リグレス一級建築士事務所の堰口です。 - 堰口 新一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
堰口 新一 専門家

堰口 新一
経営コンサルタント

2 good

リグレス一級建築士事務所の堰口です。

2010/02/20 16:24
(
5.0
)

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

ご質問いただいたケースと同様なものはたくさんあります。

先ず、接道長さですが、
実測=1.9m
登記=2.0m
となっているようですが、
登記した時の地積測量図で再度、確認をお願いします。
土地の登記と同様に法務局で確認ができます。

20〜30年前以前は、測量自体の精度が低いことも多く、
その誤差が大きい場合もありました。

再度、接道長さを確認していただいた上での話ですが、
仮に、2m未満の場合は、残念ながら、再建築は出来ません。
大規模ではないリフォームは行うことができます。

土地と建物を購入した際の売主さんは現存していますでしょうか。
もし、いらっしゃるのであれば、相談してみてください。
建物は2m以上接道していないと建築出来ませんので、
1.9mで建築したのであれば、違法建築です。

建築基準法で定めている2mの接道は、
その土地の安全を確保するための条件となっています。
例えば、火災や地震の際の避難や消火活動、救援活動等で、
必要な長さと規定しています。
これは、ご自身を守ることと同時に、
隣接している住宅の安全も同時に守ることになります。

その昔、2mの接道義務等が無かった当時から、
現代までには暮らし方が大きく変化し、
街も大きな変化を遂げています。

時代の変化とともにその当時の考え方では
安全に暮らすことが難しくなってきていますので、
それに合わせた法律改正も順次行っています。

建築、不動産に関わる訴訟、裁判等の支援も
数多く、行っておりますので、
詳細にご相談を承ることもできますので、
お気軽にお問い合わせください。

それでは、失礼いたします。

評価・お礼

サラサチエ さん

早速のご回答有難うございます。地積測量図や売主の現存確認などを両親に提案してみます。不動産は、さまざまな知識を有してから購入しないと、のちのち気づいても遅いですから慎重にならないといけないですね。的確なアドバイスありがとうございました。

回答専門家

堰口 新一
堰口 新一
( 東京都 / 経営コンサルタント )
代表
03-6317-3385
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

建築業界での豊富な実務経験で、事業の立ち上げや改善を支援

実務経験の無いコンサル会社が提供する机上論でななく、クライアントごとにカスタマイズされた本当に効果のある支援を行います。不動産会社・建設会社・工務店への支援事業を通して、最終的には建物を購入するエンドに満足してもらうことが最大の目的です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

接道義務について

住宅・不動産 住宅検査・測量 2010/02/20 01:45

はじめまして。私の実家のことでご相談です。実質4m弱の私道に実測1.9m接道している敷延敷地です(登記簿は2m)。4棟現場の一つで、隣も対照的な敷延敷地(接道1.9m)で、手前2棟は整形地です。老朽化のため、土地の… [続きを読む]

サラサチエさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

接道義務について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2010/07/19 19:14
接道義務について 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/07/20 02:16
接道義務について 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/07/20 02:17
接道義務について 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/07/20 02:17
スケルトンリフォームという手もあります 小松原 敬(建築家) 2010/07/20 14:16
境界ポイントからの距離ですか? 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/19 21:29

このQ&Aに類似したQ&A

分筆か分割かで迷っています。 kissyさん  2015-09-17 09:00 回答3件
親から土地贈与を受け、新築する 柳瀬川さん  2010-09-20 01:02 回答2件
BOXカルバート下の地盤改良 kikaさん  2009-11-25 21:19 回答1件
複雑な家庭環境の中での土地売却 じょうろうさん  2006-08-22 09:02 回答1件
分筆と既存不適格について がむてさん  2015-01-28 12:11 回答3件