生理不順と生理中のチョコレート状の出血について - 心と体の不調 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生理不順と生理中のチョコレート状の出血について

心と体・医療健康 心と体の不調 2010/09/28 11:46

30歳の女性です。
私は中学1年生の頃から生理が始まったのですが、その頃から毎月生理がきたことがなく、長い場合ですと半年も生理がこなかったときもあります。
何度か婦人科で診てもらったのですが子宮等には異常はないとのことでした。
そして、3ヶ月生理がおこらない場合は注射をして生理をおこしている感じなのですが、体がそのリズムに慣れてきたためか最近では3ヶ月経つ前には生理が自然にくるようになっています。
しかし、毎月はきません。毎月くることが正常だと思うのでそうなりたいのですが婦人科では1ヶ月こなかった場合に注射をしておこすことは可能なのでしょうか?

それから、生理中に出るチョコレート状のドロッとした塊の出血が見られますが、これは病気と関係ありますでしょうか?

補足

2010/09/28 11:46

ちなみに、基礎体温を測っているのですが、生理前は比較的高温になっており生理中・後は低温になります。

あーみんさん ( 山形県 / 女性 / 28歳 )

回答:3件

川井 太郎 専門家

川井 太郎
整体師/あん摩マッサージ指圧師

20 good

生理不順について

2010/09/29 18:08 詳細リンク

はじめまして、川井筋系帯療法の川井太郎と申します。

生理不順でお悩みの様子お察しします。

女性特有の生理痛や生理不順、下腹部痛がある場合、

特に婦人科で筋腫や膿腫、ガンなどの器質的原因がなければ、

これらの多くの原因は、骨盤が傾斜やねじれをおこす「骨盤のゆがみ」
によって起こります。


婦人科系臓器(子宮、卵巣)は、骨盤の中で筋肉や靱帯などによって固定されていますが、「骨盤のゆがみ」 があると、骨盤内で筋肉や靱帯の緊張や引っ張り合い、圧迫が生じます。

そのため、膀胱や子宮、卵管、卵巣が圧迫されたり、自律神経伝達や血液循環が阻害されたりして、生理不順や生理痛、内膜症、卵管狭窄、不正出血、下腹部の痛みなどのほか、膀胱炎、頻尿、残尿感、腰痛などの原因になるわけです。


生理中のチョコレート状の出血は、おそらく卵巣や子宮などに炎症があり血液が溜まって濃く固まったもの(本来適切に生理があれば溜まらず排出されていたもの)でしょう。


現在は注射で生理を起こしているそうですが、

痛みや症状をホルモン剤や低用量ピルなどで一時的に抑えても、

「骨盤のゆがみ」がそのままであれば、根本的な解決にはならず、

場合によっては、薬剤の影響で自律神経やホルモンバランスを
さらに崩してしまい、かえって体調不良を悪化させることもあります。


骨盤は、身体の土台となる重要な部分。

特に女性の場合は、「骨盤のゆがみ」があると、自律神経やホルモンのバランスに影響して全身的に症状が出やすくなります。

婦人科にかかるのと平行して、信頼できる手技療法専門家(整体やカイロなど)で「骨盤のゆがみ」をくわしく分析してを自然な状態に整えてみてはいかがでしょうか。


ご参考になれば幸いです。



*生理痛・便秘・むくみ・冷え性など女性の悩みも解決!
http://kawaikinkeitai.blog35.fc2.com/blog-category-11.html



*ただの整体やカイロならこれほど感動はしなかった!!

薬に頼らない、ナチュラルヘルスケア&アンチエイジングの専門家
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

原因
自律神経
冷え性
生理痛
便秘

回答専門家

川井 太郎
川井 太郎
(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
関村 順一 専門家

関村 順一
鍼灸マッサージ師

3 good

生理不順の原因

2010/10/01 00:03 詳細リンク

ゆかばさんの場合は、排卵障害による続発性無月経ではないかと考えられます。

生理が来ていますが、其の出血はおそらく無排卵月経という不正出血の一種です。

正常の生理周期は、排卵があり、体温が二層にわかれます。

一度基礎体温を測ってみてください。おそらく一層性です。


現在妊娠を望んでいる訳でないのでしたら、

西洋医学の治療はプロゲステロンホルモンの注射か飲み薬で

出血を起こします。それで一時的にホルモンの恒常性を保つ事が出来ます。

正常周期に月経を戻したいとのことであれば、毎月排卵がおきる必要があります。

しかし注射だけの今のこの治療を続けたままでは、正常周期に戻すのは難しそうです。



無排卵の方の一般的治療法は、

最初に血中ホルモン(LH、FSH、PRL)の測定を行い

どこに障害があるかを絞ったあと、無月経の重症度を調べます。

重症度はゲスターゲン検査と言い、

プロゲステロン(黄体ホルモン)を投与することにより

消退出血がおこるかどうかで鑑別します。

これにより出血がおきるものを第一度無月経といい

プロゲステロンの周期的投与を行うことにより、

周期的に生理をおきるようにしていきます。

(ゆかばさんの場合はこれに相当します)

