会社の分割について - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

会社の分割について

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2010/08/03 05:45

現在、事業の引き継ぎを考えている経営者です。
実は株価が相当の額になっており、後継者が私の持つ株を買い取る資金が用意できません。
今の会社を分割して株価がこれ以上上がらないようにすることができると聞きました。
そこで、別会社を立ち上げて分割し、そこにコア事業を移し、そこで後継者が代表者となり経営を行います。 そうすると、元の会社の株価は後継者が買える値段まで下がるというものです。
この場合、どのような手続きを踏めばよいでしょうか。
アドバイスの方よろしくお願いします。

pasha-aさん ( 神奈川県 / 男性 / 80歳 )

回答:3件

会社法の他、様々な法律に注意。

2010/08/03 11:34 詳細リンク

pasha-aさん
こんにちは。税理士の大黒崇徳です。

会社分割とは、会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は
一部を他の会社に包括的に承継させるM&Aの一手法です。

ケースにより保有資産の含み損益を計上できますので、
株価を下げることもできます。

一般的な会社分割の手続きですが、
分割会社(元の会社)側の流れは下記のようになります。
(分社型分割を前提とします)


1.取締役会 分割計画書作成
2.株主総会 分割計画の承認
3.債権者保護手続き
4.会社分割登記


通常、最短で2ヶ月程度を要しますが、
承継債務がない場合または承継債務を分割会社が連帯債務とする場合は
債権者保護手続きが省略でき、1ヶ月以上短縮することが可能です。

そのほか、許認可が必要な事業の場合は、
新会社において新たに許認可が必要となったり、
金融機関の借入などがある場合は事前に内諾をとったり、
労働者の承継についても法的手続きを踏む必要があります。

会社の事業承継には、金融機関からの事業承継支援資金や
相続税贈与税の納税猶予制度もありますので、
さまざまな選択肢から最善の方策を検討されてはいかがでしょうか。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

事業承継
会社分割
M&A
贈与税
相続税

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

大黒たかのりが提供する商品・サービス

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

対面相談

相続税が心配!相続税の相談、税額試算サービス

相続税増税に備え、現状把握することは非常に重要です

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
柴崎 角人

柴崎 角人
行政書士

- good

許認可の承継が必要なら

2010/08/05 10:51 詳細リンク

pasha-a様、はじめまして、行政書士の柴崎と申します。
事業承継のひとつのスキームとして会社分割をお考えとのこと。

事業の内容や承継後の体制をどう構築するのかにより、どのような手法で進めていくのか検討することになると思います。

私の分野で言えば、許認可関係の承継が必要な場合には、スムーズに移行できるよう管轄官庁と事前に打ち合わせすることをおすすめいたします。

事業
会社
許認可
事業承継
会社分割
井本 須美尾

井本 須美尾
司法書士

- good

会社と株価

2010/08/09 09:32 詳細リンク

司法書士の井本です。

ご相談者様のこの説明だけでは断言できませんが、会社分割をしても通常の分社の方法では分割元の会社(以下、元会社と呼びます)の価値の総量は変わらないので、株価が下がるということはありません。

また、旧法における人的分割と同様の方法を採れば、元会社の時価総額を下げることはできますが、ご相談者様の分割先会社(新会社と呼びます)の株が増えてしまうため、後継者はその株式も取得しなければ、本当の意味で経営権を掌握したとはいえないでしょう。

結局、総量の絶対値が変わらない以上、会社分割の方法だけでは、後継者の方の取得総額を下げることはできないと思われます。

当事務所のウェブサイトで会社分割に関する概略を説明したページがありますので、ご参考にしていただければ幸甚です。

補足

分割するコア事業を、他企業に分割・売却(承継分割)すれば元会社の時価総額は下がるでしょうが、それでは残った元会社は残骸のようなものなので、今回のご相談者様のご希望には沿わないでしょう。

会社
会社分割
価値
株式
方法

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

債務超過の解消方法 ruisさん  2008-11-13 10:50 回答1件
2つある会社を1つに はる0713さん  2013-09-09 11:01 回答2件
会社の資金繰りと借入金の額 umakichiさん  2009-11-02 08:25 回答1件
後継者を、血縁ではなく社内実力者へ変えるべきか 専門家プロファイルさん  2008-03-28 14:01 回答2件
廃業手続きについて 虎の巻さん  2014-06-14 15:08 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)