扶養控除について - 岡崎 謙二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

1 good

扶養控除について

2010/03/15 19:10
(
4.0
)

こんにちわ。FPコンサルティング岡崎です。

働く主婦の収入には3段階の壁があると言われています。
収入が103万円を超えると、夫の所得税・住民税の配偶者控除の適用外。
収入が130万円を超えると、働く妻の社会保険制度(健康保険・年金)に加入の必要性。
収入が141万円を超えると、夫の所得税・住民税の配偶者特別控除の適用外。

今回のご相談では141万円の壁をご心配されているようですね。103万円〜141万円までは38万円の所得税控除が10段に分けられ段階的に減っていくことになりますので、141万円の壁は実はそれほど大きいものではありません。

注意すべきは、103万円の壁を越えた時に、夫の税金面での控除がなくなるだけでなく、
勤務先によっては独自に月に1万円〜5万円程の扶養手当をもうけている事があり、その収入ラインも103万円であることが多いのです。

以上の事から総合的に考えて、妻の収入が103万円を超えると150万円程になるまでは、家族内の合計払金額が以前より増えるのではないかと試算されます。
逆の面から考えると、130万円以上の収入が見込まれるのであれば、妻自身が将来貰える厚生年金も増え、雇用保険や労働保険もあり保障が増える事もメリットです。
配偶控除も廃止検討対象になっている現在、女性の生きがいとしての就労も見直される時期でもありますね。

評価・お礼

ヒロミ さん

回答ありがとうございます。

>以上の事から総合的に考えて、妻の収入が103万円を超えると150万円程になるまでは、家族内の合計払金額が以前より増えるのではないかと試算されます。

ということは、150万円以上であれば、あまり税金のことは考えなくてもいいということでしょうか。

160〜170万円の収入の場合は、税金などをひかれて、どのぐらい手元に残るのでしょうか。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養控除について、130万以上だと損でしょうか。

マネー 年金・社会保険 2010/03/15 09:47

8年間勤務した会社を辞める予定なのですが、
4月までにするか、5月までにするかを迷っています。
現在妊娠中で、5月には妊娠8カ月になります。
通勤も往復3時間はかかるので、体調… [続きを読む]

ヒロミさん (神奈川県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

社会保険の扶養の条件をご紹介します 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2010/03/15 12:45

このQ&Aに類似したQ&A

夫の扶養に入れるか? yukkochinさん  2009-05-20 23:47 回答1件
パート収入と国民健康保険について。 おおくまさん  2008-11-13 16:52 回答2件
扶養130万以内パートについて ffu84738さん  2016-11-03 22:05 回答1件
主人が退職したときの社会保険について panchan_110さん  2014-08-07 19:13 回答1件