原則、決裁ごとに損益を計算です。 - 杉浦 恵祐 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

原則、決裁ごとに損益を計算です。

2009/12/24 17:34

スポットFXさんへ。大変お待たせいたしました。FPで金融税制マニアの杉浦恵祐です。

まず、FXは、もともとはForeignExchangeの略称で外国為替取引全般のことを意味していましたが、今では「証拠金(保証金)を業者に預託し、差金決済による通貨の売買を行なう取引」のことをいうのが一般的となっています。

スポットFXさんが海外ブローカーを通じて行っている取引が、後者の一般的なFX取引なら答えは簡単です。原則、決裁ごとに損益を計算です。

持っていた米ドルを売り→ここで決裁→総合課税の雑所得である為替差損益が実現
ポンドを買いそのポンドを売り→ここで決裁→総合課税の雑所得である為替差損益が実現

国内での申告納税はもちろん円換算ですので、まず米ドルを売った時点で為替差損益を円換算して計算、次にポンドを売た時点で為替差損益を円換算して計算します。

一方、証拠金取引でも差金決済でもない、本当の「単なる両替」ならどうでしょう。

例 Aさんは「外国為替及び外国貿易法」を遵守した上で、現金100万円を持参してアメリカ旅行に出発
     ↓
  アメリカで100万円をドル現金に両替
     ↓
  次に、そのままイギリスに渡る
     ↓
  イギリスでドル現金をポンド現金に両替
     ↓
  次に、そのままオーストラリアに渡る
     ↓
  オーストラリアでポンド現金を豪ドル現金に両替
     ↓
  日本に帰国、そのまま豪ドル現金を所有

Aさんは通貨を一度も元の通貨に戻していません。あくまで円換算での含み益か含み損があるだけで、為替差損益は実現していません。

補足

一般的に、あえて海外ブローカーを通じて証拠金でも差金決済でもない、つまり普通のFXではない、現物の両替だけを行っているということは考えにくいです。
(レバレッジ1倍でも証拠金取引なら普通のFX取引です)
よって、FX取引であるならば、普通に年内に米ドル売り、ポンド売りの2回の決済があったのなら、2回分を計算して合算すればよいと考えます。

あと、どの為替レートを使って円換算するかですが、以下の所得税基本通達に規定はされていますが、課税上弊害がなく理屈に合っていれば、入手が容易なレートを使っても、実務的にはOKとされることもありますので、所轄税務署に確認をとってみてください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/11a/01.htm

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
( 愛知県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

海外のブローカーを通じて、スポットのFX取引を行っています。これは、言わば単なる「両替」なので、取引報告書には、単に「どの通貨をいくらで売り、どの通貨がいくら増えたか(… [続きを読む]

スポットFXさん (東京都/17歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

FX取引での損失に伴う確定申告 みずどんさん  2008-03-05 14:24 回答1件
米ドル投資の確定申告について サム33さん  2010-08-04 16:45 回答1件
通貨両替取引の実現損益認識時点 スポットFXさん  2010-01-02 04:34 回答1件
日本国に非居住のFX投資 euro08さん  2008-08-16 23:18 回答1件
専業主婦の外国為替証拠金取引の利益 ねこ3さん  2008-07-27 00:14 回答1件