にはどちらの方が事業主になり、もう一方は専従者給与として給料の形で受け取ることもできます。

事業
事業主
個人

評価・お礼

Kazahanaさん

2011/01/12 16:16

須栗 さま

ご回答ありがとうございました。

どちらでも問題ないのですね!

ちなみにそれぞれが個人事業主として青色申告した場合と、
どちらかが専従者給与として給与を受け取る形にする場合では、
税金等で違いがでてくるのでしょうか?

もし可能であれば回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

須栗 一浩

須栗 一浩

2011/01/12 22:28

ちょっと簡単な回答になってしまい、失礼いたしました。

それぞれの方が青色申告を行い、最大の青色申告の控除を受けた場合、65万円ずつになります。

また、どちらかの方が給与という形をとった場合には、1名分の青色控除の他に、給与所得控除を受けることが出来、最低でも65万円の控除になります。

ある程度以上の所得が見込める場合には、合算してしまうか、法人化をしてしまった方がいいでしょう。ただし、売上の金額がその分大きくなるために消費税の課税事業者になるケースもありますし、慎重に検討することをおすすめします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

クレジット購入 買掛金 未払金 kumosukeさん  2013-02-11 16:55 回答1件
業務委託 fufuuhuさん  2010-09-09 18:32 回答1件
個人事業主開業届け提出の適切なタイミング mikamさん  2008-10-15 21:22 回答1件
個人事業主 仕訳について rcmworksさん  2016-11-27 11:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料ホームページ診断

ホームページに来ない、ご注文・お問合せ行かない原因を探します。

古堀俊行

オフィスコボリ

古堀俊行

(ITコンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

フェイスブックページお悩み相談

facebookで「困っていること」「やりたいこと」を何でも相談下さい。

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)