確定申告で税額を精算します。 - 木下 裕隆 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

確定申告で税額を精算します。

2006/04/26 14:01

給与を1ヶ所から受けているサラリーマンの場合で、給与所得以外の所得の金額(つまり副業にかかる収入金額−必要経費)が20万円を超えるときは、確定申告をしなければなりません。

源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額は、仮の税額なので、確定申告をすることによって給与所得と合算して税額を計算し、正しい税額との差額を精算することになります。

この場合、
''1:「正しい税額>仮の税額」''となれば差額を納付しなければなりませんし、逆に
''2:「正しい税額<仮の税額」''となれば差額を還付してもらえます。

1のケースでは、税務署長は原則として過去5年間、個人・法人を問わず、更正することができます。(この場合、差額の税額だけでなく、''延滞税''や''加算税''も支払わなければなりません。)

源泉徴収税額(仮の税額)が多ければ確定申告をして還付を受けられますし、納めるべき税額があれば、すみやかに確定申告をして納めた方が、延滞税も少なくてすみます。
従って、いずれにしても、正しい税額を計算してみてはいかがでしょうか。

回答専門家

木下 裕隆
木下 裕隆
( 東京都 / 税理士 )
木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC 有限会社TAC代表取締役 税理士・CFP
03-3637-7330
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

適時・適切なTAXプランニングであなたの事業をサポートします

平成21年に事務所を新築し、今までの敷居の高い税理士事務所のイメージを取り払い、気軽に来ていただけるよう明るいカフェのような事務所作りを目指しました。独立開業・法人設立から相続・事業承継まで、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

追徴課税について

マネー 税金 2006/04/26 12:20

お世話になります。
サラーリーマンで、副業収入がある場合、源泉徴収後、確定申告が
必要と聞いたことがありますが、金額の大小はあるのでしょうか。
全て必要なのでしょうか。(例;源泉表発行ありで:約50万く… [続きを読む]

kknさん (兵庫県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

更正ができる期間について 木下 裕隆(税理士) 2006/04/26 18:55
追徴課税 2006/04/26 14:17

このQ&Aに類似したQ&A

源泉徴収票の支払金額の期間について benkyochuさん  2013-08-26 14:52 回答1件
源泉徴収票のない収入の確定申告の仕方を教えてください くゆりんごさん  2013-03-01 19:53 回答1件
副業の収入と税金について rusierusieさん  2010-07-21 01:26 回答1件
確定申告、雑所得の添付書類について 花音さん  2009-03-01 18:54 回答2件
配偶者の扶養に入っている場合の税金について かなかな。さん  2008-08-20 08:21 回答1件