生命保険 - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

生命保険

マネー 生命保険・医療保険 2007/06/23 10:49

はじめまして、生命保険についておたずねします。
夫37歳、私35歳、結婚2年目で子供はいません。
昨年の10月に夫の生命保険に加入しました。
積み立て変動利率型終身保険で払い込み終了が65歳、死亡保証1000万円です。月々約27000円払っています。
掛捨ての保険は勿体無い気がしたので、積み立て型にしたのですが、1000万円の死亡保障額ではどうも少ない気がしています。だからと言って、補償額をあげると月々の支払い額が多くなるのでどうしたものかと思っています。
掛捨て型で死亡保障を多くした方が良いのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

くみなさん ( 埼玉県 / 女性 / 35歳 )

回答:5件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

積立変動利率型終身保険について

2007/06/23 16:00 詳細リンク

くみなさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご主人様が加入した積立変動利率型終身保険につきまして、確かに掛け捨てではもったいないというくみなさんの気持ちは分かりますが、あまりにも予定利率が低いため、保険と資産形成は別々に考えてください。

生命保険につきましては、むしろ死亡保障と割り切って掛け捨てに加入していただくことで、月々の負担は軽く済みます。

また、死亡保険に幾ら掛けるかにつきましては、くみなさんも働いているのでしたら、ご主人様に万が一のことがあっても、ある程度の収入を見込むことができますので、過剰な保障は必要はないと考えます。

逆に家事に専念しているようでしたら、もう少し保障金額を増やしてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
大村 貴信 専門家

大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険について

2007/06/24 00:35 詳細リンク

くみな様

はじめまして、給付に強いFP大村貴信ともうします。

くみな様の場合は、保険加入の目的を明確にすることです。旦那様が万が一無くなった時の保障と老後の資金や緊急予備資金の優先順位を決めることです。

変動利率終身保険を選択されたということは、上記の場合に有効な商品と思われます。

もし死亡保障が現在ので足りているか否かが不安だとすると「必要保障額」をきっちり把握されていないからと思います。

是非とも一度「必要保障額」、一体いくらあったらご主人様の万が一の時に今後の生活が保障されるのか?を確認してみてください。きっとすっきりし、優先順位を決めてご安心できる保険をもつことができると思います。

回答専門家

大村 貴信
大村 貴信
(ファイナンシャルプランナー)
イーエフピー株式会社 ファイナンシャルプランナー、相続FP

保険の目的は給付をもらうこと。だから一生のお付き合いをしたい

「保険は人間の気品の源泉である」と福沢諭吉先生が「西洋事情」という著書で紹介された保険は、誰かの役に立つ・愛のある商品です。貴い真心とゆうきをもって夢に向かってお客様と一緒に保険を設計してまいります。

大友 武

大友 武
ファイナンシャルプランナー

2 good

積み立てタイプのメリット、デメリット

2007/06/23 22:21 詳細リンク

初めまして。ご質問いただき、ありがとうございます。

現在、貯蓄タイプの保険に加入されていますが、本当にそれでいいのか、ご不安のようですね。

貯蓄タイプの保険のデメリットは、同じ保障額ですと掛け捨てタイプより掛け金が高くなり、同じ掛け金ですと掛け捨てタイプより、保障額が低くなることだと思います。

それに対して、メリットは、しらないうちに見えないところにお金が貯まるという点だと思います。
これは、掛け捨てタイプには無い特徴ですね。

商品にはいろいろな特徴がありますので、それだけを見るのではなく、必要保障額を確認していくことが最初に重要なことだと思います。

必要保障額を計算しました上で、その保障額を満たし、今より掛け金が下がり、掛け捨てでないという状態であれば、いかがでしょうか?


何を求めるのかによって考え方が異なります

2007/06/23 14:24 詳細リンク

くみなさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
CFPの古井佐代子です。

昨年加入された生命保険は、どんな目的で加入されたのでしょうか。
掛け捨てはもったいないと考えられたようですが、27,000円×12ヶ月×30年=972万円で、受け取る金額が1,000万円です。
満期まで30年掛け続けたとして受け取る金利が28万円、年間1%にも満たない金利です。
私は基本的には、死亡保障と貯蓄性は分けて考えられることをお勧めしています。

死亡保障1,000万円が多いか少ないかは、ご主人のお仕事、奥様のお仕事、将来のお子さまの予定、持ち家かどうか、等により異なりますので、一概に申しあげることはできません。


今後のライフプラン

2007/06/24 11:32 詳細リンク

くみなさんへ

はじめまして、マネー&ライフクリニックの角間 光伸です。積み立て型の保険を加入していらっしゃるとのことですが、今後、出産や育児休業の取り方、収入の予測、住宅などライフプランをどう建てるかで保険の加入の仕方は変わってきます。今現在ご主人が37歳とのことですが、歳を取るにつれて健康状態が悪くなり、保険に加入しづらくなっていくので、もし、今後5年以内くらいに出産を考えていらっしゃるのであれば、今のうちに25年間くらいの掛金の安い掛捨ての保険に加入しておいても良いかもしれません。また、お子さんがお生まれになった場合、お子様が大学を卒業される頃に、ご主人が退職される可能性が大きいので、老後の資金作りなども一緒にトータルに考える必要があります。一度ライフプランニング、保険について専門家に相談されて見てはと思います。ご参考になれば幸いです。

マネー&ライフクリニック 角間光伸

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

独身の高度障害への不安 あんどさん  2012-05-01 14:17 回答3件
AIGエジソンのドル建終身保険ってどうですか? matya41さん  2010-10-28 21:30 回答3件
鶏白湯 鶏白湯さん  2013-01-16 00:38 回答1件
夫の生命保険の更新について たかやさん  2010-07-16 15:26 回答3件
結婚後の生命保険と医療保険について ミシェル9176さん  2014-07-06 23:54 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)