医療と死亡を別々に - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

医療と死亡を別々に

2010/01/22 09:38
(
5.0
)

薄墨桜さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

ご主人の年齢からして、まず長生きのリスクに備えるためにも一生涯の医療保障を準備しましょう。そろそろ健康診断でも異常が出てくる頃です。
今の保険では、保険料払込終了時に80歳までの分を一時払い、または80歳まで年払いとなるタイプではありませんか?

60歳まで払って一生涯の保障という商品もありますので、今はその見直しを考えたほうがいいでしょう。

その上で死亡保障がいくらあればいいかを考えましょう。
生活費としては、いくらあればやっていけそうか、いつまであったらいいか、また教育費の積み立て状況は?今ある貯蓄は?

月○万円でる収入保障保険ですと、一部を一時金、あとを年金というもらい方もできますが
それはあくまでも考え方で、実際にもらうことが発生した場合は一時受取をお勧めしています。
保険金が雑所得となり、税金がかかるからです。

しかし保障額を考える時は分かりやすいですね。
たとえば60歳まで15万円ですと、10年間同じ額ではなく、年々(月々)60歳までの年数が減る分保障額も減っていくので、10年間一定の定期保険よりは保険料は安くなります。

そのようなタイプを考えてはいかがでしょう?
保障の終わる時期は大学卒業に合わせるのではなく、25歳くらいの長めで考えましょう。
でないと毎月一定額逓減するので、後半の死亡保障が不足するようになります。

終身の医療保険(できればがん保険も)と一定期間の死亡保険を別べつに考えたほうが安く確保できます。今の保険は終身のみ継続または払済みするといいのではないかと思います。

しかしご主人の健康状態によっては今のを継続した方がいい場合もありますが。

評価・お礼

薄墨桜 さん

迅速なご回答感謝致しております。
申し込んでみて、駄目ならやめる方法もありますね。

加入できるまでは今の保険は解約しないでおく、ということは大切だと改めて思いました。

必要な保証額等を改めて計算し、検討してみたいと思います。

本当に有り難うございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険の適切な見直し方は?

マネー 保険設計・保険見直し 2010/01/21 23:13

46歳の夫の生命保険の定期期間の終了間近で更新時期が到来したため、更新・転換を視野に入れた見直しのために、検討しているところです。よろしくお願いします。
家族構成は妻、中学、高校の子供二人の… [続きを読む]

薄墨桜さん (愛知県/44歳/女性)

このQ&Aの回答

必要保障額のシミュレーション 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/22 01:08
必要保障額をだしてみましょう。 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/23 16:06
保障を必要とする期間が分かれば 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/22 07:08
ライフプランを考えますと! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/31 19:59

このQ&Aに類似したQ&A

保険見直し中のアドバイスをお願いします mikenekosさん  2013-01-31 12:06 回答1件
生命保険の見直しを考えています ナツメグさん  2009-06-17 13:36 回答7件
医療保険の見直し あさままさん  2008-07-23 17:22 回答5件
医療保険の見直し あさままさん  2008-07-23 17:21 回答2件