雇用形態と人事評価 - 本田 和盛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:人事労務・組織

本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

雇用形態と人事評価

2010/01/07 19:58
(
5.0
)

凄腕社労士 本田和盛です。

 雇用形態と人事評価は別の話です。正社員であっても人事評価しない会社もあります(だから給料は変わらない)。契約社員でも評価をして賃金に反映させている会社はあります。

 ただ一般的には契約社員というのは、目先のオペレーション業務をさせるために採用することが多いので、そもそも評価しずらい仕事であることは確かです。

 ハイレベルの仕事を要求される秘書は別ですが、普通の秘書はオペレーション業務です。そのような秘書の仕事で目標を立てろと言われても、立てれなくはないですが、なかなか評価しずらいのではないでしょうか。チャレンジングな目標を立ててそれに対してがんばるという仕事ではなく、間違いやミスを犯さないことが重要となります。そういう点では評価しずらいことは確かです。

 秘書をやっている社員が社内にいない場合であっても、一般事務をやっている人はいると思います。そういう人と秘書では仕事の内容・レベルはほぼ同じです。ですから社内に秘書がいないから評価できないということはありえないと思います。

 ようするに評価すると賃金を上げざるを得ない(下がることはあまりないと思いますので)ので、契約社員のまま一定レベルの賃金に据え置きたいというのが会社の考えではないでしょうか?

 その会社では一般事務の女性も評価していないのではないでしょうか?評価をするのは結構大変で上司の負担も大きいし、評価で差をつけると女性同士で反目したりすることがおおいので、大企業でも女性一般職は評価しないという会社が多いようです。(あまりいいことではないですが)

 

評価・お礼

リッチー さん

 早速ありがとうございました。会社の本音が想像しづらかったので助かりました。
 面接に進めたら質問しようと思いますので、いただいた回答を参考に角の立たない質問の仕方を考えてみます。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
( 千葉県 / 経営コンサルタント )
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

人事評価と雇用形態

法人・ビジネス 人事労務・組織 2010/01/07 19:28

 現在ある会社に応募中の者です。応募先の会社から提示された雇用形態とその理由について、よく理解できないのでおたずねします。
 採用となった場合、職種は秘書、雇用形態は契約社員となります。正社員ではな… [続きを読む]

リッチーさん (東京都/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

減給を承諾させる雇用契約の変更を拒否したら bentaroさん  2010-02-12 17:50 回答1件
違法性があるのでしょうか? 悩めるママさん  2010-02-08 17:51 回答1件
懲戒解雇について 安管さん  2008-07-17 10:48 回答1件