統合失調症について - 法律手続き・書類作成 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

統合失調症について

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2010/06/15 20:14

統合失調症について質問したい事があります。
統合失調症の病気の方が罪などを犯した場合、責任を問えますか?
病気のせいで精神的に不安定だから仕方がないという理由でかたずけられてしまうのでしょうか?
確かに症状によって変わってくるかと思いますが、その方は20年同じ会社に勤めており、時々症状が出るくらいだそうです。
有名企業に勤めているので、責任能力はあると思うのですが、もし精神疾患の給付を受けている場合はどうなのでしょうか?
現在、病気を理由に1年近く会社を休んでいます。
アドバイスよろしくお願いします。

びろーどさん ( 栃木県 / 女性 / 38歳 )

回答:1件

今林 浩一郎

今林 浩一郎
行政書士

- good

心神喪失者及び心神耗弱者

2010/06/16 01:58 詳細リンク

結局、本人が統合失調症患者であるかどうかではなく、行為当時、刑法39条1項の「心神喪失者」及び同2項の「心神耗弱者」の要件を充たすかどうかで判断されます。ここで「心神喪失者」は「精神の障害により、行為の是非を弁識し、またはこの弁識に従って行動する能力のない者」(判例)と定義され、「心神耗弱者」は「精神の障害により、行為の是非を弁識し、またはこの弁識に従って行動する能力の著しく低い者」(判例)と定義されます。行為当時、「心神喪失者」であった者は処罰されず、「心神耗弱者」であった者は減刑されます。

もっとも、統合失調症=心神喪失者又は心神耗弱者ということではなく、実際の行為当時の本人の状態により判断されます。ですから、普段異常でも行為当時正気に戻っていれば、刑法39条は適用されません。また、事前に「心神喪失者」又は「心神耗弱者」の状態を利用して犯罪を実行する意図の下に自らを「心神喪失者」又は「心神耗弱者」の状態に陥れた場合には同条は適用されません(原因において自由な行為)。

犯罪
原因
統合失調症
精神
能力

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

交通事故の後遺障害と慰謝料について マッサさん  2013-03-11 22:26 回答1件
離婚時の取り決めは変更可能かどうかのご質問です リック2011さん  2011-01-17 15:56 回答2件
所有権登記の手続きについて up48822さん  2011-01-16 16:22 回答1件
私的メールのブログへの無断転用 kkdkkdさん  2010-11-15 15:39 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)