親族間の金銭消費貸借契約について - 真山 英二 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

親族間の金銭消費貸借契約について

2010/01/17 21:12
(
5.0
)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

個別の税相談については、税理士、税務署等にご相談ください。

親族間の金銭消費貸借契約については、よほど大きい金額でない限り
通常、税務署も調べようがありません。

数百万円程度の贈与等が税務署に知られて、
贈与税等の対象となり、後から追徴される場合があります。
ただ、そのほとんどは事実を知っている第三者からの
垂れ込みだと思われます。

例えば、近所の人たちと雑談をしているときに、
贈与のことを話してしまったり、
税務署に見つからなかったことを自慢したりすると、
その人との人間関係が悪くなったときに
税務署に密告されたりします。

少額の贈与等で税務署の調べが入るのは、
当事者の口から事実を聞いた第三者が
税務署に知らせているケースがほとんどだと聞いています。


今回、夫婦間で金銭消費貸借契約を締結して、1600万円を借入、
住宅ローンを完済することは可能です。

ただし、その際、他人からお金を借りるのと同程度の条件で
奥様からお金を借りる必要があります。

具体的には、
 ・金銭消費貸借契約書(借用書)を作成をする。
 ・支払は、月賦払い。
 ・借入利息は、定期貯金程度をつける。
  (現状の超低金利を考慮すると、実質ゼロ金利もあり)
等があげられます。

そして、その金銭消費貸借契約書に従って、
明示的にきちんと返済を行ってください。
支払方法に関しては、記録が残る振込がベストだと思います。

ただし、毎回振り込み手数料がかかるのも負担なので、
同金融機関内もしくは同支店内は振り込み手数料無料などの
振込手数料がかからない方法を探してください。

税務署としても、「他人並み」の貸し借りであれば、
親族間の金銭消費貸借契約を認めています。

必要であれば、税務署に直接問合わせを行うと良いと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

評価・お礼

jq2bqi さん

ご回答ありがとうございます。
非常に細かい点まで回答いただきたいへん参考になりました。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫婦間の住宅ローン資金贈与について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/01/17 16:11

今、私名義の家の住宅ローンの残が1500万円ほどあります。妻が相続で1600万円を遺産としてもらったのですが、そのお金を住宅ローンの全部繰り上げに使いたいと思っています。やり方として、妻から… [続きを読む]

jq2bqiさん (静岡県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

贈与の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/17 17:41
夫婦間の住宅ローン資金贈与について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2010/01/17 21:13
金銭消費貸借契約書どおりに! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/17 18:13

このQ&Aに類似したQ&A

つなぎ融資の代わりに妻が出資する場合 piropiroさん  2012-05-21 17:55 回答1件
住宅ローン返済について chazukeさん  2011-11-17 16:20 回答1件
住宅購入の頭金と住宅資金の贈与の特例に関して ubabaさん  2012-02-22 17:49 回答1件
贈与税の住宅取得資金非課税制度を使った際の持分 ほえほえさん  2011-07-28 11:28 回答1件