翻訳事務所設立についてです。 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

翻訳事務所設立についてです。

法人・ビジネス 独立開業 2010/08/02 21:29

近々翻訳事務所を立ち上げようと考えております。
会社という大げさなものではなく、自宅でできる範囲のものを考えています。
これは私の身一つで活動するもので、人を雇うことは今のところ考えておりません。その際、立ち上げに関してどこかの機関に申告をするべきなのでしょうか。
また何か留意点などありますか?
よろしくお願い致します。

naheさん ( 北海道 / 女性 / 29歳 )

回答:1件

今林 浩一郎

今林 浩一郎
行政書士

12 good

翻訳業を開業するのに登録や届出は不必要

2010/08/03 09:50 詳細リンク
(5.0)

通訳案内士法36条は「通訳案内士でない者は、報酬を得て、通訳案内を業として行ってはならない」と規定しており、通訳案内士は法律上独占業務です。一方、翻訳業は、民間団体が実施する翻訳検定(JTFほんやく検定・TQE等)はありますが、翻訳業法なるものは存在せず、法律上独占業務ともされていないので、公的機関への届出や登録なしに開業できます。

ところで、通訳案内士法2条は、「通訳案内士は、報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。以下同じ。)を行うことを業とする」と規定しますから、それ以外のビジネス通訳等は翻訳業と同じく公的機関への届出や登録なしに就業できます。

もっとも、業務情報や仕事紹介のためにJTF(日本翻訳連盟)等の同業者団体に会員として登録している翻訳者も多いです。また、JGA(日本観光通訳協会)やJFG(全日本通訳案内士連盟)等は通訳案内士の登録会員に翻訳の仕事を紹介することもあります。

検定
登録
開業
法律
業務

評価・お礼

naheさん

アドバイスどうもありがとうございました。
とても参考になりました。
少しずつ細々とやっていこうと思います。

今林 浩一郎

今林 浩一郎

成功をお祈りいたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

アクセサリーブランド設立での事業形態 onelovemamaさん  2011-07-26 21:18 回答1件
法人設立前の経費について kenji000さん  2011-06-22 06:25 回答1件
会社設立後の社会保険の扶養について zuzuさん  2008-01-25 14:03 回答1件
外国企業の代理店契約について hsitehisyさん  2015-10-30 17:27 回答1件
日韓の輸出入 tomopicaさん  2015-01-22 22:07 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)