相続人不在の相続権 - 借金・債務整理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続人不在の相続権

マネー 借金・債務整理 2010/06/03 01:07

外国に住んでいます。主人とはこちらで知り合い結婚しました。日本人同志です。
主人の家庭の問題です。
主人は実母を早くに亡くし、実父は再婚し子供が2人います。1人いる実弟は早くに他家へ婿養子に入っています。主人によると、実父は後妻さんとの生活に自分が邪魔だったために外国に追い出したと憎み続けています。そのため20年以上も一度も日本に帰らず、10年程前に実父が逢いに訪ねてきた時も、話を聞くどころか逢わずに追い返したくらいです。その恨み辛みは義母や実弟までに及び、彼の家族の話など彼の前では怖くて出来ない状態です。主人の異常さは私には理解出来ません。私の両親は精神的にも経済的にも支えてくれます。それでも外国に住む心細さ、数年前主人に黙って、実弟と連絡を取り合い和解を計ろうとしたのですが、結局会った事もない他人と思ったのか、何も解決しないまま連絡が途絶えました。しかし私としては納得がいかないので、1年半程前に、後妻さんに直接電話をしました。その時実父は1~2年前に亡くなった事を知りました。彼女の即座の反応は、良く電話をしてくれた、どうしているのですか、お金に困っているのなら幾らでも出しますよ、というほっとする対応でした。でもその後彼女が実弟と話してからでしょう、主人と直接話さないとね、と冷たい態度に変わりました。実際彼女が主人に電話を入れたのですが、彼は叩き切りました。それ以来そのままになっています。

今切実にまとまったお金が必要となりました。私の両親はもう充分出しています。今は出してもらえません。
後妻さんの即座の反応からみても、資産はあるはずです。主人の実父は主人に残していると思います。それが幾らであるか、遺言も有るかどうか解らない状態ですが。
主人はあんな腐った父親から金など一切受け取りたくないと日頃から豪語していますので口に出せません。
何らかの方法で遺産を相続出来る可能性はあるでしょうか。

補足

2010/06/03 01:07

長く掛かりましたが、ようやく主人を説得する事が出来ました。実弟にまず電話を入れたのですが、協力的ではありません。まず遺言書が残されているかの問いにも知らないと嘯きます。色々隠しているようです。近々日本に帰らなければと考えていますが、その前に調べられるだけ調べて行こうとしている所です。それで幾つか教えていただきたいのですが、まず公証役場に保管されている遺言書以外の遺言書の有無は調べられますか?遺言書の宛名が個人名になっていて、本人不在であると開封出来ないというケースはあるのでしょうか?実父は店を経営していたので実家と店舗は家族全員の名前になっているそうですが、10数年前、実弟がそれ以外にも不動産があると言ったそうです。それを調べる事は可能ですか?実父と義母が実父の死亡時に離婚していたかもしれない可能性もあるので、市役所で調べてみますが、離婚訴訟中であったかどうかは、調べられるのでしょうか?それと生命保険に加入していたか、その詳細も調べたいのですが。たぶん当時、弁護士さんを雇ったと思うのですが、こちらでその弁護士さんを突きとめても、あちらに隠したい事があれば、あちらが雇った弁護士さんですから、彼らの不利になる情報はこちらには与えてくれないのでしょうか?相続財産目録やこちらの知りたい情報を全て曝け出してくれるのでしょうか?全て追求するには、やはり他の弁護士さんを雇って調べてもらうしか手がないのでしょうか?
色々書きましたが、なにしろ海外にいるので、不安です。宜しくお願いします。

rockchickさん ( 神奈川県 / 女性 / 54歳 )

回答:2件

新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

相続権の放棄

2010/06/03 09:25 詳細リンク
(3.0)

rockchickさん、初めまして。ファイナンシャルプランナーの新谷と申します。ご主人の複雑な家庭環境・海外での生活それらは、相続の際に権利主張を突き合わせる「争続」問題になるケースが多く、遺産分割もやりにくいケースが多いです。

rockchickさんのご主人にも相続権はあります。これは相続の開始を知って3ヶ月以内に「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の手続きをとっていただかなくてはなりません。実務的にも、相続人全員の承諾(遺産分割協議書・署名捺印)などがないと預金も下ろせない場合があります。

rockchickさんのご主人が、お父様に対して抱かれている感情と、相続財産権は別のものですし、「宙に浮いた遺産」にもなりかねません。
もし、相続の意思が無いのでしたら「お父様が亡くなられた事実」を告げられ、「相続放棄」の手続きをとって頂く事ですが、rockchickさんの口からはなかなか告げにくい事だと察します。

専門家を間に交え、事務的に冷静なご判断ができる状況を何とか作りたいですね。もし旦那様と、rockchickさんの間にお子様がおられる場合、代襲相続ができなくなりますので。



FPオフィス クローム

ファイナンシャルプランナー 新谷 義雄

http://1st.geocities.jp/office_chrome

ファイナンシャルプランナー
相続放棄
遺産分割
協議
手続き

評価・お礼

rockchickさん

どうもありがとうございました。やはり想像以上に難しそうですね。
でも諦めないでどうにか頑張ってみます。

新谷 義雄

新谷 義雄

現実的な相続事務と、ご主人の感情は別問題ですがなかなか複雑だと思います。
ご主人のお父様との不仲は第三者が立ち入る問題ではありませんが、ご主人のお父様の相続財産も、先代や、ご主人のお母様からの財産もあるのではないでしょうか?お母様が先に亡くなられているのなら、お母様の気持ちの籠った遺産もあると思います。法定相続分に囚われず実のお母様に由来する相続財産を引き継いだりできたら良いのではないかと思っています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
高橋 恭司

高橋 恭司
弁護士

- good

可能性はありますが、ご主人次第です。

2010/06/03 09:27 詳細リンク
(3.0)

弁護士の高橋です。
1 ご主人がとる方法は、ご主人の実父が遺言を残していたかによって異なります。
(1)遺言がない場合
不動産や預金等、処分されていない(ご主人の同意がないため処分できなかった)財産があるでしょうから、これを遺産分割協議を行って取得します。
(2)遺言がある場合
ご主人は何ももらっていないということなので、仮に、遺言にご主人が相続すべき財産が何も記載されていなかったとしても、遺留分として法定相続分の半分に相当する財産を取得できます。ただ、気になるのは、「実際彼女が主人に電話を入れたのですが」というくだりです。遺留分減殺請求権は、遺留分を侵害されたことを知ってから1年以内に行使しなければならないので、この電話の際に、どのような会話がなされたか、この電話がいつあったかによって、遺留分減殺請求権が行使できなくなっているかもしれません。
2 いずれにせよ、遺産分割協議も遺留分減殺請求権の行使もご主人自身が行わなければいけないものです(弁護士に処理を依頼するとしても、依頼はご主人自身が行うことが必要です)。遺留分減殺請求権の期間制限の問題もありますので、早めにご主人を説得してください。

遺産分割
遺言
相続

評価・お礼

rockchickさん

どうもありがとうございました。後妻さんが電話をした件ですが、主人は何も話さずに叩き切ったので、何も知らない状態ですので、遺留分減殺請求権はまだあると思います。何れにしろ思ったより難しそうですが、頑張ってみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

父親の借金について motaさん  2009-02-20 15:49 回答1件
実母の借金 megumeguさん  2008-10-23 20:11 回答1件
父の住宅ローンが破綻寸前で悩んでいます。 yum05059さん  2010-11-23 08:40 回答3件
義父の借金 serenadeさん  2010-09-30 15:31 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)