iPhone4、iPadはどうして話題になるの? - 販促・プロモーション - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:販促・プロモーション

iPhone4、iPadはどうして話題になるの?

法人・ビジネス 販促・プロモーション 2010/06/24 11:23

iPhone4が販売となり、行列の様子がテレビでも流れていました。
アップル製品は全般にそうかもしれませんが、
iPadやiPhone4がユーザーを熱狂させ、
ここまで話題になるのはアップルのPR戦略に
特別なものがあるのでしょうか?
見ていると、ほしくなってしかたありません。

celeronさん ( 奈良県 / 男性 / 22歳 )

回答:4件

鮎飛 龍男

鮎飛 龍男
Webプロデューサー

11 good

誰かに伝えたくなる商品ですよね

2010/06/24 12:15 詳細リンク

アップルは「新しいライフスタイル」を提案していますね。

「こんな時間が過ごせたらいいよね」
「こんなコミュニケーションがとれると楽しいよね」
「こんな仕事の仕方もありじゃない?」

などといったライフスタイルが、iPhoneやiPadという商品で実現できることをプレゼンしています。

しかも、これまでになかったライフスタイルだったり、これまでもあったんだけど違った切り口で提案するのがアップルの上手なところだと思います。

現代はこれだけモノがあふれているのに消費が落ち込んでいます。
そこには「欲しいものが無い」という人達もたくさんいます。
その裏には「欲しいものがあれば買う」という心理もあります。

そんなところに、新しいライフスタイルの提案は刺激的ではないでしょうか。

・アップルの商品力
・消費者のニーズ、心理
・世の中の動き、空気
・販売する市場
これらの要素が網羅されていますね。
マーケティングの視点からみても成功するはずという戦略図が見えてきます。

そして、
「こんな商品欲しかった!」という人が「ねぇねぇ知ってる?」と友人に話したり、Twitterでつぶやいたりすると、共感した人達がまた広めていきます。つまりクチコミです。
そんな社会の動きをマスコミが捉え、さらに広がります。


自分(自社)を知り、相手(消費者)を知り、トレンドを知り、マーケットを知る。
そこに投入する商品・サービスがフィットすればヒットする。
消費者の期待と実際の商品のギャップが大きいほどクチコミになり、どんどん広がる。
そんなヒントが得られますね。

商品
マーケティング
戦略

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
中井 杏瞳

中井 杏瞳
営業コンサルタント

3 good

実は顧客ニーズを聞かれて答えられ人は稀なんです

2010/06/25 01:58 詳細リンク

答えはceleronさんに「見ているとほしくなってしかたありません」と言わせてしまういう商品だからなんだと思います。私も見ただけでほしい!と思い、知人が使っているのを見てますますほしくなりました。まさに人々の潜在的ニーズを形にすることに成功した商品で、PR戦略がうまいだけではユーザを熱狂させここまで話題性をもつのは無理でしょう。
私たちは「どんなニーズをお持ちですか」と聞かれても、的確に答えられる人はごくわずかで、大多数は言いたくても伝えることができません。ところが「ほしいのはコレですか」提示されると誰でもYes/Noをはっきりと言えるのです。顧客を満足させる顧客ニーズを知る難しさはこのへんにあります。
アップル製品にPR戦略など特別なものがあるのかという質問についてです。私は、彼らが自分のほしいものを楽しんで作ってしまった、そんな大人の遊び心をくすぐられる点(夢実現の道具になると思わせてくれる)に魅力を感じます。もし、これが意図された戦略であったとしたら、特別なPR戦略なのかもしれません。お客様に満足していただくために努力してますよという姿勢を表に出すのが大多数の発想ですが、その逆をアピールして魅力に結び付けている点は少数派/特別なのかなあと思ったりしています。ブランディングは専門ではないのであしからず・・・。

