サブドメインとSEO対策 - Webマーケティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サブドメインとSEO対策

法人・ビジネス Webマーケティング 2007/06/29 02:23

よくサブドメイン化するとSEO対策的にも効果があるといわれていますが、実際にはどんなメリットがあるのでしょうか?
デメリットもふくめ実際の効果、費用・工数など、導入にあたっての簡単なポイントを教えてください。

ERさん ( 神奈川県 / 男性 / 28歳 )

回答:8件

小坂 淳 専門家

小坂 淳
ウェブ解析士マスター

1 good

SEO的にはドメインの取得期日のメリットです

2007/06/29 09:10 詳細リンク

こんにちは。環の小坂です。

SEOは内部要因・外部要因ありますが、
その中に「取得時期が古いドメインが有利」というのが2年ぐらい前から加わっています。

ですので、もし取得5年以上のドメインがあればサブドメインの利用がSEO的にもいいと思いますが、
新たにドメインを取得するのであればあまり意味はありません。

またランクの高いドメイン傘下にいるとそのドメインのいい影響を受けますが、サブドメインの場合はさほど効果はないとおもいます。

回答専門家

小坂 淳
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)
株式会社環 取締役 副社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
谷口 浩一 専門家

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

事業戦略の一貫として

2007/06/30 00:42 詳細リンク

ERさん、こんばんは。
チームデルタの谷口と申します。
よろしくお願いします。

企業が、事業毎、サービス/商品毎、セグメント毎に、サイトをサブドメイン化することはよくあります。
しかし、多くの場合、情報のサブドメイン化戦略は、SEO対策よりもむしろ事業/経営戦略的判断に基づいて行われています。

SEO対策として見出されるメリットは、

  ・サイトを並列化することで階層が浅くなり
   クロールされる可能性が高まる

  ・階層深度が浅くなるため、ページ毎のテーマ/キーワード設定の自由度が増す

  ・それらの結果として、各ページのページランク向上が期待できる

などが考えられます。

既にあるコンテンツのサブドメイン化には、階層構造の見直し、ナビゲーションを含めたインターフェース、共通ページレイアウト変更、SEO対策の見直しなど、サイトニューアルに近い費用がかかることも予想されます。
今後予定されているコンテンツについて、当初からサブドメイン化をご計画されるほうが時間/コストに有利かと思います。

サブドメイン化されるか否かの判断には、SEO対策に加えて、是非、事業、経営戦略の一環としてサイトの分離、階層化(サブドメイン化)を捉えていただければ、マーケティングとしては、より一層の効果が期待できると思います。

回答専門家

谷口 浩一
谷口 浩一
(千葉県 / Webプロデューサー)
株式会社チームデルタ 代表取締役
043-293-2816
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

いまだにWebで成果を手にしたことがないあなたへ

あなたに他社には決してない【独自性】はありますか?それが誰が見てもわかるようにホームページに掲載されてますか?明確なターゲットの想定し、Best for me!となるシンプルで強力なベネフィットの提示し、それを裏付ければ【独自の売り】を構築できます

谷口 浩一が提供する商品・サービス

対面相談

改善した次の日から結果が出る!サイト導線改善相談(無料)

ネット広告費を増やすことなく、アクセス数も今のままで、売上・利益をアップ!


コストを最小限に抑えたいならお勧めですね。

2007/06/29 08:10 詳細リンク

サブドメインも独自ドメインと同じように優遇はされますのでSEO的には効果的だと思います。
ただしSEOの専門家によっては「IPが同一の場合効果的が弱い!」とおっしゃる人もいるのも事実です。

ちなみに私はSEOの専門家ではございませんのでベストなご回答にはならないと思いますが私なりの考えを述べさせていただきたいと思います。

サブドメインの最大のメリットは別々に独自ドメインを取得するのと違い
好きなサブドメインを自由に作れる事とコストが掛からない事ですね!

費用を最小限に済ませたいなら是非ご活用されると良いのではないでしょうか。

また効果的なサブドメインの活用方法として
コンテンツ(商品やサービス)毎に設置する事で異なるWEBサイトを公開できるため便利ですね。

サイトテーマが明確であればあるほど効果を発揮しますし、それぞれが別サイトとして認識されますから活用の仕方次第でかなり有効な手段になると思います。



それとドメインは取得日から時間が経過していればしているほど評価が高くなりますので
古いドメインをお持ちの場合は是非そのドメインを活用される事をお勧めいたします。


以上ご参考になれば幸いです。


サブドメインのSEO対策

2007/06/29 11:02 詳細リンク

こんにちは、Deep Arms Designs Co.の林です。

まず、サブドメインでのSEO対策をする場合には本サイトのコンテンツ量が多いことが重要になってきます。
本サイトがスカスカでサブドメインのSEO対策をしても、意味はないと考えます。
スカスカな状態ですと、検索エンジンでのヒット率等が落ちてくるはずです。

サブドメインでサイト構築すると、本サイトと別サイトとして登録することができて、より検索エンジンに引っかかりやすくなるメリットが出てきますよね。

費用・工数などは、新規にサイトを構築するのと変わらないと考えます。


コンテンツ量を増やしてから、サテライトサイトやサブドメインでのサイトを構築するのがキーポイントだと思います。


確かに効果はありますが、注意も必要です

2007/06/29 11:32 詳細リンク

こんにちは、鈴木@クロスウェーブです。

ドメイン内のフォルダ内にサイトを構築するよりは階層が上になるということもあり、それだけで一つの独立したサイトとして見られるという効果はあり、独立したサイト同士のリンクとしてカウントされSEO的にも有利になることもあります。

