既存住宅の残す部分のチェックも必要です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

各務 謙司

各務 謙司
建築家

- good

既存住宅の残す部分のチェックも必要です

2010/01/18 13:41

kouzakiさんこんにちは。
カガミ建築計画の各務謙司と申します。

築27年の''古い家屋の座敷''部分を残しながらの、
''ご自宅の増改築''、素敵なプロジェクトですね。

上記二方がアドバイスしたとおり、
新しい建物の面積は、
''敷地の面積''と''建蔽(けんぺい)率''と''容積率''から計算できます。

恐らく増築と判断されるケースだと思いますが、
その、場合今の住宅の残す部分が、
''現行の法規''に準じているかをチェックする必要があります。

築27年であれば、1981年に施行された''新耐震の基準''は
大丈夫だと思いますが、まずは建築当時の''確認申請図書''と、
役所が発行した''検査済み証''があるかを確認してください。

お手元に無い場合は、役所で確認することも出来るはずですが、
これらがあるか無いかによって、その後のプロセスが変わって参ります。

思った以上に複雑な手続きが必要になるかも知れませんが、
''ご満足の行く増改築''になること、祈っております。

弊事務所でも、幾つか''和風住宅のリフォーム''を行っております。
このページに事例写真を掲載しておりますので、
ご参考になれば幸いです。

>カガミ建築計画/各務謙司
カガミデザインリフォーム

東京都港区白金台3-12-2-303
Tel/Fax:03-5789-4146
info@kagami-archi.com <

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家の増改築に関する制限について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/01/17 13:34

今度、自宅を増改築しようと思っています。

築27年の木造二階建で床面積が249?(1F 208? 2F 41?)で周りを山で囲まれた場所に建っています。道路までのアプローチは50mあります。

工事内容は… [続きを読む]

kouzakiさん (岩手県/25歳/男性)

このQ&Aの回答

役所で諸規制を 森岡 篤(建築家) 2010/01/17 23:27
制限は、建ぺい率 容積率 志田 茂(建築家) 2010/01/17 13:59
家の増改築 横山 彰人(建築家) 2010/01/21 23:47

このQ&Aに類似したQ&A

地盤改良(柱状改良工事)内容について kiichuさん  2008-02-03 05:43 回答2件
地盤改良(柱状改良工事)内容について kiichuさん  2008-02-03 05:39 回答2件
省エネ4等級を満たしているでしょうか takutomaさん  2013-03-09 12:47 回答1件
我が家は快適に作ってもらえてますか? frafraさん  2009-04-03 21:22 回答3件
築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件