繰り上げ返済について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繰り上げ返済について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/29 16:21

繰り上げ返済するべきか、アドヴァイスよろしくお願いします。
H19年4月に 変動1.275% で1600万 月々41540円 ボーナス104099円 で30年 固定2.2%で 600万 月々20000円 ボーナス110000円 で25年で借りております。
固定のほうの残金が480万円くらいになっていて、およそ貯蓄を下ろすとそれくらいの額は返せそうな状態です。でも返すと夫婦あわせて貯蓄が100万くらいになってしまいます。繰り上げ返済するのはどちらのローンがよいでしょうか?またタイミングはどんな感じでしょうか?ものの本とかですと控除10年(15年)受け終わってから繰り上げすればよいと書いてありますが・・・・ 当方40歳 共働き 子供二人(5歳 1歳)です。よろしくお願いします

サリューさん ( 岩手県 / 男性 / 40歳 )

回答:6件

沼田 順 専門家

沼田 順
ファイナンシャルプランナー

- good

手元資金は200万円程度は準備しておいた方が安心です

2010/07/29 16:47 詳細リンク
(5.0)

初めまして。公庫出身のCFP、沼田と申します。

まず現在の借り入れを拝見する限り、トータルで有利な金利での借り入れと感じます。

固定での繰上返済をご検討のようですが、固定2.2%はかなり有利な金利で
変動金利が若干高く、また残高もバランスがとれていないことから、
むしろ固定ではなく、金利変動リスクのある変動を繰上返済されるほうが
よろしいのではないかと感じます。
変動を期間短縮で25年程度まで、固定と揃えられるのが理想です。

また調度1本ローンを消せるというお気持ちは良くわかりますが、
そこから繰上返済額を計算するのは危険です。

特にお子様もいらっしゃいますので、200万円程度は残されていた方が
よろしいのではないかと感じます。

なお、控除期間まで待つ必要はありません。
繰上返済は早ければ早いほど利息軽減効果が大きいからです。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

沼田 順

効果
期間
控除
返済
ローン

評価・お礼

サリューさん

ありがとうございました。安易にローン1本にしたくて考えてました。変動は0.5%あがるだけでもかなりリスキーなんですね。変動から返済する予定です。

沼田 順

高評価、ありがとうございました。

ちなみに8月のソニー銀行は固定金利引き下げの原資にするためかどうかわかりませんが
変動金利を上げて、固定金利を引き下げています。

それでも2.2%という水準までは固定金利は下がっていません。

金利動向を勘案しながら、効果的な繰上返済を行っていって下さい。

なお、私のブログで今後の金利動向等を解説しており、ご好評を頂いております。
よろしければ、繰上返済される際の参考になさって下さい。

住宅ローン、不動産アドバイスブログ
http://cfpnumata.blog130.fc2.com/

沼田 順

回答専門家

沼田 順
沼田 順
(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済について

2010/07/29 16:54 詳細リンク
(5.0)

サリューさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『繰り上げ返済するのはどちらのローンが良いでしょうか?』につきまして、ミックス型で住宅ローンを組んでいる場合に繰り上げ返済を行う順番としては、ローン金利の高い方を優先して返済することになります。

ただし、繰り上げ返済を行った場合、預貯金が100万円ほどになってしまうとのことですから、毎月の貯蓄金額にことや今後、少なくとも三年程度に予定しているライフイベントやそれにかかる費用分は預貯金としてのこしておくようにしてください。

また、いざというときの緊急予備資金として給料の2ヶ月分程度は別途、残しておくようにしてください。

サリューさんの場合、ご夫婦共働きということですから、お子様方が保育園に行っている間は保育料などが結構かかってしまっているのではないかと思われます。

よって、繰り上げ返済を行った後の手元資金にある程度の余裕を持たせておくことをお勧めします。

奥様ともよく話し合ってから、決定していただくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
イベント
給与
金額
住宅

評価・お礼

サリューさん

やはり埋蔵金は少しでも残しておくべきなんですね ありがとうございました

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

築地 聡

築地 聡
保険アドバイザー

1 good

リスクの高いものから先に返済しましょう。

2010/07/29 17:33 詳細リンク
(5.0)

サリューさん、はじめまして。
やさしいお金の教室(合)エムズアイ広島の築地と申します。
http://www.supremehiroshima.com/MSI/

繰上げ返済については固定金利のものからされるのではなく金利上昇リスクのある変動金利のものからされるべきだと思います(今の変動金利ローンの金利がもし仮に1%上がったとすると月々の返済額は約6,000円上がりボーナス払い分は約16,000円上がります。2%だとその倍です。)。そうした金利上昇リスクに備える為にも繰上げ返済によって残債を減らしておくべきだと思います。