また、新規にドメインを取得する必要がないと言う点でもコスト的に抑える事ができます。
メインのドメインから派生したジャンル別のサイトとして、ドメインをブランド化できるメリットもあります。

が・・・、ひとつひとつのサイトのコンテンツが充実していることが前提にもあり、例えば中身のないサブドメインコンテンツのリンクはSPAM行為とされてGoogleからサイトが削除された事例もありますので、しっかりとつくらなければという認識ももたないと!!ですね。


諸条件が揃わないと効果は少ないとおもいます。

2007/06/29 15:38 詳細リンク

サブドメイン化がSEOに効果的なのかというお話しですが、条件が整えばと思います。

以下、私の知る情報や推察を含めたご回答になります。なお、SEOを専門に行っているわけではありません。間違いがあるかもしれません。予めご了承下さい。

外部からのリンク数が多いと、サイト評価が上がるという理由から、サブドメインを多量に取得して、リンクを貼りサイト評価を高める、検索エンジンスパムが氾濫しました。

これの対策としまして、ドメインの取得年数を考慮するという基準が導入されたと言われます。

で、今現在は、相互リンクを単純しても評価が上がらないと言われています。
リンク元の評価(品質)を見ているためだと言われています。

評価のないサイト同士を相互リンクしても評価は上がらないのです。

また、サイト評価の一つとしてサイト内のページ数があります。
サイト内のページ数が多いサイトは、情報量が多いのでサイトなので良いサイトであるという評価をするそうです。
ただし、単純にページを増やして、テキスト量が少なかったり、同一内容をコピーは、評価されないばかりか、スパムとして検索エンジンからペナルティを受けると言われています。

上記のことから、SEOだけを考えた場合

1.サイト内の特定のカテゴリーにリンクが多く評価が高い
2.その特定カテゴリーのページ数が多い

場合は、サブドメインを分けることにより効果は期待できると私は思います。

通常は、SEOのためにサブカテゴリーにするより、

1.顧客ターゲットやサービス内容によりサイトデザインを使い分ける方が、訴求力高い
2.URLをダイレクトに宣伝できる
3.リンクを貼ってもらいやすいという

が主な理由と思います。


XOOPSをサブドメインで運営し集客しています。

2007/06/30 00:48 詳細リンク

SEO的には、皆さんが仰っている通りと思います。
弊社では、自社サイトへの集客に自社ドメインの他に、別途ドメインを取得し、更にそのドメインにサブドメインを割り当てXOOPS(ズープス:ブログ風サイトの構築システム)を活用し自社サイトへの集客を実施しています。

実際の効果ですが、
GoogleAnalyticsで解析すると、
20%が上記サブドメインからの訪問であることが確認できました。

※サブドメインには、RSS配信にて関連するサイトへの発信を実施しています。

訪問してくれた方は、≒2.3ページを見て頂いているようです。
PVとしては、やや少ないかと思います。

デメリットとしては、自社サイトの更新の他にサブドメインのサイトも更新しなくてはならない為、工数がかかります。
また、サブドメインを自身で設定できるサーバーをレンタルしていますが、それらの費用が月1万円ほどかかります。

メインドメイン、サブドメイン、いずれにしても本当に有益な情報が発信できるかが効果を最大化するのではないでしょうか。


同一キーワードでの表示制限がなくなります

2007/07/05 10:24 詳細リンク

ご質問内容は既にドメインを運用していて、特定のコンテンツでサブドメインを運用するメリットはあるのかということだと思います。

まず、知っていただいてほしいのが、検索結果で同一ページ内には同一ドメインが2つ以上掲載されないという制限が設けられています。

例えば、全ページを「Tシャツ」というキーワードで最適化したとして3ページ以上が10位以内にきた場合、3つめのページは表示されません。主要キーワードではあり得ないと思いますが、自社の会社名など限定されたキーワードではよく起こることだと思います。

「楽天」で検索したときに全て違うドメインが表示されるのからもこのことが分かると思います。

さて、それがサブドメインで回避されるということは、検索ロボットにとって、サブドメインも別のドメインとして扱われていると考えられます。メインドメインへのリンクをサブドメインから貼った場合、通常のページ内リンクよりも高い評価が得られると思われます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

【SEO】アクセスの基準 twiotwioさん  2011-04-10 12:08 回答6件
メタタグ”pragma”の効果についての質問です matumatukodomoさん  2012-01-11 09:16 回答1件
SEOについて わからんチンさん  2009-01-21 18:03 回答3件
SEO ビッグキーワードで上位を獲得するには hitomiさん  2008-11-28 10:30 回答7件
SEO業者の選び方 mknさん  2008-07-11 10:51 回答12件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

直接対面でのマーケティングコンサルティング

士業の方必見!!弁護士マーケティング研究会代表の遠藤啓慈が直接コンサルします。

遠藤 啓慈

弁護士マーケティング研究会

遠藤 啓慈

(マーケティングプランナー)

その他サービス

SEO対策にあたっての自社サイト診断

インターネット集客のまず一歩はSEO対策から!

河井 大志

株式会社Smartaleck

河井 大志

(SEOコンサルタント)

対面相談

改善した次の日から結果が出る!サイト導線改善相談(無料)

ネット広告費を増やすことなく、アクセス数も今のままで、売上・利益をアップ!

谷口 浩一

株式会社チームデルタ

谷口 浩一

(Webプロデューサー)

対面相談 SEO対策面談
河井 大志
(SEOコンサルタント)