低所得の家計について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

低所得の家計について

マネー 家計・ライフプラン 2010/08/12 20:18

首都圏近郊に住む、夫(38歳)、妻(38歳)の夫婦二人暮らしです。夫の収入が激減して家計が火の車です。月収は手取り23万(残業・ボーナス・退職金なし)と私のパート代(0~5万)で何とかやりくりしています。
☆家賃・・・8万6千円(駐車代含む)
☆生命保険・・・約2万円(夫婦合わせて)
☆年金積み立て・・・1万5千円
☆通信代・・・1万2千円(固定・携帯電話)
☆光熱費・・・約1万5千円
☆食費・・・約3万5千円
☆お小遣い・・・3万(夫)2万(妻)
そのほかガソリン代や医療費など含むと手元に全く残りません。
最近は貯金を取り崩す事もあり、危惧しているところです。妻の私がもう少し稼げれば良いのですが、持病がありフルタイムでは働けません。
このままでは先行き不透明で、何かあった時に家計が破綻しそうです。
会社が業績不振らしく、給料がどんどん下がっています。夫に転職して欲しいのですが、この景気の情勢ではやはり不可能なのでしょうか。本人には言い出しにくいので、悩んでいます。もはや子供と住宅購入は諦めざるおえない実情です。
最近では経済的な事で喧嘩も増えて、このままではいけないと思いつつどうしたら良いのか判りません。

greenteaさん ( 神奈川県 / 女性 / 38歳 )

回答:5件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

ご夫婦の対話あっての家計管理。

2010/08/13 11:19 詳細リンク
(4.0)

greenteaさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

家計のしくみが急変したため、いろいろと戸惑っているようですね。また、子どもさんのことやマイホームのことなど、いろいろと願いがあってても今は一時的であってもぐっとこらえる時期なのかもしれません。

家計収支は、今の状態でほぼトントンといったところのようですね。今は家計を維持できるとしても、この先のことを考えると不安だというお気持ちはよく分かります。加えて申し上げるとすれば、不安を乗り切るためには、厳しい中でも収入を得ているご主人に感謝することも大事なことのように感じます。

貯蓄はいくらありますか。貯蓄は、転職などの思い切った転換をするときの不安を和らげるものでもあります。仮にご主人が転職の方向で考えるにしても、貯蓄をどのように取り崩すかも含めた計画が必要なようです。
「ここまでなら大丈夫。」
というものがないと、思い切った決断をしようにもできないものです。
私も過去に転職をしていますが、預貯金の額を把握して、いつまで就職活動するかを妻と対話しながら決めていたように思います。転職にあたっては、収入だけでなく仕事のやりがいや人間関係など気持ちの面も大事になってきます。結果的に今の職場がよいことだって考えられます。

greenteaさんのお気持ち、ご主人のお気持ち、いろいろとあろうかと存じます。ご夫婦でじっくりと話し合われることをお勧めします。お気持ちに合わない点がございましたらご容赦ください。

プランナー
不安
やりがい
就職
家計

評価・お礼

greenteaさん

アドバイスありがとうございました。
現在はギリギリの状態で、残念ながら貯金をするような余裕は全くありません。何か大きな買い物をしなければいけない時は、本当に困ります。貯金は結婚してから貯めたものが、90万ほどありますが、これも最近では少し手をつけてるので、少しずつ減っています。夫は独身時代に貯めた貯金があるようですが、いくらあるのか(教えないので)よく知りません。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

固定観念にとらわれていては、現状は変わりません

2010/08/13 17:04 詳細リンク
(4.0)

greentea様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。
ご主人の収入が激減して家計が火の車とのこと。

確かに、ボーナスなしで、月の手取りが23万~28万ですと、夫婦二人で暮らすのがやっとというレベルです。

また、退職金もなしとのことなので、その中から老後資金の積立もしていかなければなりません。

現状は、節約で何とかしのいでいるご様子ですが、そもそも節約には限界があります。

したがって、何とかして収入を増やす方法を考えなくてはなりません。

もちろん、ご主人に転職してもらうのもひとつの手ですが、今は、雇用環境が悪化していますので、仮に転職で今より高収入の仕事につけたとしても、非常にストレスのたまる仕事であったりして、また喧嘩になってしまう可能性もなくはありません。

