1つの会社で休職できる回数について - 労働問題・仕事の法律 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

1つの会社で休職できる回数について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2010/12/03 08:00

私は現在、ある中小企業で一般事務をしています。
障害者雇用(精神疾患)で現在休職中です。
今の会社では2度目の休職です。

上司から私に限らず、どの社員でも3度目の休職は認められないと言われました。

私は現在の会社に定年まで勤めたいと思っていたのですが、
60歳まで今後1度も休職ができないとなると、
とても無理だと思います。休職しない自信がありません。

他の会社(大企業・中小企業)や特例子会社でも
3度目の(複数回の)休職は認められないのでしょうか?

ご回答宜しくお願いします。

りんごあっぷるさん ( 東京都 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

私傷病(病気)休職制度について

2010/12/03 18:08 詳細リンク
(5.0)

凄腕社労士の本田和盛です。

民間企業の休職制度については、法律による規定はありません(公務員の場合は、国家公務員法、地方公務員法等に休職制度に関する規定がありますが)。「このようなケースは休むことを認めなければならない」等の規制は一切ないのです。

従って、あなたのケースのような「私傷病休職(病気休職)制度」については、全て企業が独自に就業規則等に定めることになります。
私傷病は自己責任によるものですから、そのことによって長期間、労務が提供できないということは、使用者側からすると解雇の合理的理由にもなります。しかし、病気になったからといって即解雇では無情に過ぎるので、一定期間労働義務を免除して回復を待ちましょうというのが「病気休職制度」です。ですから一面では解雇を猶予する制度でもあるのです。

中小企業では、制度自体が存在しないところもありますし、休職を認めるかどうかは会社が判断をすることです。裁判例では「回復の見込みのない労働者について休職制度はあるが休職をすることを認めず、即時解雇した」ことについて肯定した例もあります。
今回のケースは「会社が3度目はない」というのであれば、それが御社の規定なのでしょうから、残念ながらそれに対抗する手段はありません。

休職
労務
就業規則

評価・お礼

りんごあっぷるさん

2010/12/04 10:12

ご回答有難うございます。大変参考になりました。

特例子会社でも同じでしょうか?
障害者のみ採用しているということで、休職回数がもっと多く許されている、等ありますでしょうか?

ご回答を宜しくお願い致します。

本田 和盛

2010/12/05 03:38

評価いただきありがとうございます。

ご存知かもしれませんが特例子会社とは、障害者雇用促進法で定められる法定雇用率を算定
するにあたって、親事業者の雇用とみなされることに関しての特例措置を受けることができる法人のことです。そのこと以外は労働基準法をはじめとした、労働者保護法規で特別の優遇措置を受けることはありません。

特例子会社となるためには、障害者雇用のための様々な環境を整備する等、一定の要件を満たし、厚生労働大臣が認可を受ける必要があります。それらの要件を整備することができる親会社はある程度規模の大きなところでないと不可能ですし、障害者雇用に関する一定の理念を持った会社なのでしょう。障害者を多く雇用しているので、その促進・維持のための就業規則等も一般の会社よりは定めやすく、またそのようになっていることでしょう。しかしあくまで民間の事業会社であることは事実です。
どのような定めをおくかは、先にも述べましたようにあくまで個々の企業が独自に決めることとなります。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

雇用保険の未加入と、パワハラの補償の範囲 hiyoko1610さん  2011-04-01 16:54 回答1件
在職強要:退職日が決まらない 在職強要さん  2015-07-14 14:24 回答1件
契約社員から正社員への登用(口約束) nonokさん  2015-02-10 01:24 回答1件
せっかく入社したのに困惑しています kurusuさん  2013-05-19 18:44 回答1件
正社員が働けなくなった時の保障 keroro30さん  2015-07-20 00:44 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)

メール相談

【メール】履歴書・職務経歴書添削

メールによる添削です。口頭でのアドバイスが必要な方は後から電話相談をお申込下さい。

瀧本 博史

オフィス瀧本

瀧本 博史

(キャリアカウンセラー)

セミナー 無料【就活】講習
平澤 一美
(メンタルコーチ)
電話相談 コーチング・カウンセリング
荘司 正則
(メンタル&コミュニケーションコーチ)