貯蓄はいくらあれば安心? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貯蓄はいくらあれば安心?

マネー 家計・ライフプラン 2010/06/30 17:56

現在、ほとんど貯金が無い状態です。
これから徐々にしていくつもりなのですが、一体どの程度あれば一般的な暮らしが出来るのでしょうか?
例えば、子供が生まれるまでにいくら貯金があった方が良いとか、老後のための貯金はいくらか等、ある程度の目安があれば計画が立てやすくなりますので、教えてください。

ereereerekさん ( 茨城県 / 女性 / 25歳 )

回答:5件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

将来計画の中でご確認されるようお勧めします。

2010/06/30 21:50 詳細リンク
(5.0)

ereereerek 様

初めまして、ライフ・プランと資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

一般的な貯蓄額というものは無く、夫々の生活スタイルとライフイベントによって異なります。家計調査による貯蓄額のデータを掲載します。

これから貯蓄を始められる方への目標値としては

1.年間の収入の10%~20%を貯蓄に回されることをお勧めしています。

2.ファーストステップの目標額としては、
毎月の生活費×6ヶ月+今後1年間で予定している大口の支出(例えば旅行や家具の購入など)を
生活準備金として何か不足の事態があったときのために普通預金と1年物の定期預金にて貯蓄されるようお勧めします。

3.結婚資金
結婚資金をお考えの場合には、200万円前後が一つの目標になります。

4.住宅を購入するご予定があれば、頭金として物件価格の20%~30%貯蓄されることも目標になります。

5.お子様の学習費進路により異なります
幼稚園から大学まで効率で進まれるとお一人約1000万円といわれますが、中学から私学に進めば約1800万円以上になります。

5.老後資金は高齢世帯(65歳以上)の貯蓄額約2400万円が一つの目処になります。
ただし、夫々の生活スタイルにより、金額は大きな幅が出ます。
老後の生活費不足を補う資金は幾ら有れば良いのか
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/c/c-12967/


このように、どのような夢や希望が達成したいのかで、資産形成が異なります。
宜しければ、ご自身で将来計画(ライフプラン)を作成されては如何でしょう。
作成方法は下記をご一読ください。
イベント表の作成について
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/c/c-16087/

キャッシュフロー表の作成
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/c/c-16088/

老後
住宅
資産形成
結婚資金
ライフプラン

評価・お礼

ereereerekさん

ご回答いただき誠にありがとうございます。
ライフプランを作って考えてみます。

普通預金と1年物の定期預金にて貯蓄とありますが、通帳は分けて貯金した方が良いのでしょうか?

吉野 充巨

ereereerek 様

高評価を頂きありがとうございます。

ライフプラン作成へのチャレンジ頑張って下さい。


普通預金と定期預金は一行の総合口座で管理されると利便性は高まります。

ただ、定期預金の金利をより有利な銀行に預けることをお勧めしています。この場合には別な銀行になりますから別な通帳となります。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄について

2010/07/01 10:09 詳細リンク
(5.0)

ereereerekさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『これから徐々にしていくつもりなのですが、一体どの程度あれば一般的な暮らしができるのでしょうか?』につきまして、ereereerekさんの収入形態がご主人様だけなのかあるいは共働きなのかも分かりませんので、具体的なアドバイスはできかねますが、ご主人様だけの収入とした場合でも手取り月収金額の10%は少なくとも毎月しっかりと貯蓄をしていくようにしてください。

合わせて、今後3年程度に予定しているライフイベントとそれにかかる費用相当額は今のうちに準備しておく必要がありますので、ご主人様とも話し合っていただき、今後3年程度に予定しているライフイベントとそれにかかる費用相当額を書き出して整理するようにしてください。

そうしていただくことで、将来必要となる預貯金の金額も分かってきますし、目標となる金額が確定することで、毎月積み立てていく金額も明確になってきます。

そして、実際に毎月貯蓄できる金額が分かることで、実現可能なライフイベントとしばらくは我慢するライフイベントも明確になってきます。

よって、この機会に将来のライフイベントにつきまして、時期やイベント資金などをご主人様と話し合っていただくことをお勧めします。

きっと、漠然としていた未来が具体的な目標となって見えてくるものと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
イベント
金額
計画
目標

