運用を考える前にすることがあります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

運用を考える前にすることがあります

2007/06/10 14:11

ままっちさん、はじめまして。FPの羽田野博子です。

お子さんたちの将来、お母様の今後、そしてご自身の老後に関しての不安で、
何かと心細い思いをされているのではないかと、ご心中お察しいたします。

まず、遺族年金についてお答えします。(※金額は固定ではなく物価上昇します)
''遺族基礎年金'':上のお子さんが18歳の3月までは約124万円(H19年価)
その後下のお子さんが18歳3月までは約100万円

ご主人が会社員だった場合はさらに
''遺族厚生年金'':ご主人の収入によって異なっています。一生涯もらえます。
(ご自身の厚生年金をもらう時どちらかを選択します)
''中高齢寡婦加算'':上記遺族基礎年金終了後、65歳でご自身の年金がもらえるまで約59万円

現在は毎月の収入と遺族年金でやっていける状態としても8年後からは持ち出しが発生しそうですね。
また、今後家計費のほかにいついくらの資金が必要となるか?教育費、旅行、家のメンテナンス、車や家具家電の買い替えなどを考えてみましょう。

老後資金としては生活+αで月20万円弱ではないかと思います。1年で240万円、20年で4800万円ですが、ご自身の国民年金と遺族厚生年金が出ますので、すべてを取り崩す必要はありません。

これらの将来にわたる収支を計算してみて、運用による期待リターンを割り出しますが
大変な作業となるため、FPに相談して一緒に作ることから始めてみましょう。

運用はそのあと考えても遅くありません。
金融機関に属さない独立系で、保険の取り扱いだけでなく証券の仲介もできるファイナンシャルプランナーに相談し、キャッシュフローを数パターン(ままっちさんがずっと働く場合、働けなくなった場合など)作ってみてシミュレーションしてみましょう。

また、長いお付き合いになるため、複数のFPに実際に合ってみて選ぶことも大切です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

必要貯蓄額と運用について

マネー 家計・ライフプラン 2007/06/10 10:06

こんにちは、ご相談したい事があります。主人が去年なくなりました。私(37歳)は独身から勤めている会社に社員として働いています。私の母(67歳)に日中子供(10歳と6歳)の面倒をみてもらっています(父は他界の… [続きを読む]

ままっちさん (愛知県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

必要貯蓄額と運用の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/10 10:38
お一人の生活費と資産配分について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/10 13:12

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
資産配分・保険の見直しを検討しています ピョンきちさん  2013-02-08 22:00 回答1件
家計診断お願いします。 まかさん  2012-11-06 15:19 回答1件
資金運用について (教育資金、老後資金の為) gomagomaさん  2011-08-09 20:30 回答5件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件