相続税の基礎控除と後見制度活用のお勧め - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

1 good

相続税の基礎控除と後見制度活用のお勧め

2010/03/18 09:16
(
4.0
)

おはなだいすき様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

相続税をご心配の由、現時点の相続税の基礎控除額をご紹介します(今後税制の改革があれば変化いたしますが)

5,000万円にプラスして1,000万円×法定相続人の数です。
従って法定相続人が1人であれば、6,000万円、2人であれば7,000万円になります。

国税庁HPの相続税のかかる場合のページです
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4102.htm

また養子に為られていますので、実子と同じく「おはなだいすき様」も法定相続人に当たります。

また、現在はまだ居住用不動産には小規模宅地のの特例もあります。

小規模宅地の特例の詳細につきましては国税庁ホームページでご確認ください
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4608.htm

ご近所の地価を参考に、資産の評価額をお考えになられては如何でしょう。

なお認知症の方のお世話を全面的に為されている由、一度成年後見制度の活用をご検討ください。
現在のまま推移すれば宜しいのですが、施設の変更等が必要になった場合、契約等は後見人として対応を求められることが多くなっています。
また、銀行預金の管理は後見人等の資格で行うことが出来ます。

下記を参考にご検討をお勧めします。
東京家庭裁判所の後見Q&Aです
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/koken/koken_qa.html

評価・お礼

おはなだいすき さん

適切なご回答ありがとうございす。
成年後見人は、以前から考えておりましたが、なかなか大変そうで悩んでおりました。
父が元気なうちに一歩踏み出して検討してみようかと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

認知症の父からの生前贈与

人生・ライフスタイル 遺産相続 2010/03/17 10:13

現在認知症で、ホームにお世話になっている養父83歳の事でお尋ねします。養父には子供がおらず、叔母が10年前に他界してからはすべて私が、身の回りのことをお世話してきました。5年前に養子縁組を養父… [続きを読む]

おはなだいすきさん (和歌山県/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

相続時精算課税制度、生前贈与後の相続放棄 gooid-2013さん  2014-01-11 23:39 回答2件
相続の遺留分等の負担を軽減したい lilyroseさん  2013-09-27 01:21 回答1件
借地権の引き継ぎにかかる費用について たゆりちゃんさん  2014-09-03 13:36 回答1件
遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件