人でなく 建物への補助 という 方針。 - 岩間 隆司 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

人でなく 建物への補助 という 方針。

2010/02/27 23:28

el-camino さま
SOCIUS 岩間 と 申します。

 長期優良住宅 にできるには 住宅の広さの規約もありますが
 性能評価の いくつかの項目の等級を 上げる必要があります。

 耐震:等級2以上(または免震建築物)

 劣化軽減:等級3

 維持管理:等級3

 温熱環境:等級4(次世代省エネルギー基準)

 建築確認申請取得しただけでは 全て 等級1 ですから
(‥もちろん、信頼ある設計監理があれば それでも充分ですが。)
 必然的に 長期優良住宅 にするとコスト・アップでしょう。
 そのぶん 税の優遇や補助 フラット35など有利な融資が
 可能なわけですね。

 一般的に 我が国では 住宅 の寿命が短いです。 
 一世代かぎりでの スクラップ&ビルド が多いです。
 エコロジカルな観点、中古住宅市場というマーケット育成
 から、住宅を個人の資産であるのと同時に 国のインフラ
 と考えて 長持ちさせてこう という おカミの方針。
 方向性としては、正しいと 思います。
 我々も 意識を少しずつ かえなくては いけないかも
 しれません。

 ただ 現場に身をおくものとして は
 長期優良住宅 たるべく基準が はたして
 上記のような 画一的な数値基準の判断で よいのか‥? 
 という疑問は 頭のどこかにあります。正直なところ。

 やはり さいごは
 建て主の方の判断 となりましょう。

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
( 東京都 / 建築家 )
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

長期優良住宅について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/02/27 22:35

長期優良住宅を建てるといろいろな国からの補助があるようですが、建物単価もそれなりに上がってしまうものでしょうか?

el-caminoさん (群馬県/32歳/男性)

このQ&Aの回答

思うほど上がりません。 福味 健治(建築家) 2010/02/28 08:50
増額となりますね。 渡邉 松男(建築家) 2010/02/28 08:54

このQ&Aに類似したQ&A

間口が狭い家の耐力壁 ーNico-さん  2016-09-07 20:58 回答2件
耐震等級2から3への変更 nkk5555さん  2015-03-08 14:51 回答1件
超高気密は必要か? HOTさん  2013-06-20 16:06 回答3件
構造柱について StingEBTGさん  2012-09-23 14:44 回答1件