家計診断の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2010/01/03 20:11

sankakuさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『特に気になるのはいくら手元に残し、繰り上げ返済をどのようなペースですればよいのかという点です。』につきまして、ふたり合わせた手取り月収金額42万円に占める管理費を含めた住居費用の負担割合は30.2%ほどとなりますので、ぎりぎりの水準と言えます。

また、ふたり合わせた手取り月収金額42万円に占める毎月の貯蓄割合は11.4%ほどとなりますが、夫婦共働きの場合は20%を目標にしていただくとよろしいと考えます。

よって、毎月の貯蓄金額としては84,000円を目標にしていただくとよろしいと考えます。

尚、sankakuさんからご質問いたただいております繰り上げ返済と手元に残す資金との関係ですが、まず、手元には今後2〜3年程度に予定しているライフイベント資金に支障をきたすことがないようにしていただく必要があります。

そのうえで、繰り上げ返済を行うようにすることになりますので、まず、今後2〜3年に予定しているライフイベントの内容やそれにかかる費用を把握することになります。

そのうえで繰り上げ返済可能な資金が幾らくらいになるのかを把握して行きます。

尚、繰り上げ返済につきましては、その効果は返済当初の方が大きくなりますので、できるだけ早い時期に少しでも多く繰り上げ返済資金に充当するようにしていってください。

今はお子様の保育料がかかるため思うように貯蓄ができないと思われますが、そんな中ででも頑張っていただければ、小学校に入学する頃には教育資金が比較的落ち着きますので、お子様が小学校のうちにできるだけ繰り上げ返済をしておくようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計診断をお願いいたします

マネー 家計・ライフプラン 2009/12/28 17:07

収入:夫婦で   42万円
   児童手当   1万円
支出:住宅ローン     11万6千円
   マンション管理費   1万1千円
   夫保険(養老)    1万5千円
      (… [続きを読む]

sankakuさん (大阪府/30歳/女性)

このQ&Aの回答

教育資金、繰上げ返済等について 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/12/28 18:22
家計診断です 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/12/30 10:31
家計診断 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/12/28 19:13

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
家計診断お願いします。 トムズさん  2010-11-10 22:49 回答2件