顧客
特別
戦略
自分
Rainbow☆Star

Rainbow☆Star
ブランドコンサルタント

- good

マーケティングを無視した商品開発

2010/06/26 20:53 詳細リンク

アップル社は、次々と魅力的な製品をリリースしています。
PR戦略は、やはり歴史の中で築かれた独自のノウハウも当然存在するとは思います。

しかし、最大の要素は、製品開発に関するスティーブン・ポール・ジョブズ氏(CEO:最高経営責任者)の思想とこだわりにあると考えています。

その思想とこだわりが製品になり、まったく新しいカテゴリーを創造している。

スティーブン・ポール・ジョブズ氏は、アップル社の製品にマーケティグ(統計・市場調査・分析等)を必要としない。と発言した記事を拝見したことがございます。これは、アップル社には、比較対象にする製品はないとの発言ともとれます。

製品へのこだわりには、ユーザー(アップル社スタッフを含めて)が「こんなことができればいいのに、こんなモノがあればいいのに」と言うファンタジーを実現し、製造。経済的にも大衆が手が届く。
人間の行動心理学原点に忠実な経営が行われている。

このようなところに私たちは魅力を感じ、誰もがその製品をほしくなってしまうのではないでしょうか?

その思想とこだわりがすべての製品からメッセージとなり、より大きなシナジーをつくり、大ヒットとなっていると考えます。

経営
マーケティング
PR
行動心理
心理
重松 まみ

重松 まみ
営業コンサルタント

2 good

アップルの戦略

2010/06/28 10:04 詳細リンク

こんにちは。

現在話題のiPad,iPhone4ですが、
アップルグループはこんな図式でしょうか。

iTunes(クラウド型)で3種類・数千冊のiBookストアや
1200万曲のミュージックストア、App Store(20万アプリのゲーム)
を持っています。

それらから音楽・電子書籍・アプリをダウンロードして
モバイルで使えるのが、iphone,
ipad,Machintosh,なのです。

たとえば、ipadでは無線LANや4G携帯電話の電波を使って
インターネットに接続すると、
メール、Web閲覧、音楽・ビデオ鑑賞、電子書籍、
アルバムやスケジュール管理が出来たり、メモ・住所録まで
使えます。これが標準機能です。

またゲーム等のアプリをダウンロードすると、上記の標準機能に
新聞・雑誌が読めたり、ゲームや文書管理が出来たり、楽器演奏・
イラスト制作やスケッチまで、または医療情報管理から学校教材まで
の用途に広がりが持てます。

特にipadですごいのは、
画面表示されたものを指でスライドするのが直観的であったり、
操作ボタンは一つ、幼児から高齢者まで使える簡単さです。

捜査も2本指でつまんで引き伸ばしたり、文字や画像の拡大
や縮小が自由自在にできる点です。

アップルは、ドコモiモードを真似て作ったといいますが、
メーカー主導でコンテンツを作るのがアップル社のやり方ですね。

また昔、20004年にソニーが開発したエアボードは
TVやPCの新しい使い方として新市場を作る可能性があった
と言われていますが、その展開は市場では広まっていません。

以上が概観ですが、アップル社もアメリカ発企業でPR戦略と言う
より世界戦略を狙っていまして、「自分が欲しい物を作る。それもエ
レガントに」というカリスマ経営者が形にしたものがiPad
と云われています。

この場合、クラウドコンピュータを使用していますので、
自分の個人情報も含めてアメリカに簡単に持っていかれる
という点も承知の上、ご利用された方がベターです。

サーバーは少なくとも日本国内にはないはずですから。
ご参考までに。


有限会社はあとふるドット
重松まみ

アメリカ
コンテンツ
書籍
戦略
情報

(現在のポイント:12pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

テレビショッピングで販売するには? evergreen777さん  2009-01-05 22:45 回答2件
舞妓キャラクターの販売について success8さん  2015-10-03 13:28 回答1件
国産材を使ったログハウスの販売手法について scottieさん  2010-06-14 09:18 回答5件
代理店のテリトリー制について santaさん  2010-01-05 02:45 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談

元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、融資審査のポイントをお教えします!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)