評価・お礼

ereereerekさん

ライフプランを立てる事から始めてみたいと思います。
とても分かりやすいアドバイスありがとうございました。

渡辺 行雄

ereereerekさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

- good

気づいたことでOKです。

2010/07/02 00:46 詳細リンク
(5.0)

ereereerek様

「貯蓄がいくらあれば安心?」
単純ですが、今の年齢で気づけた事で「安心」を得ましたね。

世間一般的な暮らしは、人により概念や金額が大きく異なると思います。

・最低限ご飯が食べられ生活ができれば良いのか?
・年に1回は最低限海外旅行に行きたいのか?
・自分の趣味や自分磨きにも、お金を気にすることなく・・・なのか?

その他にも
・持ち家なのか
・賃貸が良いのか
・実家なのか

あげればキリがありませんが


まずは自分の「理想」を書き出してみては?


一度の人生です、「一般的」にとどまることなく

「自分らしい」人生設計をしてみましょう!


人生の大きな出費は
・教育費
・住宅取得
・老後資金

この3つに分類されると思います(もっと細かくできますが)


教育費が何年後?

住宅取得が何年後?

老後まで40年?

まずは「大雑把」で良いと思います。



今、貯金がないことは全然普通なことでしょう。

ただ、貯金だけでは、この先の物価上昇(インフレ)に耐えれないでしょうし
老後資金は積み立て投資信託を使う等のリスクはいずれ
とる必要があると思います。
(今は不必要だと思います)


まずは、毎月できる金額から始めてみてください。
動きだすことが大切です。
まずは100万円を目標に!

それを達成したときからは自信がつくと思いますよ。

人生
暮らし
貯金
生活

評価・お礼

ereereerekさん

そのお言葉に安心しました。ありがとうございます。
そうですね、今から頑張って100万円の貯金を貯めたいと思います。
やはり、住宅は購入した方が将来的には賃貸よりも良いのですかね…?
それによっても貯金額が変わってきますよね。

三島木 英雄

ereereerekさん

評価を頂き有難うございます。
住宅購入と賃貸は一概にどちらが有利とも不利とも
言えないですよ。

時期が来て、そのときにどのような環境であるかを
また考えて、そのときのベストな選択ができればOK良いですね!

まずは貯金ですが、楽しく継続することが必要ですから
ソニーバンクとかは楽しみながら貯金できるかもしれませんね。

一度、HPを参考にしてみてください。

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

4 good

一般的な暮らしの為ではなく・・・・

2010/06/30 19:08 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、ereereerekさん。
FP事務所 MoneySmithの吉野裕一です。
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/


まず、目先のことを考えますと、もし何か急にお金が必要になったり、リストラや退職などの収入が減ったりする事に備える資金として3ヶ月から6か月分のお金をすぐに引き出せる商品で運用しておくと良いでしょうね。



また子供が生まれるまでにというより、子供が生まれて独立するまでの教育費が約1,000万円以上必要と言われていますね。

これは最近の少子化により、もっとお金がかかるようになるとも言われています。

教育費の他にも、お小遣いや洋服代など諸々を考えるともっと必要ですね


住宅を購入される場合は、購入しようとする金額の2~3割くらいの資金を準備しておいた方が良いと言われます。
これは、住宅購入の諸費用や家具などの新調代などとして使えますね。

以前は金融公庫でローンを組む場合に購入しようとする価格の8割までしか借り入れが出来なかった事にも関係しますが、やはりローンは少ない方が良いですしマイホームを手に入れるといろいろやりたい事も増えて、費用もかかります。

