住宅ローンの組み方と可能額等について - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの組み方と可能額等について

2010/01/12 16:11

macco 様


初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

住宅ローンの組み方として、家計への負担を考えて、収入に対する返済負担率を20%未満、高くても25%未満に抑える考え方があります。

また、住宅ローンは固定金利が望ましいものと考えます。現在国債の増加が問題視されており、将来金利上昇がある可能性が上昇しております。

上記要素から、20年元利均等払い、固定金利2.8%()フラット35の最頻値+0.2)にて借入可能金額を測りますと
20%の場合には約1680万円、25%ケースで約2100万円ですから、これに貯蓄額のうち1500万円を頭金とすれば、建築資金は3180万円〜3600万円程度と考えられます。
お子様を得た際の学習費等を考慮すると加減でお考えになられるようお勧めします。

お子様の学習費は、幼稚園私立、小学校から高校まで公立、大学私立文系の場合で約1200万円が必要とされています。
お子様の教育費
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894

懸念点について
保有されている土地のことですが、都市計画外と記載されています。また固定資産税も安く山林状態とのことですので、市街化区域ではなく、市街化調整区域等の可能性があります。
杞憂であれば宜しいのですが、当該土地に住宅を建築することがスムースに出来るかをご確認ください(市役所にお尋ねになれば判ります)。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンと今後のライフプラン

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/01/12 15:04

結婚8年目専業主婦(35歳)です。夫(42歳)、この2月に第1子が生まれる予定。年収は夫の手取550万円、貯蓄1900万円、現在の住まいは借家(家賃65000円)。子供が生まれるにあたっ… [続きを読む]

maccoさん (愛媛県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンと今後のライフプランの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/13 16:55
住宅ローンと今後のライフプラン 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/14 14:39
長期の視点も必要です 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/15 13:31
建築費の減額を 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/12 16:42
まずは病院へ行ってからですね 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2010/01/13 11:06

このQ&Aに類似したQ&A

フラット35Sの返済期間について迷っています momoguriさん  2013-02-22 06:56 回答2件
フラット35Sの返済期間について迷っています momoguriさん  2013-02-21 20:50 回答1件
10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
マンション購入に耐えられるか? *ココア*さん  2007-11-29 20:00 回答7件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件