壁断熱材の補充について - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

壁断熱材の補充について

住宅・不動産 新築工事・施工 2010/09/15 23:54

2年ほど前に大阪で新築しました。内側充填断熱工法です。冬はとても寒くてほんとに断熱材入っているのかと思うほどです。

先日たまたま発覚したのですが、我が家の壁にはロックウール40K55mmが入ってはいるのですがその施工方法が間違っていたのです。ネットで調べてみると、本来ならロックウールの袋の耳を間柱に重ねてとめて隙間を作らないようにしないといけないようなのですが、施工時の写真を見ると、我が家のものは袋の耳が柱の中に入ってすべて間柱の横でテープで留められていました。いわゆる隙間だらけの家になっていたのです。
工務店さんに来てもらって、「こちらの落ち度なのでちゃんと改修します」と言ってくれたのですが、今さらどうやって?と不安です。その場では壁に少し穴を開けてそこから発泡ウレタンを注入しようか・・・とおっしゃってましたが建築士さんと相談してからまた連絡しますと言われて待っている状態です。
とりあえず入れる、みたいなことだと内部結露や、発泡ウレタンが異常に入って膨らみロックウールの袋が破けないかとか、壁がたわむじゃないかとか心配でなりません。工務店とは良い関係ですが、このようなことがあると家中の断熱がちゃんとされていないんじゃないかと全てを疑ってしまいます。

このような場合、壁の断熱の改修工事はどうするのがベストなんでしょうか?壁をすべて取り壊して最初からしっかり断熱材を入れなおして欲しいですが、もう住んでいる以上それは不可能でしょうし。
ご回答宜しくお願いします。

補足

2010/09/15 23:54

さらに床の断熱についても欠陥でした。ポリスチレンフォーム40mmが入っているのは入っているのですが、床板にまったく密着していなく、大引きに釘を打って釘の上に乗っかっている状態でした。もちろん大引きとの間もスカスカです。床下点検口から見てみるとそのような状態がすぐわかりそこから壁の断熱についても発覚した状況です。床断熱については密着させ大引きとの隙間には発泡ウレタンを入れるのがいいかな~これも建築士と相談します、とのこと。天井は大丈夫なのだろうか。。。
建ててしまってから発覚するとほんとに悲しいです・・・。

新築で寒い家さん ( 大阪府 / 女性 / 34歳 )

回答:1件

外側に新たに断熱層を新設する方法

2010/09/16 15:25 詳細リンク
(5.0)

新築で寒い家 さん
SOCIUS 岩間隆司 ともうします。
はじめまして。

本来 木造軸組構法の場合の スタンダードな断熱方法とは
柱(間柱)間に 断熱材(ロックウールやグラスウール)を充填し
外側へむかって
構造用合板(構造上必要であれば)+透湿防水紙+通気層+外壁仕上
という順番 で 構成されているはずです。
通気層は 断熱材が充填された軸組内に発生するであろう内部結露
を吐かせるために 必要なわけですね。( 添付の図面が例です。)

新築で寒い家 さん の場合
断熱材の厚さ が足りないことは ともかくも 間柱の間に断熱材
がきているという納まりは あり なのかもしれませんが。ただ
外壁に、この 通気層 は設置されておるでしょうか?
いいかげんな施工は、はしょられちゃってることが よくあります。

この通気層がないのであれば、いっそのこと
これまでの断熱材はそのままに
外壁を軸組(あるいは構造用合板)のところまで 外しちゃって
外側にむかって
(新たな板状の)断熱材 + 透湿防水紙 +通気層+外部仕上材
と 新設 してもらってはどうでしょうか。

これならば なんとかですが
お住まいになりながら 改修工事 も可能でしょう。

ちょっと たいへんですが いかがでしょう。

SOCIUS_TakashiIwama
http://www.socius.co.jp

補足

新築で寒い家 さま
SOCIUS 岩間隆司 です。

読み返してみて説明不足かなと思い、加筆いたします。

壁は 現在の(足りてない)断熱材とは別に、外側に
もう一層の断熱材を追加しては‥ という主旨です。

床にかんしては
現在ある 密着していない断熱材を(発砲ウレタンなど)
で補強するしかないかもしれませんね。
(‥でないと、大がかりな工事になっちゃいそうですね。)
床下の場合も、断熱材が床に密着する納まりの場合も
前記の壁の通気層と同様、床下の通気が確保されていて
床下の内部結露が吐けるようになっているか、確認は必要。

今年の冬は あたたかく過ごせるとよいですね。

断熱
木造
新築
構造

評価・お礼

新築で寒い家さん

岩間さま、早速のご回答ありがとうございます。
そもそも断熱材の厚さが足りないのですね。外壁を剥がして透湿防水紙もいったん外し、新たに板状の断熱材を柱の外側に打ち付け、透湿防水紙、外壁を張る、というイメージでしょうか?
追加する板状の断熱材というのは例えばどれくらいの厚さのものがいいでしょうか。オススメのものがあればメーカーなど詳しく教えて頂けると嬉しいです。工務店に確認はしてませんが通気層はたぶん、ある?かと思います。ちなみに床下換気はパナソニックの喚起スペーサーが使用されています。天井断熱材もロックウール40K75mmでは薄いですか?

岩間 隆司

新築で寒い家 さま
SOCIUS 岩間隆司 です。
お返事 おくれてしまいました。

>外壁を剥がして透湿防水紙もいったん外し、新たに板状の断熱材
>を柱の外側に打ち付け、透湿防水紙、外壁を張る、
>というイメージでしょうか?


そのとおりです。
構造用合板が使われていない構造であったならば、
柱が見えるかたちになりますので、その柱間 に断熱材をおさめる
という こともできるでしょう。

こういった方法をとれば、新たな断熱材が 確実に設置できた
ということが確認できますしね。

断熱材 は 商品名など固有名詞は ここでは ひかえますね。
( スタイロフォームなどで よいでしょう。)
厚さは もちろん 断熱材としては 厚いほうがよいのですが
工法的なこともありますので、工務店さんと打合せてみてください。
(外壁は、断熱材でなく、柱などの構造部材から頼れるように。)

天井は ロックウール が単に敷き込まれているのでしたら
厚いもの にかえてもらったり 追加することは 容易でしょう。

実際の現状を 拝見しておりませんので
あくまで、考え方として ご理解ください。

ではでは あたたかい おすまいに なりますよう。

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

岩間 隆司が提供する商品・サービス

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

メール相談

建築家による土地活用の提案 【集合住宅】

え!こんな土地でも活かせるの!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:18pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件
新築で外壁の施工ミス juusoさん  2015-06-03 18:16 回答2件
断熱の効果について 優柔不断中さん  2013-11-25 00:19 回答1件
木造モルタル 吹き付け tubasaccsさん  2014-02-15 10:31 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

中古住宅購入よろず相談

中古住宅購入 ホップ・ステップ・ジャンプ

伊藤 裕啓

住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント)

伊藤 裕啓

(一級建築士)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)