出産手当金に関して - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出産手当金に関して

マネー 年金・社会保険 2010/10/19 20:01

現在妊娠5ヶ月で出産予定日は来年3/7の妊婦です。
今回諸々の事情によりこの出産で6年努めてきた会社を退職することとなりました。

産休は出産前42日の1/25~取得出来ると思いますが、人手不足ということもあり最低1月いっぱいまでは働くことになると思います。

形式な決定はこの後会社と相談をして決めていくことになるのですが、例えば1/29まで通常通り出勤、1/30~産休を取得するとして、1/31付けで退職をすれば、2/1~産後56日分の出産手当金は頂くことが出来るのでしょうか?(もしくは1/31以降の退職であれば大丈夫なのでしょうか?)
また産休取得前までの1月分のお給料は通常のお給料の日割り分が貰えるということで間違いないでしょうか?

仕事をやめることになるので、収入が激減することになり、勝手ですが少しでも出産の足しに出来ればと思っています。
上記質問の返答の他にも、何かアドバイス等ございましたら頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

donnkatsuさん ( 東京都 / 女性 / 27歳 )

回答:1件

沼田 順 専門家

沼田 順
ファイナンシャルプランナー

- good

産休取得後に退職すると手当金を貰えます

2010/10/19 23:17 詳細リンク

初めまして。公庫出身のCFP、沼田と申します。

出産手当金は2007年4月の改正により、退職する方は
原則対象外になりました。

しかし、産休後に退職した場合は特例として手当金を貰えます。

1月いっぱいは会社から給料が出ているので難しいと思いますが
その後から産後56日分は貰えます。

手続きの詳細は最寄の社会保険事務所にお問い合わせ下さいませ。

沼田 順(CFP 上級国際ライセンス)

産休
退職
産後
出産
社会保険

回答専門家

沼田 順
沼田 順
(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

産休・育休取得時の手当てについて riaさん  2010-01-27 17:06 回答1件
育児休業基本給付金の支給要件について voodoopkさん  2009-09-24 14:45 回答1件
出産手当金 葉ちゃんママさん  2008-10-17 23:49 回答2件
傷病手当金と出産・育児休職の給付について オリーブの実さん  2008-07-30 15:22 回答1件
扶養から外すかどうかとタイミング きたこさん  2013-08-27 08:50 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)