ですので、「お金基準」で考えるのを一旦やめるというのもひとつの考えです。

世の中には、お金がなくても、やりたいことがやれて幸せという人もいれば、唸るほどお金があっても、孤独で不安という人もいます。

まずは、「どうなりたいか」「どうなりたくないか」をじっくりと考え、その上で「どうすればよいか」を考えることをおすすめします。

今は、情報通信が発達していますので、在宅で稼げる可能性もゼロではありませんし、やりたいことを突詰めていくと、それが収入になることもあります。

以上、何かのヒントになれば幸いです。

計画
雇用
収入
方法
家計

評価・お礼

greenteaさん

アドバイスありがとうございました。
転職はかなり厳しいようで、無理強いをすることは出来ないかもしれませんね。
夢や希望を抱いて結婚したのですが、経済的な事がネックとなるのは辛いです。本当は子供や住宅購入を諦め切れずにいるのですが、もはや贅沢を言える身分ではないのでしょうか。
家計を担っているとお金の事を抜きに出来ず、何とか解決の方法はないものかと悩んでしまいますね。

森本 直人

greentea様へ

評価・コメントありがとうございます。
かなり悲観的なようですね。
でも意識的に前向きな言葉を発していると、いつの間にか前向きな人生になるということもあり得ます。
お金は掛かりませんので、ぜひ試してみては。ご参考です。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理について

2010/08/17 08:53 詳細リンク
(4.0)

greenteaさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『最近では経済的なことで喧嘩も増えて...』につきまして、夫婦喧嘩で一番多い原因はお金に関することとなります。

ご主人様の手取り月収金額に占める支払い家賃の割合は、37.3%以上になっていますので、割合としては決して低くはありません。

首都圏近郊に在住ということですから、支払い家賃が高めになってしまうのは仕方ありませんが、家計に過剰な負担をかけないで済む適正な割合としては28%程度となりますので、greenteaさんの場合、65,000円ほどになってしまいます。

尚、他の家計支出項目を拝見いたしましたが、特に過剰と思われる家計支出項目は概ね見あたりませんので、家計はしっかりと管理されています。

ただし、お小遣いの目安は手取り月収金額の10%ほどとなりますので、ご主人様とも一度話し合っていただくとよろしいと考えます。

また、家計支出項目から過剰と思われる支出を削減することには、残念ながら限度があります。

よって、3時間前後のパートでも構いませんので、多少なりともgreenteaさんも収入を確保していただくと家計収支は大幅に改善していくものと思われます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

管理
削減
金額
夫婦喧嘩
喧嘩

評価・お礼

greenteaさん

遅くなりましたが、この度はアドバイスを頂きましてどうもありがとうございました。
経済的な問題が精神的にもこんなにも負担がかかるとは、結婚前には予測不可能でした。
独身時代は実家暮らしでしたので、恥ずかしながらこんな状況になってみて、はじめてお金にまつわる色々な事(保険や生活費、住宅など)が生活をする上でどれだけ重要かということを知りました。(これがもっと前に分かっていたら・・・と思います。)
夫はこの年齢で転職するのは「宝くじに当たるようなものなので、時間の無駄だから無理だ。」と言っているので残念ながらこれ以上は望めません。残る道は持病を押して私がもっと働くか、離婚しかないと思います。

渡辺 行雄

greenteaさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからねお金に関することで、分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

低所得の家計について

2010/08/12 22:51 詳細リンク
(4.0)

greenteaさん、初めまして。ファイナンシャルプランナーの新谷と申します。

家計状況を拝見させて頂きましたが削減出来そうな部分はずいぶんと削られていますね。保険も保障内容などを照らし合わせもう少し詳しく診断してみたいですが。

さて、現在のような経済状況ですと転職しても今より不利になる可能性もあります。思い切った家計の見直しとすれば、自動車を手放す事も考えられますが生活への影響など使用状況を把握しないうちは一慨には言えません。ただし、自動車関連支出は固定費が大きく、排気量にもよりますが駐車場・自動車税・保険・メンテナンス等などで年間30万円は削減できるのではないでしょうか。

