主人の保険のことですが教えて下さい - 老後・セカンドライフ - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

主人の保険のことですが教えて下さい

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2010/10/26 17:01

今までプルデンシャルの保険に入っていましたが、80歳で医療保険の保証がなくなってしまうことに気付き見直しをしています。

東京海上日動あんしん生命
医療保険120日型入院給付金額5000円保険期間終身払込期間65歳年間36915円
がん治療支援保険診断給付金額100万円入院給付金額10000円保険期間終身払込期間終身24208円(手術給付金特約通院給付金特約がん先進医療特約抗がん剤治療特約など付加されていません)
長割り終身5年ごと利差配当付低解返戻金型終身保険保険金額400万保険期間終身払込期間65歳年間69324円

を考えています。
シンプルな考えの保険でこれで行こうと主人は考えていますが、私としては先進医療もついていない、脳梗塞などになった場合入院5000円と考えると少し不安です。
セカンドオピニオンがついていたほうが安心するよう気もします。

あと2000円ぐらい出せるとしたら、他の保険会社でいまおぎなえきれていない部分を補うほうがいいのか、東京海上のほうで特約をつけたほうがいいのか、はたまたそこまで考えないでこのままで十分なのか考えをお聞かせください。

家族構成は主人29歳私30歳娘が二人1歳と4歳です。

長文となりましたがよろしくお願い致します。

コッシーさん ( 香川県 / 女性 / 30歳 )

回答:2件

菊池 洋光 専門家

菊池 洋光
保険アドバイザー

5 good

50年後の約束をする価値がありますか?

2010/10/26 23:48 詳細リンク
(4.0)

コッシー 様

こんばんは!ほけん工房の菊池です。

この見直しの動機は80歳で医療保険の保障がなくなる事ということですが、今一度、下記の視点から考えてみてください。

「50年後の約束をする価値がありますか?」

私の答えは「NO」に近いです。

●視点1
死亡保険であれば人は必ず死亡するという前提でいえば100%保障されますが、医療保険は一度も保障されずに一生を終えることもあります。

●視点2
入院日数の短縮、入院を伴わない手術の拡大など、未来の医療および健康保険制度等に変化があると言われています。インフレ等も含む環境の変化を気をつけなければなりません。

●視点3
時代にあった保険商品が開発される可能性が高いこと等・・・他

このように視点を変えてみると、この変更をすべきなのかどうか考えさせられるはずです。
一旦、変更する意味がないと考えられたところで、他の問題点への気づきを感じ取っていただき、他の理由によって変更される事をおすすめします。

先進医療=先端医療が全てOKという事ではありません。自由診療というキーワードも含めて検討されてください。

http://196816.co.jp

死亡保険
健康保険
医療保険
医療
見直し

評価・お礼

コッシーさん

2010/10/29 19:23

ご返答ありがとうございます。
いろいろな見方があるのですね。
もう少しいろいろ考えています。
ありがとうございました。

菊池 洋光

2010/10/29 20:20

ご評価いただきましてありがとうございます。
今後とも当サイトを宜しくお願いします。

回答専門家

菊池 洋光
菊池 洋光
(福岡県 / 保険アドバイザー)
ほけん工房 代表取締役
0120-196-816
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

斬新な問題解決力を手に入れた私に是非ご相談ください。

本当に解決しなければならない事は何なのかという問題意識を持ち続けながら17年間、保険をはじめとする金融商品を取扱う業務を行う。直に小さくまとめて終わずに矛盾を解くことによって手に入れた斬新な問題解決力を使って皆様のお役に立ちたい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

4 good

保険の選択につきまして

2010/10/26 18:40 詳細リンク
(5.0)

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。

既に具体的な商品の目途を立てていらっしゃるようですが、もし特定の保険会社へのこだわりがなければ、希望される先進医療特約等の保障を備えた保険は数多くありますし、その保険料もリーズナブルです。
ですから、医療保険とがん保険の加入会社の選択肢を広げれば解決する話ではないでしょうか。

尚、先進医療の年間実施件数は、その患者数と比較すると多くありません。また、技術の進歩により、公的保険適用の代替技術も現れているようです。

脳梗塞の入院給付金が5000円では不足と考えていらっしゃるのは、ご主人が自営業で、万が一の場合の収入補填が必要と考えていらっしゃるのでしょうか。もしそうであれば、増額は再考の余地があります。

しかし、脳梗塞の入院日数の長さが気になるのであれば、1入院の保障日数と、1日当り入院給付金についても、自分が必要と考える数字を再確認してはいかがでしょうか。

公的保険対象の医療は、高額療養費制度を使用すれば月100万円の医療費がかかっても月約9万円(一般の所得の場合)が支払い限度額になります。
これを30日で割れば1日当り約3,000円です。

しかし差額ベッド代や食事代も保険で充当したいのであれば5000円では不足でしょう。
自分自身が希望している事は何か明確にしてはいかがでしょうか。

入院日数については、各傷病とも短期化しており、多くの病気が全年齢を通じて60日以内となっています。
懸念されている脳血管疾患(脳梗塞含む)は平均在院日数が100日を超えていますが、65歳未満ではほぼ60日未満となっています。

高齢時の医療費については、今後の長期的な貯蓄で備えるという方法も選択肢のひとつではないでしょうか。

保険料には多くの費用が含まれています。ですから、ある程度資産が蓄えられた段階からは、保険に頼り過ぎないことも重要です。

山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

ファイナンシャルプランナー
保険
医療保険

評価・お礼

コッシーさん

2010/10/29 09:26

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。
もっとききたいことがあります!
また相談にのって欲しいです

山田 聡

山田 聡

2010/10/29 10:33

ご評価ありがとうございます。
保険の加入や見直しにあたっては、公的保険制度や、加入している健康保険組合(会社員の場合)の上乗せ給付を知ることから始めます。

そして、各傷病の年齢別の入院日数等、医療の実態も知ることが重要です。
これらを踏まえた上で、自分が必要と感じる保障を見つけます。

長期的な累積支払い保険料を考えれば、安易な選択は後で後悔することになります。

十分に理解・納得してから選択しましょう。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

老健の費用を軽減したいのですが... nozさん  2010-06-30 11:54 回答2件
両親の老後 salem1418さん  2014-12-11 11:12 回答2件
父親の介護について aririさん  2013-01-15 22:18 回答4件
子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
生命保険の見直し すみさんさん  2010-08-11 10:49 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

弁護士による相続・遺言全般の法律相談

遺言書の解釈、相続分を具体的な取得財産として実現化する各種法的手続等に関する法律相談

大島 良子

大島法律事務所

大島 良子

(弁護士)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(大阪事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)