延長雇用をお願いすべきか悩んでいます - 老後・セカンドライフ - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

延長雇用をお願いすべきか悩んでいます

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2010/07/28 12:30

40年近く勤めてきた会社を、来年の春で定年を迎えるのですが、延長雇用をお願いすべきかどうか悩んでいます。
山登りや写真の趣味があり、定年後は今まであまりしてこられなかった分、趣味の道を究めようと考えておりましたが、妻や子供たちは「まだまだ若いんだから働き続けた方がいい」と盛んに働き続ける事を希望します。延長雇用をすべきか否か、経済的な面含めたメリットデメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

延長雇用について

2010/07/29 09:46 詳細リンク

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『延長雇用をすべきか否か...』につきまして、私の場合、ファイナンシャル・プランナーということもあり、たくさんの方のライフプラン設計に携わっていますので、例えば、晩婚だったために定年後も教育資金が必要ということもあり、雇用延長を考えている方もいますし、逆に、住宅ローンも既に完済してしまい、老後資金もあと数年で貯められるので、それに合わせてアーリーリタイアメントを予定している方もいます。

また、60歳で退職して、今までできなかった趣味の世界に没頭する計画を立てている方もいます。

尚、リタイアメントをする時期を決定するにあたって、お考えいただくこととして、
・老後資金のこと。
・趣味やライフワークなどの生き甲斐。
などを、明確にしたうえで、リタイアメントの時期を決定するようにしていってください。

老後資金につきましては、年金と貯蓄を合わせて、60歳で退職して十分な資金を見込むことができるかどうかを確認してみてください。

具体的には、老後の基本生活費は毎月幾らくらい必要なのか、また、老後のライフイベントや費用なども予め見積もっておき、さらに、老後に見込むことができる年金などの収入や預貯金などで、老後の生活に支障をきたすような心配がないかどうかを把握しておく必要があります。

尚、ファイナンシャル・プランナーなどの専門家にアドバイスを求めてもよろしいと考えます。
多少費用がかかってしまいますが、費用に見合うだけの十分な成果を得られると考えます。

また、既に趣味をお持ちなので大丈夫だと思われますが、ご夫婦間においてもお互いのことを尊重しあう必要があります。

よって、定年退職した後から、急に奥様と旅行がしたいなど言い出しても、奥様にとってはいい迷惑になってしまうこともありますので、そのような点はご夫婦でよく話し合っておく必要があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
イベント
老後
定年退職
定年

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

延長雇用をお願いすべきか悩んでいます

2010/07/28 14:04 詳細リンク

All About ProFileさん、初めまして。ファイナンシャルプランナーの新谷と申します。

ご相談者さまの老後のライフプランにあたり、趣味に費やす時間、お金の面での不安、健康で働けるうちは・・・など様々な要素からご自分にピッタリのリタイアメントプランを設計したいですね。

定年後はフルタイムで勤務しなくても「高年齢雇用継続給付金」「在職老齢年金」「年金」受給予定を勘案して無理のない勤務にして貰い、趣味に費やす時間を創るのが良いのではないでしょうか?

継続勤務

メリット

継続的に収入ができ、年齢による収入の低下は一定額は高年齢雇用継続給付金で補填して貰える

デメリット

年金が減らされる可能性がある(在職老齢年金)安定したライフプランが組みにくく、再び就職する時にも雇用環境により難しい場合もある

などでしょうか。個人的には勤務を削り、60歳以降の低下した収入を雇用保険の「高年齢雇用継続給付金」で補う・・・。その後に体力面、趣味への注力を勘案して65歳以降をメドにリタイアしていく のが生活サイクルの変化に対する負担も少なく良いのではないでしょうか。

ご不明な場合はねんでもご相談下さい。

趣味
就職
高年齢雇用継続給付
雇用保険
健康

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

老後のペットで悩んでいます 専門家プロファイルさん  2010-08-04 15:43 回答2件
老後の備えはいつから? 専門家プロファイルさん  2010-07-21 17:56 回答6件
子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
現在の資産で私の計画は可能でしょうか。 さかえさん  2013-12-21 21:46 回答1件
老後の住宅について心配があります 専門家プロファイルさん  2010-08-31 16:05 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)