現状では旦那さんの手取りだけで貯蓄の取り崩しの場合もありギリギリの消費支出ですが、少しずつでも家計のキャッシュフローを改善していきましょう。

保障
保険
家計
診断
家計見直し

評価・お礼

greenteaさん

この度はアドバイスを頂きまして、ありがとうございました。
保険ですがあまり細かい事は書けませんが、2万のうち医療保険(入院や通院)と生命保険(死亡保障)がおおよそ半分ずつになります。保険会社は保障内容によって、複数の保険会社に加入しています。
自動車ですが、駅からとても不便な所に住んでいるため、必需品となっています。駅から近ければ手放すことも可能かもしれませんね。今は金銭面でそういった事(引越し)も難しいのが現状です。

新谷 義雄

新谷 義雄

ご評価有難うございます。やはり自動車の売却が難しい状況でしたか。他にもお小遣いなどの中から代替策を講じれば削れる項目もあると思います。経済的な余裕が無いぶん、思い切った改革ができるでしょう。また、年金積立などの方法も手を入れれるのではないでしょうか?
確定拠出年金でしたら掛け金全額所得控除です。運用中の運用益にも非課税ですので。ほんのわずかな支出の削減から初めて行きましょうか。

永野 修

永野 修
ファイナンシャルプランナー

- good

夫婦で悩みを共有する必要があるのでは?

2010/08/12 23:39 詳細リンク
(4.0)

greenteaさん はじめまして
株式会社FPフェアトレード・ジャパンのファイナンシャルプランナー永野です。

お金の問題はこころの問題をテーマにコンサルタントをしております。
経済的なことで喧嘩増えているというのは精神的にきついですね。



貯蓄の額など詳しいことがわからないので一般的なお答えになってしまいますが、
家計を立て直すときの方法は大きく分けて3つになります。

(収入ー支出)+投資=貯蓄


3はおいといて


1,収入を増やす

奥様が持病で勤務できないということなので難しいですね。
旦那さまの転職の件ですが、なにか専門職であったりなら可能性もあるかもしれませんが
今の経済状況と再就職活動は厳しい情勢です。


2,支出を削る

気になるのは年金積み立てと夫婦のお小遣いです。
年金の積み立ては個人年金保険でしょうか。
将来への投資は素晴らしいことですが、今生きるのに不安が生じている段階で
未来の心配は必要でしょうか。
状況が良くなってから再開されるのも1つの手ではないでしょうか。


お小遣いの件ですが、なにか工夫をしていますか。
例えば、旦那さまの昼食は奥様がお弁当を作ったり、もしたばこを吸われるようなら禁煙する などです。


お金のことで喧嘩するのは精神的に非常につらいことです。

できることなら旦那さまと一緒に家計を考えて創意工夫されるといいのではないでしょうか。
旦那さまのお小遣いなどを攻めると余計喧嘩が増えてしまいそうな気がしますし、
お互いを中傷して喧嘩がさらに多くなりそうな気もします。

旦那さまが理解してくれないなら夫婦で信用できるファイナンシャルプランナーと
一緒に解決方法を相談されてはいかがでしょうか。
理解してくれるかもしれませんよ。


greenteaさんと旦那さまが協力してこのピンチを乗り越えて
幸せになることをこころから祈っております。

補足

キャッシュフロー表なども作っていないのでこころの問題を中心に書かせて頂きました。

家計で何かの項目を削るときは精神的に負担度が少ないところを優先してください。
家計見直しは一時的ではなく継続的にできないと効果がないです。

ファイナンシャルプランナー
不安
個人年金
家計
マネー

評価・お礼

greenteaさん

アドバイスありがとうございました。
年金ですが、個人年金保険です。夫が独身時代に加入したものらしいのですが、1万5千円近いので結構家計に響いているな、と感じています。自分たちの世代では年金が貰えるか分からないので、予防策らしいですが、この収入ですと払うのも厳しいです。
これ以上は家計を減らすのも限界があるので、収入を増やすしかないのですよね。

永野 修

永野 修

評価頂きましてありがとうございます。

不安、恐怖、失望と様々な気持ちがあると思います。
今を生きてはじめて未来が開けます。

奥様の持病がどんな病気かわかりませんが、健康が1番大切です。
ご自愛ください。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と住宅購入について l185sgbvfさん  2010-06-22 07:50 回答12件
生活費が足りません ジーンさん  2009-04-12 13:12 回答4件
ライフプランと貯蓄 shion35さん  2011-10-21 18:15 回答3件
家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)