プロゲステロンの投与により消え退出血が起こらないものを

第二度無月経と言いエストロゲンとプロゲステロンを投与しながら

治療を行うことになります。

ゆかばさんは3カ月ごとに注射をし、生理がくるとのことなので、

この注射がおそらくプロゲステロンを投与する注射(ホルムストローム療法)

ではないかと思われます。比較的軽い第一度無月経なことが予想されますね。

補足

しかし、本当の問題は排卵が起こらないと、

妊娠が出来ないという事です。


次にどうして無排卵(排卵がおきないこと)が起きているかを

特定する必要があるのではと思います。

下垂体腫瘍など何か原因が特定できた場合は、原因の治療を行いますが、

とくに原因となる疾患が見つからない場合、

視床下部―下垂体‐卵巣系の機能異常だと考えられた場合は、

ホルモン療法の適応になります。

生理が正常周期に来ない場合のホルモン療法としては

カウフマン療法がよく用いられます。

簡単に言うとホルモン剤をのみ、3~6周期脳や卵巣をお休みさせます。

お休み後は脳や卵巣の機能が活性化され正常周期に生理がくるという治療になります。

もし、経過観察後、キハツ月経、無月経であるようなら、カウフマン療法を再開します。


また、妊娠を望まれるようであれば、排卵誘発剤(クロミフェンやフォリスチム注射など)

により排卵を起こさせて治療していくことも必要になると思います。


排卵誘発剤は刺激の弱いものから、強いものまで様々です。

お体の状態に応じて刺激していくことがとても大切になりますの

で、Drとよく相談しながら治療を行ってください。

鍼灸医学は古くさい医学ですが、当院でも

同じ症状で8年ぶりに生理がきて、

その後は排卵が起こるようになった方もおられます。

そういう治療も出来る鍼灸医学も選択肢としてあります。


なお、生理中にでる塊は子宮筋腫、ポリープなどがない場合は

子宮の冷えによる血液分解酵素不足が考えられます。下腹部を暖めてみてください。

障害
原因
検査
治療

回答専門家

関村 順一
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師

次こそは妊娠したい!赤ちゃんを授かる身体になる為に

赤ちゃんを望む女性の為、西洋医学の治療をして、それでも授からない女性の為に女性治療師7名とともに鍼灸治療を頑張っています。生理痛も鎮痛剤で我慢を続けていると将来の不妊の原因に。ぜひ一度お越し下さい!

野口 創

野口 創
鍼灸マッサージ師

- good

お抱えの症状について

2010/10/15 12:58 詳細リンク

ゆかばさん
こんにちは。奈良の登美ヶ丘治療院です。
お身体の状態はいかがでしょうか。


注射により毎月生理を起こすことに関しては可能だと思いますが、ホルモン剤等の注射は副作用についても考えられますし、人工的に生理を起こし続ける事は身体そのものの力でホルモンを分泌することを阻害する原因になるので、ずっと続けていくことは身体にとって根本的な改善にはならない可能性があります。

チョコレート状の塊についてですが、子宮内で通常スムーズに流れている血液が、血流が悪くなったりすることで停滞した血液が凝固してゼリー状になったもので、血餅と呼ばれたりします。東洋医学ではこれを瘀血といいます。
血流の低下は子宮や卵巣に影響を与えやすく、月経不順や月経痛、不正性器出血をおこす原因にもなります。
現段階では子宮に異常はないということでしたが、近年増加しつつある子宮内膜症や子宮筋腫などに発展することもありますので、塊のほか月経痛が強い、経血量が多い等の症状が続く場合は定期的に検診を受けられておいたほうがよいでしょう。



東洋医学では下腹部に鍼をすることで子宮内の血流を改善し、手足などのツボによりホルモン分泌が正常に行われる身体作りをする治療を行います。身体が正常な方向に向かえば生理不順や瘀血も改善されていきます。
治療法の一つとして参考になれば幸いです。
お身体大切になさって下さいね。

原因
症状
治療
改善

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

友人の事ですが 久佐さん  2013-08-29 19:48 回答1件
仕事を辞めようか悩んでます。 もんちいさん  2013-01-31 07:01 回答2件
喉に圧迫感と体調不良について j.k.sさん  2012-07-27 11:14 回答1件
てんかんのような脳のしびれについて shakaijin_さん  2012-04-16 12:18 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

【電話カウンセリング】なるべく早く聴いて欲しい!相談したい!

なるべく早くご相談したい、話を聴いて欲しいといった方に対応します

小日向 るり子

フィールマインド

小日向 るり子

(心理カウンセラー)

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

対面相談

東京・銀座の心療内科・精神科

夜間・土日も診療しています

茅野 分

銀座泰明クリニック

茅野 分

(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))