杭基礎について。 - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

杭基礎について。

住宅・不動産 新築工事・施工 2010/07/28 13:27

現在、北海道にて工務店に依頼し、新築戸建て2階建て住宅(木造軸組・布基礎・総床面積150m2)を建築中です。
土地は、畑を造成・分譲して約40戸の住宅を建てています。
昨日、布基礎下を支えるH型PC杭(200×200)8.5mを35本打っている現場を見学しました。
杭打ちの作業内容として、杭打機で穴を掘り、その穴に杭を打ち込んでいき、杭打機先端が地面に届いた所でアダプター(!?)を杭と杭打機先端との間に割り込ませて基礎高分(!?)を地中に埋め込み、立ち会っている作業員が杭打機先端を真横から見て杭打機先端が地面に着いた所で「ストップ!!」と声を掛け重機の打ち込みを止めていました。
私的には、支持層(杭がこれ以上入らない所)まで杭を入れるものだと思っていたのですが、実際の現場では作業員が声を掛け重機の杭打ちを止めていました…。
これって、杭が支持層までたどり着いていない様に思うのですが…今後、何十年ものあいだ家を支える杭として大丈夫でしょうか?
個人的には杭打ち作業を見て、「ずいぶん最後まで簡単に杭が入っていくなぁー」という感想でした。
また、工務店の建築士との打ち合わせの時にも私の「支持層まで杭をいれるんですよね!?」との質問に「はい。」という返答もらっていました。
ちなみに杭自体、摩擦杭ではない様に見えたので尚更不安になりました…。
アドバイス宜しくお願いします。

補足

2010/07/28 13:27

補足として、依頼している工務店は「瑕疵担保保険」にも加入しています。
私的杭打ち作業のイメージとしては、これ以上入らない所まで杭を打ち込み余った杭頭を切断して合わせると思っています。

おとーさん ( 北海道 / 男性 / 44歳 )

回答:1件

基本的には問題ありません

2010/07/28 14:16 詳細リンク
(5.0)

住宅にしては、ずいぶん珍しい杭ですね。
関東あたりでは、柱状改良や細径鋼管杭などがポピュラーです。
調べたところ、H型の杭で摩擦抵抗と先端抵抗で支持する杭のようです。
H型の為に摩擦効果が丸型より大きくみれるそうです。
支持杭ではなく摩擦杭に属します。

もともと木造住宅は、建築物としては軽いものです。
木造住宅の重量が地中に及ぼす影響は、基礎下で最大5mくらいと言われています。
ですので、支持層まで杭を打つような事はほとんど見ません。

支持層まで杭を打つにはボーリングで地盤調査しなくては
いけませんが、木造住宅としてはそれだけでもオーバースペックです。

支持層とはN値50の層が5m続く事が確認できる場所で相当深いです。
支持層の深さが10m程度でも、支持杭1本打つだけで40万くらいかかり住宅基礎
としては非現実的です。

35本も打つということは、それだけでも摩擦杭と考えられます。
認定をうけているやり方だと思いますので、問題ないと思います。

ちなみに、不同沈下は瑕疵保証としてはオプションになります。
(入らなくても良い)
ただ、杭を打つ場合は杭屋さんが当然保険をかけています。

杭屋さんよりもきちんと説明できなかった工務店さんがいけないですね。

補足

支持層の意味合いをちょっと違う形でつかっているみたいですね。
用語としての支持層ではなく、「固い地盤」程度の意味みたいです。
(地盤調査もサウンディングのようなので)

固い地盤としての「支持地盤」を使うことができればさらに効果がある、
というような記述ですので、基本は摩擦系の地盤改良杭です。

地盤調査
地盤
木造住宅
基礎
保証

評価・お礼

おとーさん

丁寧な返答ありがとうございます。
摩擦杭としての役割もあったんですね!?
とても安心しました。
家を建てるのに一番大切な場所が基礎だと思っているので、とても不安になっていました…。
「支持層」の用語も勘違いしていた様です。勉強になりました。
ありがとうございました!

小松原 敬

地盤と基礎はとても大事ですが、気になっていても具体的にどうすればってわからない事が多いですね。おとーサンのように勉強されているのはとてもいい事だと思います。
きっと良い家になると思います。
私もおかげで新しい商品知識を手に入れる事ができました。こちらこそありがとうございます。

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
(神奈川県 / 建築家)
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

小松原 敬が提供する商品・サービス

メール相談

新築・増改築の疑問にお答えします

専門的な知識をもって計画しましょう

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

変形土地への建設と法的な問題について 1971takaさん  2010-08-03 12:20 回答5件
断熱の効果について 優柔不断中さん  2013-11-25 00:19 回答1件
よう壁に空けられた穴について てょこさん  2011-03-27 08:44 回答2件
新築なのにお風呂が揺れる 3104さん  2012-01-08 00:26 回答2件
冬の建築工事について 雅佳さん  2009-11-06 07:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)