シビアに見られた方がよいですね - 八納 啓造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

シビアに見られた方がよいですね

2010/01/20 10:13
(
1.0
)

軽量鉄骨造の場合は、シビアに見られた方がよいですよ。

構造体の耐久年数は20年〜30年程度とも言われています。
特に構造の軽量鉄骨がさびでやられている場合は、補修もほとんど効きませんので一部構造のやりかえなどの可能性も出てきます。雨漏りをしていたとなると、構造の状態が特に気になるところです。

内壁をはずすと鉄骨部分の状態を見る事は出来ますが、引き渡しを受けないと難しい事から考えると、近年中に建替か大改造を要するぐらいシビアにコスト計画された方が良いですよ。

上記の内容を第3者機関の方にも聞いてみてください。

八納啓造

補足

若干補足しておきますね。
耐久年数は重量鉄骨と軽量鉄骨で変わってくるところがあり、この二つの違いはもともとの構造材の太さで分かれています。肉厚の薄いものが軽量鉄骨で、40〜50年の耐久年数は基本的に重量鉄骨にあたります。もちろん、両方とも雨漏りや結露などによる構造材の錆が無ければ大丈夫ですが、錆があれば構造的な力を持たなくなります。

この見解は基本的にどこも一緒だと思いますので、1つの指針にされてもいいと思いますよ。参考になれば幸いです。

評価・お礼

あーちゃんぱぱ さん

お答えありがとうございます。軽量鉄骨の耐久年数は、聞く人によりお答えが異なるので悩んでしまいます、建築元のHMに確認しましたら、50年は持つはずとの回答でしたが、色々調べると八納様のおっしゃるように30年くらいという意見もありますよね。この工法が始まって数十年しか経過していないせいなのでしょうね。
 昨日第三者機関の方に見て頂きました。一回の天井裏から見える範囲では鉄骨は問題なかったとの事。二回天井裏は、天井板を取り外す事が出来ず見えませんでした。基礎にも問題ありませんでした。壁の内部はやはりわかりませんでした。最終報告は来週との事でした。
 また相談させて頂くかもしれません。ありがとうございました。
 

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
( 建築家 )
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

軽量鉄骨中古一戸建て、雨漏りあり

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/01/19 00:33

築25年、最大手ハウスメーカー建設の軽量鉄骨一戸建て購入を考えています。かなりお金がかかっている建物ですが、売り主の方が防水メンテナンスをあまりしなかったため、一階二階に複数箇所雨漏り… [続きを読む]

あーちゃんぱぱさん (宮城県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

雨漏りの状況を調べてください 横山 彰人(建築家) 2010/01/20 23:05
軽量鉄骨造住宅について 中舎 重之(建築家) 2014/06/03 16:26

このQ&Aに類似したQ&A

一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
リフォームか建替えか? ちくさん  2007-01-23 16:30 回答7件
欠陥住宅? 外壁辺りから音がする。 みのさん  2006-08-10 01:04 回答3件
鉄骨造りの車庫の上に住居をつくりたい tacky1338さん  2015-09-26 15:19 回答1件