土地先行取得時の贈与税非課税500万円の特例について - 佐藤 昭一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地先行取得時の贈与税非課税500万円の特例について

2010/01/27 06:54
(
5.0
)

SoraRui様

税理士の佐藤です。ご質問いただきました件について簡単に回答いたします。

贈与税の住宅取得資金等贈与の非課税特例については、建物の取得を中心に制度が作られています。

そして、建物と同時に取得したその建物の敷地については対象に含めるということになっています。

同時に取得というのは、いわゆる建売住宅や分譲マンションを購入した時のことをいいます。

同時に取得だけに限定してしまいますと、土地を購入してから建物を建てた場合にはその土地は対象外となっているため、下記のような土地の取得については、特例の対象に含めます。

1.土地の分譲業者から土地を取得し、その業者との間でその土地の上に住宅用家屋を新築する請負契約を締結した場合のその土地等
2. 住宅用家屋の新築請負契約の締結を条件(停止条件又は解除条件)に取得した土地等

SoraRui様の場合、どちらにも該当しないようですので、土地の購入に贈与資金を充てた場合には、この特例を使うことができません。

建物代金に充てるように資金計画を変更するのがいいのではないかと思います。

なお、まだ成立していませんが、平成22年の税制改正大綱で、非課税枠500万円が1500万円に拡大されることが記載されていましたので、その点もご留意下さい。

参考までに
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/sozoku/091127/70_2.htm#a70_2-3
贈与税の非課税特例の対象となる物件の考え方は相続時精算課税の住宅資金贈与の対象と同じと
なります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503_qa.htm#q2

評価・お礼

SoraRui さん

ご回答ありがとうございました。
贈与資金は建物代金に充てるように変更します。

回答専門家

佐藤 昭一
佐藤 昭一
( 東京都 / 税理士 )
NICECHOICE 佐藤税理士事務所
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地・住宅の購入時の贈与税について

マネー 税金 2010/01/26 21:48

国税庁のHPの贈与税に関するサイトは見たのですが、素人が理解するには文章が難しいため質問させて頂きます。
http… [続きを読む]

SoraRuiさん (新潟県/30歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の非課税制度(住宅)の手続き つんつんちゃんさん  2010-12-08 08:21 回答1件
土地購入時の親(妻側)からの援助ついて nanamariさん  2013-09-02 20:36 回答1件
土地・住宅取得の贈与税の非課税について いのじろうさん  2010-02-04 21:37 回答1件
住宅取得等資金の贈与と別に親の出資分を共有名義 もももねこさん  2016-05-15 11:47 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件