RE:老犬の子宮蓄膿症について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

RE:老犬の子宮蓄膿症について

2010/02/16 20:32
(
5.0
)

16歳という高齢犬でも、無事に手術を行い、回復した例は多数あります。子宮蓄膿症の重症度にもよりますが、他に合併症がなく、全身状態も良好であれば、安全に麻酔をかけることができると思います。

しかし、高齢、腎臓と肝臓の血液検査の高値、貧血があることは麻酔の危険性を上昇させる原因となります。蓄膿症の状態が重度ではないならば、上記の原因を特定し、数値の改善がみられてからの手術が望ましいと思われます。既往歴に関しては、前庭疾患、緑内障、アレルギー性鼻炎は直接麻酔には影響しませんが、気管虚脱を抱えている場合は危険性が増します。気管チューブにより術中の呼吸管理は可能ですが、術後に呼吸不全に陥る可能性があり、厳重な注意が必要となります。

子宮蓄膿症の治療において、内科治療のみの場合は再発例も多く、根本治療は外科的な子宮の切除になります。かかりつけの獣医師とよく話し合い、可能な限りの検査、処置を受けられる状態で手術に臨んでください。

評価・お礼

pashmina さん

病院から説明の無かった部分(手術の際、器官虚脱も危険性ガ増す原因となること)を教えて頂けて、本当に助かりました。手術を検討する上でその事もあわせて考えたいと思います!

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老犬の子宮蓄膿症について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2010/02/12 21:41

シーズー雌16歳の子宮蓄膿症についてお尋ねします
数週間前から多飲多尿傾向にある気がしていて、更に10日前に、ここ数年は止まっていた(気付く範囲では)生理が始まり、かかりつけの獣医さんに相談したの… [続きを読む]

pashminaさん (兵庫県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

犬の帝王切開&避妊手術(長いです) あーちゃんちゃんさん  2008-07-08 10:35 回答1件
脳腫瘍について tibisukeさん  2014-08-23 15:47 回答1件
子猫 繰り返す嘔吐と食欲不振 n-pincoさん  2012-04-11 20:23 回答1件