必要な保障額を計算してみることをおすすめします - 照井 博美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

必要な保障額を計算してみることをおすすめします

2007/06/05 09:58

はじめまして、サラリーマン家庭の保険の見直しを最も多く手掛けているファイナンシャルプランナーの照井と申します。

現在共働きで、将来的にはお子様もお考えとのこと、ご心配の通り、万が一のときの保障も大事ですが、長生きするときの経済的なリスクも考える必要のある時代ですよね。 ほとんどの場合は健康で寿命を全うされる方がほとんどなわけですから、万が一の保険料のために生きていくための実際の生活が苦しくなるようなら本末転倒ですよね。

一度きちんとたまこ様のご家族にとって必要な保障額を計算してみるとよいでしょうね。 その際は万が一の場合に必要な金額だけではなく、実際には準備済である公的な保障(遺族基礎年金やお勤めの方なら遺族厚生年金など)やご自身の預貯金、職場からの死亡退職金などを差し引き、きちんと計算できる専門家にお願いするのもひとつの方法でしょうね。 そこで出た必要保障額をもとに、その金額は全額終身保険でなければいけないのか、一部は定期保険でもいいのか、定期保険は何歳で途切れていいのか、(終身保険はどうしても定期保険よりも保険料は高くなります。)ほかには医療などの保障も考える必要があるのかなど、ご家族の保障を包括的に考え、全体の予算と照らし合わせて、優先順位を考えながら、なるべく無理のない予算内でお考えになってはいかがでしょうか? 基本的には、死亡の保障と将来のための貯蓄や資産形成は別にお考えになることをおすすめします。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険について

マネー 生命保険・医療保険 2007/06/04 12:32

こんにちわ。今私たちが入っている生命保険は60歳払い 込み完了型の保険です。掛け金が24歳夫1500万円と私28歳700万円で両方で46000くらいになります。今は共働きでいいのですが、私に子供ができ… [続きを読む]

ラブままさん (福島県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

貯蓄性のある終身保険 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/05 00:49
ライフプラン表を作成しましょう 山本 俊成(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/04 16:08

このQ&Aに類似したQ&A

第1子誕生に伴い、夫の生命保険の検討 yukkoyukkoさん  2013-02-14 21:56 回答3件
生命保険の加入で迷っています。。。>< こけももちゃんさん  2011-02-22 19:42 回答6件
夫婦の生命保険について パズルさん  2008-12-17 13:42 回答8件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件