リンガル矯正について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
晝間 康明

晝間 康明
歯科医師

- good

リンガル矯正について

2009/12/29 05:22

こんにちは.東京都立川市ひるま矯正歯科の晝間康明です.

歯を動かすためにはただ力を加えただけでは歯は動かないので,弱い持続的な力を加える必要があります.
矯正治療で歯を思い通りの位置に動かすためには,弱い持続的な力を加える事が可能な装置が必要となりこれまで多くの装置が開発されてきました.

この様な矯正装置を大別すると,取り外しの出来る「可撤式矯正装置」と「固定式矯正装置」になり,可撤式矯正装置とは他の質問で取り上げられている症矯正装置やマウスピース型の矯正装置,固定式の矯正装置とは従来型のブラケットを歯に接着しワイヤーを結紮して固定する矯正装置です.
可撤式と固定式の矯正装置を歯の移動について比べた場合は,固定式の矯正装置の方がより正確な移動,複雑な移動,短期間での移動が可能となります.

そして,固定式の矯正装置の中に,一般的な唇側型(表側)の矯正装置と審美性を優先した舌側型(裏側)の矯正装置があります.
矯正治療の成功の鍵は,正確な診断と正確な歯の移動につきますので,装置を直視できて操作しやすい表側の矯正装置の方が術者の力量を全て発揮する事が出来,仕上がりは良くなります.
また,裏側の矯正装置は噛んだ時に装置が接触してきちんと噛めないまま治療を続けなければいけなかったり,噛んだ時に装置が接触しないように歯冠部の歯肉に近い位置に装置を装着しなければならないので治療中に歯肉炎が起きやすいなどの患者さんの不快感につながるトラブルが多くあります.
また,御質問にあるように個人差があるものの表側の矯正に比べると発音はしにくく,舌を傷つける可能性は高いです.

他の質問の記載内容から質問者さんは「神経質」だと言う事ですので,細かい治療の仕上がりや長期の安定性,治療期間中の不快感を考えると通常の矯正治療を受けられた方が良いのではないかと感じます.

以上,参考になれば幸いです.

http://www.hiruma.or.jp

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リンガル矯正の是非について

心と体・医療健康 矯正・審美歯科 2009/12/28 18:17

歯の表にブラケットをつける一般的な矯正と、
歯の裏にブラケットをつけるリンガル矯正があると思うのですが、
リンガル矯正は値段が高い以外のデメリットってありますか?

また、
リンガル矯正をや… [続きを読む]

テルキさん (神奈川県/27歳/男性)

このQ&Aの回答

Re:リンガル矯正の是非について 小谷田 仁(歯科医師) 2010/01/02 22:00
リンガル矯正 Dr.TSUBAKI(歯科医師) 2010/01/05 17:53
質問にお答えします。 金田 竜典(歯科医師) 2009/12/29 16:31

このQ&Aに類似したQ&A

子供の矯正後の後戻りについて karakaraさん  2010-08-07 21:05 回答3件
歯列矯正について なっみさん  2016-07-20 13:48 回答2件
癒合歯後の矯正について 心配おかあさんさん  2016-02-04 20:11 回答1件
舌側矯正、出っ歯、抜歯、隙間、二年埋まらない! ハーフリンガルさん  2016-02-04 00:19 回答3件
抜歯矯正後の口内の違和感 Pockyさん  2016-01-21 16:23 回答1件