ダブルワークの法律上の制約 - 金井 高志 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダブルワークの法律上の制約

2010/03/10 10:52
(
5.0
)

 ご質問にある「wワーク」とは、「副業」のことであると思われますが、副業に関する労働条件の法的規制は特にありません。面接の際に提示された条件は、その会社が設けている雇用条件と思われます。
 
 また、「wワークを2社にした場合、通算として計算されるのか」というご質問は、厚生年金保険についてのご質問と思われますが、厚生年金保険法では、臨時に使用される者で2カ月以内の期間を定めて使用される者については、厚生年金保険の適用が除外されることとされています(ただし、所定の期間を超え引き続き使用されるに至った場合には適用されます)。従いまして、提示された条件で勤務される場合には、厚生年金保険の通算の問題は生じません。おそらく、会社としては、社会保険の適用の有無を考慮したうえで、雇用条件を提示しているものと思われます。

 なお、副業をされるに際しては、ご質問者の方が現在勤務されている会社の就業規則を事前に確認しておくことが必要であるものと思われます。就業規則で副業が禁止されている場合、万一、副業をされていることが発覚したときには、懲戒処分を受ける可能性があります。
 

  フランテック法律事務所 金井高志 [[http://www.frantech.jp]]

評価・お礼

ポチの家 さん

回答ありがとうございました
Wワークの難しさがわかりました
ありがとうございまいした。

回答専門家

金井 高志
金井 高志
( 弁護士 )
フランテック法律事務所

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ダブルワークの制約について

法人・ビジネス 企業法務 2010/03/07 11:20

事情がありwワークを始めようと思ってます
面接に行った担当に次の事を言われました

? 社会保険に加入してる人は勤務は2ヶ月で25日以内
? 2ヶ月働いたら1ヶ月はお休みしてもらう事
? 契約… [続きを読む]

ポチの家さん (千葉県/41歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

業務委託基本契約書のある事項についての、合法性 ベンチャー役員さん  2014-07-11 01:35 回答1件
契約更新について nobumiyaさん  2009-08-12 04:11 回答1件
少額訴訟と言われましたが、偽りがありました Leopon23さん  2013-08-07 16:30 回答2件
米国企業との代理店契約 tommysgさん  2011-11-10 00:48 回答2件