老後資金としては、今の時点では3,000万円くらいは準備しておきたいと言われます。

これは現在のお金の価値で、ゆとりある老後の生活費は38万円という統計があります。

国の発表している一般的な4人家族のサラリーマンの方の老齢年金が約22万円というデータから言うと、16万円くらい不足します。

寿命が80歳までとして60歳から20年の不足分の合計が

16×20×12=3,840万円となり、多少不足しているように思われますが、大よその目安として3,000万円くらいを考えられても良いですね。

ただこれは60歳から年金をもらえた時の試算ですから、65歳からしかもらえなくなると5年分の資金も準備しなくてはなりません。

また年金の22万円も将来は、もっと少なくなる事も言われています。

そう考えると4,000万円は準備しておきたいですね。

ただこれらは現在のお金の価値ですので、今後、インフレによる目減りがあれば、額面で言うともっと必要になっています。

ですので、使用目的によっては、安全な商品で運用しておいて、長期の運用が出来るものなどはリスクがあっても積極的な運用も必要になるかも分かりません。

老後
備え
教育費
住宅購入
マネー

評価・お礼

ereereerekさん

非常に分かりやすく教えていただき誠にありがとうございました。
4000万円…気が遠くなるような数字ですね。
運用の勉強もしておかないといけないですね…。

築地 聡

築地 聡
保険アドバイザー

- good

ライフプランと【貯金の三原則】が大切です。

2010/06/30 19:09 詳細リンク
(5.0)

ereereerekさん、はじめまして。
やさしいお金の教室(合)エムズアイ広島の築地と申します。
http://www.supremehiroshima.com/MSI/

いま貯金がほとんどないのであれば、まずは緊急予備資金(イザという時のお金。会社員の場合:生活費の6か月分、自営業者の場合:生活費の1年分)を貯める事が先決です。

>例えば、子供が生まれるまでにいくら貯金があった方が良いとか、老後のための貯金はいくらか等、ある程度の目安があれば計画が立てやすくなりますので、教えてください。

これらについてはまずはライフプラン(将来計画)を立てられる事が大切です。
本来、貯蓄計画というのはライフプラン(将来計画)があって初めて出来るものなんです。
人生には教育や住居、お車や耐久財のお買換え、あるいはご旅行や老後の生活など沢山のライフイベントがあります。そうした様々なライフイベントに対し、いくらのお金が必要で、何に、いつまでに、どういった方法でお金を貯めていくのかといった事がライフプランです。

また【貯金の三原則】はご存知ですか?
******************************************
<貯金の三原則>・・・貯金は短期・中期・長期と目的別に分けて貯蓄する。
・短期的目的の貯蓄・・・換金性と流動性を重要視。日々の生活資金など。
(1年から5年以内に必要となるお金。普通預金やMMFなど)
・中期的目的の貯蓄・・・安全性を重要視。子供の教育資金やお車などを購入する資金。
(5年から10年以内に必要となるお金。定期預金・公社債投信・保険(教育保険など)など)
・長期的目的の貯蓄・・・利殖性を重要視。インフレ対策や老後資金やなど。
(10年以上使わないお金。株・投資信託・保険(年金保険など)など)
******************************************

ライフプランを立ててその貯蓄方法を【貯金の三原則】に沿った方法でバランス良く行われることが大切です。

ですので、まずは信頼出来る専門化にライフプラン全体の相談をされることをお勧めします

ereereerekさんのご参考になれば幸いです。

補足

遠い将来の老後資金ばかりに貯蓄が集中して、手前の教育資金でつまづいて(資金ショート)は意味がありませんし、また教育資金ばかりに貯蓄が集中し、日々の生活資金でつまづいても(資金ショート)も意味がありません。

ライフプランを立てて手前のハードルから一つずつ超えて行くことが大切です。

計画
老後
貯金
ライフプラン
教育資金

評価・お礼

ereereerekさん

【貯金の三原則】は知りませんでした。
とても参考になりました。本当にありがとうございます。
ライフプランを相談したいと思います。

築地 聡

築地 聡

ereereerekさん、こちらこそありがとうございます。

はい、まずはライフプランが先決です。

がんばって下さい。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

晩婚カップルが気を付けなければならない事 らくべじさん  2008-05-16 14:34 回答5件
海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
教育資金+老後資金+αの貯め方 tyuさん  2013-06-12 15:32 回答1件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)