外貨と住宅ローン - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨と住宅ローン

マネー 投資相談 2010/09/09 00:05

海外駐在中の貯蓄がUS$200,000ほどありますが、このところの円高でexchangeできずにいます。
住宅購入を考えていますが、この資金を使って購入したほうがいいか、将来の円安を期待して住宅ローンを組むか迷っています。
購入予定額は4000万位、日本円貯蓄2000万位あります。
主人49歳、子供16歳と13歳、私立中高通学。
どちらがいいのでしょうか?

補足

2010/09/09 00:05

主人年収1200万円
大学資金は学資保険が別に各200万あり

yusuzuさん ( 神奈川県 / 女性 / 46歳 )

回答:5件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

外貨と住宅ローンについて

2010/09/09 09:22 詳細リンク

yusuzuさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『どちらが良いのでしょうか?』につきまして、住宅を購入する場合、購入した後からの住宅ローン負担を考慮して、頭金として少なくとも物件価格の20%相当額プラス諸費用分は予め用意したうえで、住宅を購入するようにしてください。

尚、yusuzuさんの場合、物件価格4,000万円に対して、日本円預貯金が2,000万円も確保できているのですから、これだけで頭金や諸費用としては十分です。

よって、住宅を購入する場合、取りあえず日本円から頭金や諸費用など、住宅購入資金を充当していただき、ドル建て預金につきましては、今後の為替の推移を見ながら換金のタイミングを見計らってください。

ドル預金を円に換金していただき、繰り上げ返済資金に今後充当していただければよろしいと考えます。

また、今後のライフイベントとして、ご家族で海外に旅行などで出かける機会もあると思われますので、そのときにドルのまま海外で利用してもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
購入
日本
イベント
外国

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

6 good

絶対的な答えはありませんが、考え方です

2010/09/09 11:08 詳細リンク

yusuzu様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談の件、確かに、借り入れは一切しない方が有利という意見もありますので、米ドルを換金して、住宅購入資金に充てるという考え方もあると思います。

ただ、住宅ローンは、今超低金利ですし、住宅ローン控除を受けられる場合もありますので、もし私が同じ立場なら、米ドルを円に交換しないで、そのまま金融資産で運用すると思います。

もっとも、さらに円高が進む可能性も否定はできません。

というのも、日本は、デフレなので、海外から実質金利が高いと見られていること。
米国政府は、景気刺激策として、輸出の倍増を目指しており、円高ドル安を容認していることなど、いくつか要因があるからです。

なので、もし金融資産のまま運用するのであれば、単に米ドル預金にしておくのではなく、投資対象を新興国や株式などにまで広げた国際分散投資を考えてもよいですね。

米ドル建てのまま運用できる金融商品も探せばあります。

さらに詳しくは個別にご相談ください。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

計画
分散投資
金融
住宅購入
住宅ローン

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

2 good

為替相場が好転した際に住宅ローンの一部繰上げ返済を!

2010/09/09 07:45 詳細リンク

yusuzu様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、yusuzu様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.住宅購入時期を早期にするか、又は数年後にするかで外貨預金(円換金)相場も異なりと思いますが、既に購入物件の目途が立っているのであれば外貨預金は暫く据え置かれて変動金利型住宅ローン借入をお勧めいたします。

2.変動金利型住宅ローンは6ヵ月毎の金利見直し有りますが、現状のスタート金利は1%前後と低くなっております。

3.さらに、住宅ローン申込み時に借入期間を10年以上とすれば、ご主人さまの確定申告時に住宅ローン控除が利用可能です。

4.その後、為替相場が好転した際に住宅ローンの一部繰上げ返済をされてはいかがでしょうか。


以上

前野 稔

前野 稔
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンを組んだほうがいいです。

2010/09/09 11:14 詳細リンク

こんにちは yusuzuさん。
ファイナンシャルプランナーの前野です。

ご質問内容にある情報だけで判断しますと、外貨はそのままにして、住宅ローンを組んだほうがいいです。

現在は、ここ数年内来の円高となっています。今後の為替の予想は困難ですが、緊急でどうしてもこの資金を使わなければならない事情でない限り、しばらく外貨のままでの運用を続けて、相場を見たほうがいいと思われます。

また、今は住宅ローンは超低金利となっています。変動金利であれば、1%を下回るところもあります。外貨の運用利回りや住宅ローン控除を加味すれば、住宅ローンを借りるほうがお得かもしれませんので、シミュレーションして確認されることをお勧めします。

yusuzuさんの参考になれば幸いです。

シミュレーション
ファイナンシャルプランナー
為替
住宅ローン
ローン控除
山田 聡

山田 聡
ファイナンシャルプランナー

- good

外貨と住宅ローン

2010/09/09 11:37 詳細リンク

yusuzu様

ファイナンシャルプランナーの山田と申します。
為替の円高、住宅購入、子供の教育費用など色々な事を考えると結論がまとまらず、悩まれているのではないでしょうか。
ご相談の文面から、住宅購入後の家計、資産がどのようになるのかはっきりしないことが原因と推察いたします。
そのため、今後の必要資金を明確にしましょう。

まずは、子供の教育資金です。今後数年で、高校、大学と最もお金のかかる時期を迎えますが、その資金は、確実に用意できる円貯蓄の安全資産で確保すべきではないでしょうか。
文部科学省では私立・公立別の参考学習費を公表していますので、今後の必要資金として参考にできるでしょう。

また、住宅購入した場合、頭金と初期費用は現金で必要ですからこれらを試算し、円貯蓄からの必要金額と考えます。

これらが当面確保しなければならない円と思われます。

現在の円貯蓄から上記金額を差し引き、今後毎月の収入から住宅ローンを支払い、家計に不足がなければドル資産はそのまま保有することも可能ではないでしょうか。

最近はローン金利が低いこともあり、貯蓄とローンのバランスで悩まれる方は実際に多いです。
しかし万人に当てはまる理論はなく、その人毎に合った方法で対処すべきです。

あくまで一般論としては、住宅ローンを払いつつ投資をすることは、家計全体でみれば借金をして投資を行っている状態になりますから、住宅ローン金利以上の収益がないと効果がでません。当然投資の収益は確定していませんからリスクを抱える状態になります。

今回のご相談に関しても、為替が円安になれば、住宅ローン金利以上のプラス効果があるのではないかというお悩みかもしれません。

この考えが良い・悪いはどちらでもなく、最も重要なのは、自分の家計における許容リスク範囲内に管理することだと思います。
そのためには、今後の収支をシミュレーションすることが重要と考えます。

以上、僅かでも参考となれば幸いです。
山田FP事務所 http://www.yamadafp.com/
山田 聡

シミュレーション
ファイナンシャルプランナー
住宅購入

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
オフショアの積立投資に興味があります ひままさん  2008-09-18 12:44 回答2件
投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
投信を考えています yanchanchan2さん  2010-10-15 11:00 回答1件
変額個人年金保険について つんつんちゃんさん  2010-07-05 16:25 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)