言い争いになり発送しないとか許されます? - 消費者被害 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:消費者被害

言い争いになり発送しないとか許されます?

暮らしと法律 消費者被害 2010/06/29 19:43

ネットで商品を取引しました。
その後、相手の住所や免許書の写真をもらい確認後、先に代金を振り込みしました。
翌日発送予定でしたが、忙しいといわれしてもらえませんでした。
先週の土曜日までにに必ず発送をすると

いわれたのでそれで了承しました。
しかし、当初からかなり連絡の取れない無責任な人で、言い争いになりそんなに言うなら発送しません。といわれました。
しかも一度発送しましたと連絡もらった後に。
案の定今日まで荷物は届かないはそれ以降無視されている状態です。
相手の身元は完全に分かっていますし商品はあるというのも確認は取れているのですが、言い争いになり気分が悪くなったから発送しないとか許されるのでしょうか??
しかも一度は発送したと連絡があったのに意味が分かりません。
どうなんでしょうか??
見苦しい文章ですみませんがよろしくお願いします。

kou1218さん ( 愛知県 / 男性 / 23歳 )

回答:1件

今林 浩一郎

今林 浩一郎
行政書士

- good

目的物の引渡請求

2010/06/30 19:14 詳細リンク

売買契約(民法555条)においては、特約がない限り、原則的に目的物の引渡と代金の支払は同時履行の関係に立ちます(民法533条)。本件では、ネット上の取引であるために代金の支払が先履行になり、目的物の発送は後履行になっています。しかしながら、物権の移転は、判例上当事者の意思表示のみにより為されますから、売買契約の成立と同時に目的物の所有権はあなたに移転しています(民法176条)。したがって、あなたは自らの所有権に基づいて目的物の引渡を請求できます。

本件では、相手は、あなたが発送を執拗に要求するから発送しないと言っていますが、あなたは目的物の所有者なのですから、目的物の引渡を要求するのは当然であり、相手の主張には何ら根拠がありません。ましてやあなたは目的物の代金を既に支払っており、あなたに何ら債務不履行はありませんから、相手方には債務不履行による契約解除事由も生じてはいません(民法541条)。むしろ履行遅滞による契約解除事由はあなたの側に生じています。

そこで、方法としては、内容証明郵便で目的物の引渡を請求するか、又は売買契約を解除して(民法541条)、既に支払った代金の返還を請求する(民法545条)ことが考えられます。相手がどうしても応じない場合には訴訟に及ぶしかないかもしれません。

契約
請求
内容証明郵便
所有権
売買

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

社員の親睦の会費 エビエさん  2011-07-06 14:52 回答1件
キャンセル料について腑に落ちません! ファンファンさん  2010-07-06 12:14 回答1件
ネット内の取引について。 トモちゃんさん  2009-02-04 16:37 回答1件
ゲームセンターで詐欺 ドナちゃんさん  2007-03-24 21:37 回答1件
慰謝料請求できますか? ミックさん  2006-11-21 12:36 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

帝国ホテルタワーで相続法律相談会開催のお知らせ

11月26日(木)午後1時から、帝国ホテルタワーで、相続に関する法律相談会を、開催します。無料。

大塚 嘉一

菊地総合法律事務所

大塚 嘉一

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)