ローン返済かそれとも運用か。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

ローン返済かそれとも運用か。

マネー 家計・ライフプラン 2007/06/21 10:20

現在、当面5年ほど使わないだろう預金が1500万円ほどあります。
住宅ローン残高は1000万程度で、毎月返済額が11万。

夫は現在52歳、私は38歳、小学3年と1年の子供がいます。
現在の預金は去年夫が転職したため得た退職金です。
子供はこれから教育費がかかりそうですが、なんとか夫婦の収入で賄えそうですので預金を普通預金に預けたままにしておくのもどうかと思いこの預金をどう活用したらよいかご相談いたします。

ここいさん ( 東京都 / 女性 / 38歳 )

回答:5件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

セカンドライフの資金準備は進んでいますか?

2007/06/21 10:48 詳細リンク

ここいさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

ご質問の当面使用しない予定の資金についてですが、

☆教育資金は「ご夫婦の収入で賄える」
という現状の判断をされていますが

☆住宅ローンについても
「毎月の収入で返済を行く」という判断をお持ちですか?

住宅ローンについてもこのまま返済できるという判断をお持ちであれば、

次に重要となるご主人さまの仕事の退職時期の予定・予測と
その後の生活スタイル決定、資金準備開始が必要です。

現在ある資金のうちセカンドライフへ向けた運用を
行ってみてはいかがでしょうか?

お子さんの成長・教育と準備期間が重なりますが
お子さんだけでなくご夫婦の今後についても
早めに・着実に準備を進めてください。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

1,500万円の活用方法について

2007/06/21 10:52 詳細リンク

ここいさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

手持ちの資金を住宅ローンの返済に充当するか、あるいは運用にまわすかの判断基準は、もし運用のまわした場合、住宅ローン金利よりも高い運用利回りを確保することができるかどうかに尽きます。

ただし、無理な運用をして元本を減らすようなことをするよりは、安全・確実に住宅ローン残高を減らすことをお勧めします。

繰り上げ返済もりっぱな運用となります。

尚、住宅ローンを完済しても残りが500万円ほどありますが、教育資金など当面使う予定の資金を除いた分につきましては、今の市況は投資環境も悪くはありませんので、海外株式や海外投信を中心に、積極的に運用されてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)


ファイナンシャルプランナー

- good

ローンの金利と返済期間によって違ってきます

2007/06/21 10:38 詳細リンク

ここいさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

ローン返済か運用か、どちらがいいのかはローンの金利と完済予定年数で違ってきます。

基本的に退職金は老後資金と考えるべきですが、ローンの金利以上で運用できること、完済までは働いて返済できることが条件となります。

ここいさん家の場合はお子様が大学を卒業し、自立できるときのご主人の年齢が67歳くらいとなりますね。

ご主人の退職時期とお子さんの教育費を考えると、これからの収入でまかなえるかどうかも疑問ですね。

よって、単純にローン返済か運用か、だけの問題でなく総合的に考える必要がありそうです。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

山本 俊成

山本 俊成
ファイナンシャルプランナー

- good

ご質問にお答えします

2007/06/21 10:52 詳細リンク

ここい様、はじめまして。
FPの山本俊成と申します。

ローン残高を返済すると将来どれくらいの金利を払わなくて済むかは、返済予定表の金利部分の欄を合計すればわかります。そのメリットが大きいかどうかはローンの残存期間と金利によって変わってきます。
運用がプラスを期待できる反面、マイナスの可能性もあることから、大抵のケースはローン返済をしたほうがメリットがあるケースが多いです。

ただ、まだお子様も小さいことですし、今後かかる教育費を考えた場合、全額返済にまわしてしまうと少し不安もあります。将来、どれくらいの教育費がかかるかどうかの参考に、下記ページを御参照下さい。
文部科学省 データからみる日本の教育(2005年)

どれくらい返済したほうがいいのかの割合については今後のライフプラン次第です。
いい機会ですから御検討されることをお勧めします。

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの完済をお勧めします

2007/06/21 11:02 詳細リンク

ここい様 初めまして。CFP®の吉野充巨です。ご質問にお答えします。

確かにもったいないことですね。ローンの完済を強くお勧めします。

ローン返済と運用を比較しますと、ローン返済は無リスクで借入金利の利率の運用が出来ます。運用では様々なリスクがあります。リスクをとっての運用ですのでローン利率+無リスク資産(長期国債の利率)のリターン以上でなければ、効率的ではありません。従って返済が有効な投資対象です。
また、完済されると月々11万円の余裕が出ますので、此方を積立で運用することをお勧めします。

残る資金と毎月の積立の投資先ですが、投資・運用の成果の80%以上が資産配分で決まると言われています。定期預金、国内債券(国債)、国内株式、外国債券、外国株式の5資産クラスへの分散投資をお勧めします。

国内と海外の比率、株式と債券の比率など、予め決めてから商品を購入ください。各資産クラスでの対象商品は、コストも安く市場に連動するインデックスファンドを私はお勧めしています。

私のホームページに資産配分シリーズ他を掲載しています。ご参照下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

転職による退職金の使い道について えいなさん  2007-10-15 00:47 回答5件
住宅ローン返済と貯蓄方法 ハナハナハナさん  2009-03-01 12:42 回答6件
出産後の資金運用について りんけんさん  2008-12-29 22:42 回答4件
退職金は住宅ローンの返済優先したいが ruaruaさん  2012-09-23 00:20 回答4件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)