また変動金利の返済期間はサリューさんが63歳のときまで残っていますので繰上げ返済で期間短縮されると良いでしょう。

繰上げ返済後の預金残高につきましては緊急予備資金(イザという時のお金)として会社員の場合は生活費の6か月分(月の生活費が30万円だとすると緊急予備資金は180万円)を残すのが一般的です。

例えば今、480万円のうち80万円を残し今の貯蓄残高100万円と合わせて180万円を緊急予備資金として口座に残し、400万円の変動金利ローンの繰上げ返済をされたとしますと、約99回(8年)分の期間短縮が出来ますので老後にローンが残る事もなくなりますし、繰上げ返済による金利節約効果は約130万円になります。

住宅ローン控除の事もありますが、繰上げ返済の効果は早ければ早いほど効果が大きくなりますので、サリューさんの今後数年のライフプラン上にお車の買換えなど大きな買い物等がなければ、すぐにでも繰上げ返済をされると良いと思います。

また住宅ローンだけでなく貯蓄や保険、ローンの最適化といった総合的なライフプランの相談を信頼出来る専門化に相談されることをお勧めします。

サリューさんのご参考になれば幸いです。

補足

住宅ローンは20~30年といった長い期間で返済していくものです。そうした今後の長い期間の中では金利が1%や2%が上がることなどザラにあることだと思います。

預金
返済
住宅ローン控除
住宅ローン
ライフプラン

評価・お礼

サリューさん

1%だけでもこんなに違うんですね。非常に参考になりました。ありがとうございました

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

手持ち資金の減少は・・・・

2010/07/29 17:47 詳細リンク

はじめまして、サリューさん。
FP事務所 マネースミスの吉野裕一です。
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/


確かにローンがあると苦に思うかも分かりません。

しかし、返済を焦って手持ち資金が少なくなり、何かあったときに対応が出来なくなってしまうより、ある程度余裕な気持ちを持っていかれる方が良いと思います。

固定金利のものを全額返す事だけではなく、まず手持ち資金の確保をしておいて、余裕なお金を繰上返済へ充てられると良いと思います。

ボーナス払いのローンを減らしておかれるのも、ひとつの方法です。

私も控除を受けられる間は、無理に繰上返済をせずに還付金なども控除が終わる時期まで貯めておく事をよく勧めます。

お子様が大きくなるにつれて、お金もかかるようになってきます。

長期的に安心できる計画を立てられると良いでしょう。

長期
控除
返済
ローン
マネー
前野 稔

前野 稔
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り下げ返済は早めにコツコツと

2010/07/29 18:28 詳細リンク
(5.0)

こんにちは サリューさん
ファイナンシャルプランナーの前野です。

繰上返済は一般的に早いほうが得です。ローン控除の適用期間中は繰上返済を控えるような考え方もありますが、早期繰上による利息削減効果のほうが高くなります。

ただし、いくら繰上返済するかが悩ましいところですね。
一般的には、6か月分の生活資金を残して、その他の余裕資金を繰上返済する方がいいです。
現在共働きで収入も安定しているようですので、それ以上の貯蓄分をこまめに繰上していけばいいと思います。

変動と固定のどちらを先に返すかについては、まだ、ローンを組んで3年ほどしか経過しておらず、25年以上先まで変動金利がこのまま続くとは思えません。金利上昇のリスクを考慮すれば、変動型のローンを繰上返済するほうがいいです。

サリューさんの参考になれば幸いです。

余裕資金
返済
収入
ローン控除
資金

評価・お礼

サリューさん

リスキーな方を先に返済することにします ありがとうございました

前野 稔

前野 稔

このたびは高評価頂きありがとうございます。

現在借り入れされている金利は低くなっていますので
繰り上げ返済を急ぎすぎて手元資金が少なくなるよりも
すこし余裕を持ってするようにしてください。

西垣戸  重成

西垣戸  重成
不動産コンサルタント

- good

ライフプランと合せてご検討ください。

2010/07/29 18:39 詳細リンク

サリューさんはじめまして。住まいのコンシェルジュの西垣戸 重成と申します。


本来、一部繰上げ返済や一括返済の金額とタイミングは、ライフプランを考慮する必要があります。


各ご家庭によりライフプランに違いがあり、定石が当てはまらない場合もあり得ます。


特に、お子様がお2人いらっしゃることからこれからの預貯金可能額も考慮の上で、繰上返済の金額や時期を計画することが大切です。


どのような検討が必要なのかは、下記のコラムをご参考にご覧ください。検討すべき要素をご確認いただけると思います。


参考コラム:http://eye-plus.verse.jp/karikurisupport.html


以上、簡単でございますがご参考となれば幸いです。

確認
ライフプラン
返済
貯金

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

繰り上げ返済 サリューさん  2010-08-27 16:13 回答6件
繰り上げ返済について サリューさん  2010-07-30 08:46 回答2件
家を賃貸で貸す場合のタイミングとリスク 川崎さん  2009-10-19 12:58 回答1件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)