個人事業と屋号について - 岸本 弘志 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岸本 弘志 専門家

岸本 弘志
経営コンサルタント

1 good

個人事業と屋号について

2010/04/09 22:31

はじめまして、ABM研の岸本です。簡単にお答えさせていただきます。
個人事業として開業届けを提出されているとの事、正しい運営の姿勢と拝察申し上げます。
さて、屋号の件ですが、
1.個人事業のままで新たに屋号を使用される場合、
  急いで変更届けを出さなくても問題はありません。
本年度(例2010年度の確定申告2011.3.15)の確定申告時に税務署で屋号の申し出を行えば問題無く受理されてその場で処理できます。
★この場合は、2010年度分の領収書や契約書、請求書、財務諸表の屋号欄は新たな屋号を記載して使用して下さい。2010年12月末日までの書類全てです。

2.屋号を年度途中で定めたり変更等を行った場合は、届け出は何時でも結構です。多くは次の確定申告時に申し出ています。
例:2011年6月に使用開始する場合は期限は2012年3月の確定申告時となります。
問題は、契約書の記載変更を行うべきですが、相手側の意向で行って下さい。
【留意点】
貴殿の事業が飲食店等の場合、食品衛生法の管理者や書類関係の変更は再度実地検査を受ける前に届けるべきですが、問題が発生しない限り途中検査も無いので慌てる必要はありません。

【注意点2】
個人事業は当該年の1月1日から12月31日が対象です。
法人化される場合は、決算期に沿う年度処理が義務なので登記時期に注意が必要です。

■新会社法で屋号は同住所で同名称は使用不可になりますが、それ以外は使用上の問題は少ないでしょう。

概略ですが以上でご理解いただけたでしょうか。
詳しくは別途ご相談下さい。

問題
屋号
税務
契約書
個人事業

回答専門家

岸本 弘志
岸本 弘志
( 大阪府 / 経営コンサルタント )
ABM経営研究所 経営コンサルタント
06-7504-3525
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

目標達成に厳格でも経営者の育成に評価が高い

起業、創業は厳しさも事実ですが成功への手順は難題ではありません。要点を正しく忠実に実行出来れば黒字化成果を実感出来ます『出来ない理由を考えない、考える事は目的達成の手段』と自分に誓って30年、私が提供するのは実践成果です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人事業主ですが、屋号を使えるようにするには?

法人・ビジネス 独立開業 2010/03/26 11:59

夫が数年前に開業届を出して個人事業主としてやっています。
今まで個人名で事業をしてきましたが、やはり企業相手の仕事をするにあたって屋号をつけて今後の事業を進めて行きたいと… [続きを読む]

yuyumamaさん (埼玉県/46歳/女性)

このQ&Aの回答

屋号のメリット? 砂川 光一郎(経営コンサルタント) 2010/06/01 23:57

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主の開業届と経費について enjmrxsさん  2013-08-05 15:32 回答2件
鬱病で傷病手当受給中の起業について snooponさん  2013-07-13 15:25 回答2件
個人事業の開設方法につきまして 太陽光さん  2010-02-15 10:30 回答3件
今までと別の事業を立ち上げる時の開業費 life1234さん  2015-03-11 08:36 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件