子沢山希望者の住宅ローン選択(変動かフラット35Sか) - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子沢山希望者の住宅ローン選択(変動かフラット35Sか)

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/12/15 20:03

夫(27)、妻(26)、長男(1)の三人家族です。
将来的にはあと二人子供がほしいと思っています。

半年先の実行で2600万円借り入れ予定ですが、変動金利とフラット35S(20年引き下げ)で迷っています。
借り入れ期間は35年です。
職業・年収は夫が会社員・450万、妻が地方公務員・330万です。
今後ある第二子、三子の育児休業や三人の教育費、老後資金の備えを考えると、
フラット35Sも魅力的ですが、変動金利の低い金利も気になります。

今後のことを考えると、フラット35Sと変動金利のどちらがいいと言えるでしょうか?

なお、育児休業中の繰上げ返済はがんばって100万円/年くらいだと思います。

なぎねこさん ( 山梨県 / 女性 / 26歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

住宅ローンの組み方について

2010/12/16 11:13 詳細リンク

なぎねこさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今後のことを考えると、フラット35sと変動金利のどちらが良いと言えるのでしょうか?』につきまして、住宅ローンを組む場合、ほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことが可能ということでしたら、早期完済を目指すことになりますので、ローン金利も低くて済む『変動金利』や『短期固定金利』で住宅ローンを組むことになります。

ただし、ローンの更新が頻繁に行われるため、返済の途中からローン金利が上がってしまい、毎月の返済額が増えてしまう可能性がありますので、収入のうえからもある程度余裕のある方に向いているローンだと考えます。

この場合とは逆に、繰り上げ返済は3年に一回程度ということでしたら、早期完済という訳には行きませんので、多少ローン金利が高くなってしまっても、『長期固定金利』で住宅ローンを組むことで、返済の途中からローン金利が上がってしまい、毎月の返済額が増えてしまう心配がありませんので、将来のマネープランが立てやすくなります。

また、住宅ローンを組んだ後から家計が圧迫されるようなことにならないためにも、ふたり合わせた手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合としては、30%ほどに収まるように住宅ローンをくむようにしていってください。

尚、なぎねこさんの場合、現在のお子様に加えて新たに2人のお子様をご希望されていますので、将来かかるようになる教育資金のことも十分に考慮に入れると、フラット35sで住宅ローンを組んだ方が無難ではあります。

ただし、将来お子様の教育資金がかかるようになるまでには完済できるということでしたら、変動金利で住宅ローンを組んでもよろしいと考えます。

以上、多少なりともご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

プランナー
金額
ビジョン
計画
更新

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮下 弘章

宮下 弘章
不動産コンサルタント

- good

フラット35をおすすめします。

2010/12/16 05:50 詳細リンク

はじめまして。
横浜で不動産コンサルタントをしております宮下弘章と申します。

ご質問を拝見させていただきました。

特に、これからご家族が増えるご予定で、子供の成長とともに
将来は教育費等も右肩上がりになっていくでしょう。

せめて住宅ローンは返済額上昇リスクの無いフラット35がおすすめです。

変動金利は、いずれは金利上昇に伴う返済額上昇リスクをはらんでいます。
今は、確かに低金利ですが、35年間もの間ずっと低金利であることは、
過去1度もありません。
かといってフラットが変動に比べ、極端に金利高でもありません。

長期にわたり、安定した支払いができることが重要です。

金利等に関する情報など
お時間ございましたら、こちらを是非ご参照ください。
「住宅ローン金利の指標を整理」→ http://yaplog.jp/miya-semina/archive/92

簡単ですが、ご参考になれば幸いです。
宮下弘章

子供
成長
教育費
住宅ローン
返済

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅購入について なおはるさん  2010-02-12 09:49 回答2件
フラット35の頭金、繰り上げ返済等について クママさん  2008-03-27 00:10 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)